神原ワールド稽古場日誌

神原ワールドが繰りひろげる劇の世界・公演のお知らせ・稽古場の模様を皆様にお届けします♡

2016-12-26 22:21:41 | 演劇

  私は悲しい場面で、涙を流そうとはしない。まず悲しむ。そして堪える。さすれば涙は体の芯より湧き出る。人によってその手法は様々だが、私は感情が「そうなる」ようにすればいいと思う。そのために何が必要かはケースバイケース。「その時」までを丁寧に積み重ねることが肝要。そうして耐える、堪える。悲しみはこらえることが必要。悲しみは受け入れ難いものなのだろう。だから受け入れてしまえば、もう泣くしかないのだ。そして解放される。カタルシスだ。舞台の人間が先に解放されてはいけない。観客との根競べだ。たまにしっかり捉まえている確信があるときに、涙が先行することはある。舞台は物語が連続しているからそういうことができる。映像はそうはいかないかも。アプローチが変わるだろうな。それもこれも台本(ほん)が読めてこそ。  ・・・励まねば。

                                                   

ジャンル:
芸能
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Xmas  | トップ | 大晦日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

演劇」カテゴリの最新記事