福岡県小郡市 嶋田病院 外科 日々の診療日記2

福岡県小郡市にある嶋田病院 外科で日々の診療活動を発信していきます。鼠径ヘルニアでは地域ナンバー1を目指しています。

平成27年度 手術症例数

2018-01-09 13:45:40 | 手術実績
平成27年4月〜12月の手術症例数


この記事をはてなブックマークに追加

2017年12月の手術症例数

2017-12-31 10:29:55 | 手術実績
明けましておめでとうございます。

本年も嶋田病院 外科を何卒宜しくお願いいたします。

12月の手術症例は27例でした。



こらからも安全、安心で質の高い手術を心がけてまいります。

この記事をはてなブックマークに追加

今年の10大ニュース(2)

2017-12-31 10:10:05 | その他
2017年もあと1日です。


済生会下関総合病院でお世話になった方々、嶋田病院でお世話になった方々、本当に有難うございました。

10大ニュース続きです。
5位
我が赤ヘル2連覇


ホークスとの日本シリーズが見られなかったのが心残りでしたが。
来年こそ西日本対決を見たいです。

4位
アメリカ内視鏡外科学会発表

3月、テキサス州ヒューストンで開催されたアメリカ内視鏡外科学会に参加してきました。
ロサンゼルスで開催されたWBC 日本対アメリカを観戦したり、ニューオーリンズでジャズを聴いたりもしました。
また以前、留学していたガルベストンも訪問することができ、非常に充実したアメリカ旅行でした。

      
ニューオーリンズで聴いたジャズ。Preservation Hall。小さいホールでしたが感動!!  閑散としたWBC 準決勝会場のドジャースタジアム。小雨もぱらつき非常に寒かったです。

     
アメリカ内視鏡外科学会での発表。ポスターを前に親切なインド人に写真を撮ってもらいました。        ヒューストンの摩天楼

     
ガルベストンの海                                                   ガルベストンのレストラン Spotの巨大なハンバーガー



3位
ブログが消えた!!

この10大ニュースに乗せた、アメリカ内視鏡外科学会、パキスタンの雑誌に掲載されたこと、などなど旧ブログにもっと詳しく書いていたのです。
ショックすぎてしばらく立ち直れませんでした。バックアップをとることがいかに重要か、また安易な操作が全ての崩壊に繋がることがよく分かりました。
外科手術も安易な処置が命取り、常にバックアップ出来るよう心がけて臨まねばならないことを痛切に学びました。

2位
九州北部豪雨

福岡に来て3ヶ月目の出来事でした。小郡の近隣でこのような大災害が起こるとは夢にも思いませんでした。
被害に遭われた方々には心からおくやみ申し上げます。

1位
大学医局を辞め嶋田病院に赴任した

長年お世話になった山口大学第一外科、ならびにその関連病院では一言では言い尽くせないくらいお世話になりました。
医局を辞め、故郷の山口県を去ることは勇気のいる決断でした。
ここ嶋田病院で日々研鑽し、学会発表を行い、それを論文とし、”都志見、やるではないか?”
と福岡の方々に認めれもらうことが、お世話になった山口大学第一外科、また今まで勤務した関連病院の皆さまに対する恩返しと考えております。

2018年もどうぞ、宜しくお願いいたします。




この記事をはてなブックマークに追加

今年の10大ニュース(1)

2017-12-29 19:55:22 | その他
今年も残すところあとわずかとなりました。
勝手ながら私にとって今年の10大ニュースといいますか、心に残った出来事を振り返りたいと思います。

10位
前勤務先で一緒に仕事をした研修医の執筆した論文が掲載されたこと。

若い先生の論文執筆に力になれたことは大変うれしく思いました。


9位
稀勢の里の春場所での優勝とその後のスランプ

怪我を押しての優勝には感動しましたが、その後が気の毒で見てられません。
先日、初めて九州場所を見て来たのですが、現時点で稀勢の里の最後の勝利でした。

8位
福岡のグルメに感動

福岡で食べたラーメンはもとより、ちゃんぽん、焼きそば感動しました。
先日、さとう別荘で食べた鴨も絶品でした。来年も福岡グルメを楽しみたいです。



7位
自分の論文がパキスタンの雑誌に掲載された。
久々に論文が掲載されました。すったもんだあってかつがつ、パキスタンの雑誌に採用されました。来年はもう少しクオリティの高い論文を書きたいと思っています。



