よこしま猫のふんわり腹黒京都

腹黒京都人が好きなこと、思ったこと書き綴って毒垂れ流してます~(^^;

善く生きたい.

2017-02-24 01:00:00 | 日々雑感

科学者とあたま
寺田寅彦
http://www.aozora.gr.jp/cards/000042/files/2359_13797.html

いわゆる頭のいい人は、言わば
足の早い旅人のようなものである。

人より先に人のまだ行かない所へ行
き着くこともできる代わりに、途中の道
ばたあるいはちょっとしたわき道にある
肝心なものを見落とす恐れがある。

頭の悪い人足ののろい人がずっとあと
からおくれて来てわけもなくそのだいじな
宝物を拾って行く場合がある。

頭のいい人は、言わば富士のすそ野まで
来て、そこから頂上をながめただけで、
それで富士の全体をのみ込んで東京へ
引き返すという心配がある。富士はやはり
登ってみなければわからない。

頭のいい人は見通しがきくだけに、あらゆる
道筋の前途の難関が見渡される。少なくも
自分でそういう気がする。そのためにややもす
ると前進する勇気を阻喪しやすい。

頭の悪い人は前途に霧がかかっているために
かえって楽観的である。そうして難関に出会っ
ても存外どうにかしてそれを切り抜けて行く。
どうにも抜けられない難関というのはきわめて
まれだからである。

+++

私の様な平凡な人間にとって
先達の金言は身に染みる。
善く生きたいものである。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 只今の懸案事項。 | トップ | 小さな愉しみ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日々雑感」カテゴリの最新記事