50101Fの紀行

乗り鉄・撮り鉄・旅行記等

16000系珍経路乗車ツアー(その2)

2015-03-29 10:37:10 | 近鉄
橿原神宮前駅で約15分間下車休憩の間、少し撮影です。



東改札口近くの構内踏切から。上記の2枚は角度を変えての撮影。
右側の建物は台車振替場。建物の中にある車両は6200系 6213F(モ6213-モ6214)
8番線のところに吉野線0キロポストがあります。


(左)30000系「ビスタEX」と(右)16000系との2ショット。


そろそろ出発の時間になりましたので車内に戻ります。
11:53 橿原神宮前駅を出発。 出発後、添乗員から昼食の弁当とお茶が配られました。


12:31 六田駅2番線に到着。すぐ3番線に入線します。


(後方から)3番線に入線するところ。


3番線は過去に吉野軽便鉄道の吉野駅の跡地。
案内板の木標。ホームの跡地は現在駐車場になっています。



停車中の間、特急と急行の上下2本ずつが通過。
(特急の通過はタイミングが悪く、撮影しませんでした)
この後、2番線に引き上げます。 12:54 六田駅を発車。


六田~大和上市間 対岸には吉野川橋梁が見えます。


大和上市~吉野神宮間 運転士のサプライズで1分間吉野川橋梁の真ん中に停車。


13:01 吉野駅1番線に到着。ここで17分間下車休憩。


2番線に停車中のさくらライナーとの2ショット。
(左)26000系 さくらライナー 26101F


2番線と3番線に停車中の車両を撮影。
吉野駅では通常2番線と3番線の使用です。3番線の停車中は6200系 6203F


吉野駅の駅舎。
普段は閑散としていますが、桜のシーズンになると、多くの人で賑わいます。
すでに、臨時改札口や仮設トイレが設置されていました。


そろそろ出発の時間になりましたので車内へ。
13:07 吉野駅を出発。ここから一路、大阪阿部野橋へ向かいます。
出発後、添乗員がワゴンに載せたオリジナルグッズを販売していました。


14:08 橿原神宮前駅7番線に停車。ここで少し下車休憩。


その間、6番線に到着の特急を先行させます。


16000系同士の2ショット。
(左)16007F (右)16009F


対向の5番線の特急を撮影。16600系 16001F
14:17 橿原神宮前駅を出発。


15:02 大阪阿部野橋駅に到着。 今回のツアーはこれで終了。


反対側に回ってみると、すでにヘッドマークが外されて回送表示になっていました。


6番線には16400系が出発待ちをしていました。 16400系 16401F
よく見ると、前方に喫煙コーナーが設置されていて、ヘッドライトも交換されていました。

撮影はしませんでしたが、帰りの電車に乗っているところ、16007F(Y7)が今川で退避していました。
今回はここまでです。












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

16000系珍経路乗車ツアー(その1)

2015-03-29 00:37:37 | 近鉄
3月28日に吉野特急50周年・さくらライナー25周年記念キャンペーンの一環で、「南大阪線・吉野線特急50周年 16000系(Y7)特急車両で行く普段は運転しない珍経路乗車ツアー」に参加しました。
今回の行程は大阪阿部野橋~富田林~道明寺~橿原神宮前~下市口~橿原神宮前~六田~吉野~大阪阿部野橋の順です。


今回のツアー列車の編成は16000系 16007F(Y7)


今回のツアーのヘッドマーク。


吉野特急50周年・さくらライナー25周年の記念ステッカー。


今回のツアーの特急券。
私が小さい頃に見覚えのある昔の特急券。レアな物と思います。8:37 大阪阿部野橋駅を出発。


今川駅1番線に運転停車。さくらライナーの通過待ち。


河内天美駅1番線に運転停車。河内長野行き準急の通過待ち。


河内松原駅1番線に運転停車。吉野行き急行の通過待ち。


古市駅2番線に運転停車。
入庫車が出た後に出発。ここから長野線に入ります。


9:19 富田林駅1番線に到着。
かつては1番線から折り返し列車がありましたが、現在はありません。
このブログの中に16000系の臨時列車が長野線の走行シーンを撮影したことがありますが、実際に乗車しての長野線の入線は初めてです。
9:22 富田林駅を出発。


9:31 道明寺駅4番線に到着。


停車中の撮影(後方から)
この線は道明寺線との連絡線で、1日1往復、早朝と深夜のみ使用します。
1番線には6432系 6425Fが停車していました。9:40 道明寺駅を出発。


