神原ワールド稽古場日誌

神原ワールドが繰りひろげる劇の世界・公演のお知らせ・稽古場の模様を皆様にお届けします♡

ザンパノ

2016-10-14 08:45:34 | 演劇

 「ザンパノ~」 ジェルソミーナが言います。ご存じ映画「道」(1954)の登場人物、粗野な男ザンパノと少し頭のとろいジェルソミーナでございます。監督は当時新人でした巨匠フェデリコ・フェリーニ。オート三輪の幌車で町から町へ渡る旅芸人。金で買われ、ロバのようにこき使われるジェルソミーナ。日本で初めて公開された伊映画だそうです。不覚にもこの歳まで観ておりませんで、故あって観ておかねばと、先日TSUTAYAに走りました。

 私はCD50(ホンダ)という50ccのクラッチ式の原付に乗っております。走っていると劇中のオート三輪(屋根無し)を思い出しました。こんな感じかな、って。あのニーノ・ロータの旋律が頭の中を流れます。自分を知る言葉を持たない人間は大切なものを失うのです。人間って、哀しいなぁ。淀川長治さんが言ってたそうです、「静かで、哀しく、怖い映画」だと。 な~るほど。

 「ザンパノ」とはイタリア語で「悪」の意味があるそうで、彼は悪の象徴のようです。ただ映画のラストを見ると、そこに悪人はおらず、只々、人の哀しさを感じるのです。人生は欲望と純真と狂気でできているのでしょうか? 

 時には年代物のモノクロ映画もええもんですね。今度は「第七の封印」借りよかな。

 

                     

ジャンル:
芸能
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オールザットジャズ | トップ | 歌に生き、恋に生き »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。