50101Fの紀行

乗り鉄・撮り鉄・旅行記等

鮮魚列車ツアーの撮影

2017-11-23 22:05:03 | 近鉄
11月19日に鮮魚列車を使用した貸切列車の撮影に行きました。
このツアーは明星車庫で鮮魚列車とつどいの撮影会ツアーで、参加を申し込みましたが、残念ながら販売を始めてから次の日に満席でした。
今回は普段走行しない名古屋線と湯の山線・鈴鹿線の走行シーンの撮影です。


最初は湯の山線から。
伊勢松本~伊勢川島間 鮮魚列車が来るまで少し撮影。 1010系 1016F


2444系 2445F


2680系 鮮魚列車 2683F
前の車両の側面の窓に「臨」の円板のサボが掲げていました。撮影した後、後ろの車両のツアー客が手を振ってくれましたので、私もそれに応えて手を振りました。
湯の山線はここまで。次は鈴鹿線 柳へ移動。


次は鈴鹿線 柳駅から。
柳駅近くの柳1号踏切からの撮影。 まずは鈴鹿線の往路。鮮魚列車が柳駅で踏切動作確認の為、一旦停車しているところ。


復路が来るまで少し撮影。
柳~鈴鹿市間 2000系 2015F(後追い)


鈴鹿線を走る鮮魚列車の復路。
鮮魚列車の鈴鹿線入線は今回が初めてです。次は江戸橋へ移動。


鈴鹿線の普通列車で伊勢若松に到着後、すぐに鮮魚列車が出発して行きました。
名古屋線での走行シーンを撮影するわずかな望みをつないで伊勢若松から後続の急行で江戸橋へ。 豊津上野で鮮魚列車が退避していました。


最後は江戸橋駅上りホームから。
明星へ向かう鮮魚列車の走行シーンを撮影。


後追いも撮影。
ちょうど通過する伊勢志摩ライナーと並んだところ。(ちょっと遠いので画像はトリミングしています。)
ちょっと遅かったら、被られるとこでした。 復路のつどいの撮影は時間の都合上、見送りました。 今回はこれで終了です。









『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« きんてつ鉄道まつり2017i... | トップ | つどい「FAN FUN TR... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

近鉄」カテゴリの最新記事