「対馬からの手紙の続き」

対馬で働いて養蘭を楽しんどる。山や花を見て
季節を知り、海を眺めて鼓動を感じ、そげな好き勝手な太公望な暮らしがしてぇ。

お気に入りの

2017年06月15日 | 対馬産の蘭
蘭には1番良い場所を提供したくなる。
気持ちに応えてくれて
スクスクと立派に育ってくれると思わせる。
が、
各々の品種の特性や
状態を考えていかないといけない時もある。
袴が茶変し蒸れたかもしれない。
陽光に弱い品種かも知れない、
もしかしたら?とは思っていたが
気が急いてしまった。

また1からやり直しである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 梅雨に入ったが、 | トップ | 中透けの新芽が »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。