10:04 橿原神宮前駅4番線に到着。ここで約14分間下車休憩。


この間にさくらライナーを先行させます。


そろそろ出発時間になりましたので撮影後、すぐに乗車。
10:18 橿原神宮前駅を出発。


福神~大阿田間の薬水トンネルに入った直後、車掌のサプライズで車内灯が消灯。
車内が真っ暗な状態です。乗客から歓声が上がりました。


10:55 下市口駅1番線に到着。 
11:04 下市口駅を出発。


橿原神宮前に到着前、一旦南大阪線と分かれて8番線に入って行きます。


11:38 橿原神宮前駅8番線に到着。ここで、約15分間下車休憩です。

その2に続く。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

阪急2300系 Last Run

2015-03-22 23:07:50 | 阪急
京都線の人工頭脳電車「オートカー」の愛称で、第1回ローレル賞を受賞した2300系。
その2300系がこの日がラストランです。最後の撮影を摂津市駅と正雀駅で敢行しました。

まずは摂津市駅下りホームから。
2300系が来るまで少し撮影です。ここでは多くの方々が撮影されていました。


まずは9300系から。 9304F


1300系 1303F


6300系 6354F 「京とれいん」


7300系 7305F VVVFインバータ更新車


2300系 2313F Last Runのヘッドマーク付き。
対向の普通列車と被るかなと思いましたが、編成全体が撮れました。


京都河原町へ最後の力走する後ろ姿を撮影。
次は正雀駅へ移動。


正雀駅上りホームから。
2300系が京都河原町から帰って来ました。


到着後すぐに下り本線まで引上げ、車庫線に転線する前の後ろ姿を撮影。



車庫の留置線に向かっている所を撮影。


そして留置線に到着。
2300系は無事に55年間の務めを終えました。写真右端には休車中の2301Fが静かに佇んでいました。

2300系の引退で阪急の名車がなくなるのは寂しいものです。
最後に一言「さようなら、2300系オートカー。55年間お疲れ様でした。」



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「きかんしゃトーマス2015」と「けいおん!」(その3)

2015-03-22 22:14:46 | 京阪
さて、浜大津で昼食をとって休憩した後、定番の場所で撮影再開です。


まずは逆方向から。
700形 705-706編成 「ふれあい号」ラッピング電車


600形 609-610編成 「中二病でも恋がしたい! 戀」ラッピング電車


700形 701-702編成 「きかんしゃトーマス2015」ラッピング電車


700形 709-710編成 「けいおん!」ラッピング電車


次は通常の方向から。
600形 603-604編成 京阪特急色


700形 705-706編成 「ふれあい号」ラッピング電車


600形 609-610編成 「中二病でも恋がしたい! 戀」ラッピング電車


700形 701-702編成 「きかんしゃトーマス2015」ラッピング電車


700形 703-704編成


600形 611-612編成 坂本ケーブル80周年記念トレイン


700形 719-710編成 「けいおん!」ラッピング電車



次は京津線側での撮影。
800系 815F ズーム流しでの撮影。後ろが外れて、上手にはいかなかったと思います。
此処での撮影は終了。 浜大津から三条経由で出町柳へ。



(番外編)この日は春の特別ダイヤの初日。 帰りはノンストップ特急「洛楽」で一路淀屋橋へ。
A1601A 淀屋橋行き 快速特急「洛楽」 8000系 8001F
車両入換前と入換後の撮影。


「洛楽」のヘッドマーク。
ここにきて初めてヘッドマークのアップが撮れました。 16:13 出町柳駅を出発。


17:04 淀屋橋駅に到着。
到着前に方向幕が変わり、到着後、ヘッドマークが外されてました。今回の予定は終了です。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「きかんしゃトーマス2015」と「けいおん!」(その2)

2015-03-22 00:21:51 | 京阪
さて、この次は「けいおん!」ラッピング電車を近江神宮前~石山寺~浜大津まで乗車します。


近江神宮前に到着した「けいおん!」ラッピング電車。
一旦引き上げて、上り線に転線します。



下り線ホームから撮影。
(上から)石山寺寄り(710号車) 坂本寄り(709号車)


1182レ 石山寺行き。 11:17 近江神宮前駅を出発。


石場駅到着前。「中二病でも恋がしたい! 戀」ラッピング電車とすれ違い。


11:41 石山寺駅に到着。
「けいおん!」ラッピング電車と鉄道むすめ「石山ともか」との2ショット。


この後すぐに折り返して浜大津まで移動します。
1167レ 坂本行き。 11:50 石山寺駅を出発。


12:07 浜大津駅に到着。


出発する後ろ姿を撮影。

その3に続く。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加