やれこら やれこら 昨日も今日も

自分だけはと力んでみても,膝はガクガク,息ハアハア。会話は「アレ,ソレ」そして「やれこら」。鍛えるべきは皮肉とジョーク。

あんたが 見よーる間に 一匹釣って

2017-02-13 20:07:35 | 今日のやれこら
陽射しは,『ポカ ポカ』
河口湖まで,歩いてきたんです。

河口湖には
風が強い日も,少々雨が降っていても
たいてい,同じ場所で,釣り糸を垂れる人が何人かいるんです。

『スタ スタ スタ スタ』
いつもは側を,素通りするんですが
「何」が釣れるのか,気にはなっていました。

“聞いてみるか”

釣り人は3人,10m間隔で岸から竿を垂らしています。
その中の,真ん中
何となく,「人のよさそう」に見える
竿を垂らした,小太りの釣り人に,声を掛けます。


「何が釣れるんです?」
後ろからの声掛けです。

『えっ』
釣り人は,少しびっくりした様子で振り向き,答えてくれます。

『ヘラブナよなぁ』

「大きいのが 釣れるんですぅ?」
『さっき釣ったのは 30cmちょっと まだ大きいのが釣れるでぇ』

「釣ったのは,どうするんですぅ?」
『そりゃあ 逃がすだけよ 釣るのが面白いんじゃけぇ』

「ここは よう釣れるんですぅ?」
『まあまあ じゃけいどなぁ ここのフナは綺麗なんよ』

「えっ フナが綺麗?」
『そうよ 形や顔がなぁ』

フナの顔や形が綺麗といわれても,素人には・・・
なんですが,釣り人は続けます。

『じゃけぇな 遠くからでも ここに来るんでぇ』 

そして,左右の釣り人を見ながら  

『わしゃあ 倉敷からじゃけど
    あっちの人は大阪で こっちの人は神戸』

姿かたちの「綺麗」な,ヘラブナを
ただ,釣る為だけに 釣れた瞬間を楽しむためだけに
遠方より来たりて,日がな一日「浮き」を見つめ


“んーん  参った”


ps)釣り人は 別れ際に言ったんです。

『あんたが 見よるー間に 一匹釣って 
         見せてやりたかったよ なぁ』
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 分かる様に なったから | トップ | この石! の 所為で!! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
釣り人 (tango)
2017-02-14 11:59:06
私の知人も小さな船をもって下関と門司の間の
釣り場を見つけてお魚釣りをしていました
あそこでもタイが釣れていましたよ
タコも・・・
おかげでごちそうになって良い思い出があります
ヘラブナをつって逃がす??
釣り人はいろいろな考え方で釣りをされる方が居るのですね??
釣った魚を逃がすことは過去に聞いたことがあります
???何故だろう!!と思っていました
釣ることが楽しいのでしょうね??
しかも遠い所からですからね~~
tango様へ (やれこら)
2017-02-14 15:36:49
十人十色とはよく言ったもので,人それぞれですねー。
釣りが趣味といっても,磯釣り 船釣り 渓流釣り 狙う魚は違いますし,川釣りでも,釣り上げる醍醐味だけを楽しむ人がいて・・・
釣り道具にも一家言あり,竿は〇万円 そのほか付属する道具に〇〇万円などと説明してくれました。
いやはや,趣味の世界は奥が深い事で,私はびっくりするだけでした。
釣りをされる方 数多有りで (takezii)
2017-02-14 17:04:59
多種多様なんでしょうが いずれにしても 貧乏性な私は 釣りは 無理、無理 です。
何時間も じっと うきを見ていることは まず不可能、まして せっかく 釣れた魚を 放してやる 等。
釣りをされておられる方は、達観しているというか 粋というか かっこいいというか ロマンが有るというか・・・、損得抜きなんでしょうね。
どんな趣味でも 没頭出来る人って 幸せだと思います。


takezii様へ (やれこら)
2017-02-14 20:40:18
昔は釣りによく行っていましたが,趣味といえるかどうか,道具に凝ることも無く,釣果を期待するだけの下手な釣りでした。
夏季休暇に船釣りで,キスやタコを釣りに,舅に連れて行ってもらっていた懐かしい記憶が蘇ります。
趣味も様々ですが,根気の無い私は,没頭してのめり込むほどのものはありませんでした。

コメントを投稿

今日のやれこら」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL