「対馬からの手紙の続き」

対馬で働いて養蘭を楽しんどる。山や花を見て
季節を知り、海を眺めて鼓動を感じ、そげな好き勝手な太公望な暮らしがしてぇ。

雲っているくせに

2017年07月11日 | 対馬産の蘭
気温30度にもなるんだからこりゃいかん。
ベランダの置き場を風通しよくする措置と
棚上に簾を1枚加えた。
遮光は強まるが熱射が抑えられるだろうとの考え。
それもあるが宿借り人生では
蘭数寄者としての限界があると感じる今日この頃。
悩みは多いが蘭といったら
どこ吹く風と勢い良く葉芽を伸ばす。
寒蘭の新芽ではコヤツが1番❗
木槲。

早く出た芽は大きく成るのも早いのを実感。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初セミが | トップ | 先日の »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

対馬産の蘭」カテゴリの最新記事