6位
7月7日 七夕の奇跡

新井選手のホームランにどれだけ勇気をもらったか。

1位〜5位はまた後日<(_ _)>






この記事をはてなブックマークに追加

96歳、鼠径ヘルニアの患者さん

2017-12-22 15:10:48 | 鼠径ヘルニア症例
96歳、男性、右鼠径ヘルニアの患者さん。
鼠径部腫脹、痛みで来院されました。96歳とはいえ、非常にお元気でした。
歩く姿も健常な方とお変わりなく、“あ、杖を忘れた”と杖を取りに歩いていく姿は杖もほとんど必要ないと思われたくらいです。

通常通りの腹腔鏡下のヘルニア根治手術を行いました。手術時間は36分、術後鎮痛剤の使用なく、翌日に退院されました。

退院1週間後、外来に来られましたが、セローマ(鼠径部の水の貯留)もなく、痛みも軽減したとおっしゃっていました。

手術画像、経過をブログに掲載してよいかとお尋ねしたところ、快諾して頂きました。あと3日で97歳になることも付け加えておいて下さいとも言われました。

この記事をはてなブックマークに追加

1日の野菜摂取量

2017-12-20 17:32:42 | グルメ
私はラーメンが大好きなのですが、最近は体に気を使うようになり、大盛り、替え玉、スープ飲み干しは控えるようになりました。
ラーメンは野菜も少量のネギ、時にもやしくらいしかありません。
日本人の1日に必要な野菜は350g以上と言われています。

野菜を大量に摂取できる麺類と言えば
ちゃんぽんです。
山口県には長崎ちゃんめんという、ローカルなちゃんぽんがありました。元々、山口県で誕生したと思うのですが、今本社は名古屋みたいですね。でもチェーン店はやはり山口県に一番多いみたいです。
幼少の頃に聞いた、”赤いお屋根のヌードルスナック〜、なーがーさーきー、ちゃんめん、ここが元祖”というCMソングが今でも思い浮かびます。

福岡に来て食べたちゃんぽんの美味しさに感動いたしました。
本店は佐賀県武雄らしいのですが、筑紫野で食べた井手ちゃんぽんです。



これなら1日目標の野菜を十分に摂取できそうです。

この記事をはてなブックマークに追加

エマロを使っての腹腔鏡手術

2017-12-18 11:20:47 | その他
井上先生執刀、都志見前立ち、エマロ カメラ持ちによる腹腔鏡下胆嚢摘出術の様子


先日、エマロという、腹腔鏡を人間の代わりに持ってくれる器具を業者さんのご厚意により使用させてこらうことができました。
普通は腹腔鏡の手術では外科医がカメラ(腹腔鏡)を持ち術野をテレビモニターに写します。とりわけ若い先生の最初の仕事の一つがこのカメラ持ちです。
術者の意としないところを映し出すと、容赦ない罵声が飛んできます。私も昔、カメラ持ちをしている時はよく怒られました。
どんな手術をして、術者がどうしたいか理解していないから、ピントの外れたところを写すんよと指導されたものです。
時々、私が術者となり、その指導医の先生がカメラを持ってくれることもありました。若かりし私の拙い手術もいけなかったのでしょうが、
久々にカメラ持ちをしたその指導医の先生が”おい、もっと近づけ、よー見えんじゃろ。危ないけえ、もっとよく見せろっちゃ”と興奮して言われました。
いや、カメラをお持ちなのは(指導医の)先生なんですが・・。もっと近づいて下さい・・

エマロはただのカメラ保持ではなく、フットスイッチと頭の動きで上下左右、近づいたり、遠のいたり、うまく動かせれば自在に動かすことが出来ます。
しかし慣れないと、なかなか自由自在には動かせませんね。また機械がごつく、もう少しスマートにならんかなと思います。
ただ、外科医一人分の働きを文句も言わずにするのですからかなり将来性を持った器具であることは間違いありません。動かすのは自分ですし、いい術野が確保できなのを他人のせいには出来ませんし。

しかしこの機械は外科医の仕事を1つ奪うことになります。私の好きなアニメに”母を訪ねて3千里”があるのですが、それに瓶洗い職人のジロッティさんという人物が登場します。
主人公のマルコ少年はここで瓶洗いのアルバイトをするのです。ある日、雇用主のジロッティさんが、不機嫌に戻ってきます。
”マルコ、この会社はもう終わりだ。瓶洗いの仕事はひとつもないんだ。機械だよ、機械。あいつらがわしらの仕事を全て奪ってしまったんじゃ”と。
そう、時は19世紀末のイタリア、ジェノバ。ここにも産業革命の波が押し寄せ、生活に機械がどんどん入り込んでいたのです。

不機嫌そうなジロッティさん。彼の職人技も産業革命の波に飲み込まれることに


このエマロもいまでこそ、まだ高価ですし、使い勝手は満足いくものでないかもしれません。
しかしエマロをはじめ、手術器具の進化は確実に外科医の仕事、外科医それ自体を減らしていきそうです。

この記事をはてなブックマークに追加

2017年度 4月〜11月までの手術症例数

2017-12-17 20:57:06 | 手術実績
嶋田病院 外科 日々の診療日記の目的の一つは外科の手術実績を公開することです。
以前のホームページにもまとめて掲載していたのですが、今回、あらためて本年度の手術症例数をまとめました。

2017年4月〜11月の手術症例数



以前のホームページには2015年度、2016年度も公開していました。
随時、データをまとめて公開していきます。

この記事をはてなブックマークに追加

年の瀬とワーグナー

2017-12-14 22:24:21 | その他

先日夜、FMラジオを聞いていたら、ワーグナーのオペラが流れていました。
毎年、NHK-FMがこの時期になるとその年のバイロイト音楽祭の演奏を放送するのです。

これを聴くと年の瀬だなとしみじみと思います。

毎年7月〜8月にかけて、ドイツのバイロイトで行われるバイロイト音楽祭は私が死ぬまでに一度は行ってみたい演奏会の1つなのです。
ワーグナーのオペラ作品のみを演奏する音楽祭なのです(例外的にベートーヴェンの第九交響曲は演奏されることあり)。
基本、チケットの転売が禁止で、自分でチケット購入を申し込み、当選するのを待つのです。当然、倍率は高く簡単には当選しません。
10年連続で応募すると当たるかもしれないと言われています。私も一度応募したことがあるのですが、当然、当たりませんでした。
今はどうせ当たっても行く時間も暇もないので応募していませんが。
あと10年くらいして、仕事のリタイヤが見えてきたら応募し始めようかなと考えています。
(と思っておりましたが、ネットで検索するとチケット付きのツアーもあるようですね。当然、かなり高額ですが)

今年も残りあとわずか。

常に安全、安心な手術を心がけ、今年を締めくくりたいと考えています。

この記事をはてなブックマークに追加

左間接型鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下ヘルニア修復術(TAPP)小郡市 嶋田病院

2017-12-13 11:51:06 | 鼠径ヘルニア手術動画
70歳代、男性。左鼠径部腫脹、違和感で来院されました。
11月、腹腔鏡下ヘルニア根治術を施行しました。手術時間は28分でした。
腹腔鏡ヘルニア修復術は前方アプローチ(鼠径部を切開する手術方法)に比べ手術時間が長いとの報告が多いですが、30分前後であれば
前方アプローチと遜色ないと思われます。
通常通り、手術終了2時間後から歩行開始、夕方から食事開始し翌日退院されました。鎮痛剤の使用もありませんでした。
先日、外来受診されましたが、退院翌日からデイサービスでリハビリが出来たと喜んでおられました。
(動画公開に関して患者さんの承諾を得ています)


左間接型鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下ヘルニア修復術(TAPP)小郡市 嶋田病院

この記事をはてなブックマークに追加