SHIMA-Z『真・悶絶日記』

嗚呼、悶絶の日々。

そうだ、歯磨き粉の話をしよう!

2016年07月29日 | 雑談(日記的なもの)

最近、歯医者通ってます。

といっても定期的に
検診は行ってるので、
表立った虫歯が
あったわけじゃないけど、
10年前に治療した歯を、
ぼちぼちやり変えましょうと言われて。

結果として、
銀歯はがしたら内側が
結構な割合で虫歯。(´Д`;)

古い銀歯って、接着が弱くなるので、
剥がれた接着の隙間から
虫歯の原因となるものが入るそうで、
偶にやり変えたほうが良いとの事。

歯は大事です。
ほんと。



ちなみにリステリン愛用者です。
効くかどうかは知りません。
なんとなく、気持ち的にスッキリします。

無くなったので
今日買い足して来ました。


そんな事やってたら、
ふと思い出したこと。

『そういや、子供の頃に、
ゼリーみたいな
歯磨き粉なかったっけ?

メロンとかイチゴ味の甘いやつ。』

検索してみたらどうやら今でも
図柄が変わってあるっぽい。
今はアンパンマンとかの
イラストがパッケージに描いてる。

商品名は
ライオンこどもはみがき

小学校の時、
虫歯予防デーとかに、
歯磨きセットを
学校に持っていく機会があって、
友人がそれを持ってきてて
初めて知った。

甘い歯磨き粉があるなんて、
カルチャーショックだったんだが、
それ以上にショックだった事がある。

それを持ってきた友人が
授業中も歯磨き粉を
美味い美味いと言いながら
ペロペロ舐め続け、

最後は怒涛の歯磨き粉チュル・・・。

中々珍しい変態性。

一日で一本
歯磨き粉を消費するやつは、
他には見たことがない。
というか歯磨き粉チュルするやつは
もう二度と見る事もないだろう。

しかも、その時は
それで収まらず、
他の味の同商品を
持ってきてる同級生に声をかけ奪い取り
それもチュル・・・。

思えばあれフッ素入ってんだよな。
歯磨き粉のフッ素の量って
人体に影響ない程度なんだけど、
流石にチュルまでは
考慮されてないと思うんだが。


あいつ、
まだ生きてるんだろうか。(´Д`;)


歯磨き粉の話し、
とりあえず以上です。

オチなんかないです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

LEE30周年記念 2016年限定LEE30倍

2016年07月22日 | 雑談(日記的なもの)

辛いカレーが好きで、
中でもグリコのLEEは別格に好き。
そして毎年でる夏季限定LEE30倍は
かなり楽しみにしてます。

今年は夏季限定どころか、
30周年記念として、
4,000食限定で、
LOHACOぐりこ・やのみの販売。


とりあえず、10食買いました。
手元に10箱あると何か安心します。

ちなみに880円/個。
かなり高いです。



どうせファンしか買わないと
割り切ってイメージ写真を使わない
強気なパッケージデザイン。

箔押しのコストも厭わないあたりに
本気さがヒシヒシと伝わってくる。



パッケージ裏の表記。
こだわりの使用スパイスの紹介。
こいつはかなり期待できるぜ。

と思うが、
表のデザインの本気さが、
裏まで回ってない気がしないでもない。w
裏は結構普通な感じです。



中身の袋は
通常版と同様。
今回は45倍相当になる
辛さ増強ソースは付属してません。



開封。
いつもより香りに深みがある。
スパイシーな香りの中に
コクのある牛脂の香りが混じる。



でかい牛肉もゴロゴロ入ってます。
ウハウハです。

そして一口。

うまっ!うまっ!からっ!

なかなか、良い意味でヤバイです。
通常版より2次元ぐらい上の味。

辛さの加減もちょうどいい。
もう少し辛くても普通に食べれるが、
これ以上辛くなると、
恐らく旨味のインパクトが薄れる。

この辛さと旨みの
バランスが最高。

これ、お店で1,000円越えで出してても、
普通に食べるかも・・・。

それぐらい好みにマッチングしてました。

辛いだけじゃなく美味い。
美味いだけじゃなく辛い。
そんなレトルトはLEEしか知らない。

ぶっちゃけ、感服です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ファイル転送が限りなく遅い・・・

2016年05月18日 | PC/モバイル/カメラ

仕事のデータを
USBフラッシュメモリに移すとき、
やたらと時間がかかる。

昨日持って帰ったデータが
壊れてたのも少々気になった。

USBメモリは、
購入からさほど経ってない。

う~ん、
こりゃハズレ引いたか・・・。(´Д`;)

そう思って、
仕方ないのでハードディスクに
データを入れ込む。



これでサクサクと
データ移動できるだろうと思いきや、
やはり遅い。

おかしい。
USBメモリが原因じゃないのか?

意味が解らないので
ネットで検索。

似たような症例は数あれど、
原因は様々。
困った・・・。

ただ、ちょっと気になったものを見つけた。

古いHDDだと
読み込みにエラーが出やすいので、
転送時に再試行を繰り返して遅くなります。

たしかに。
今の職場のPCのデータ保存ドライブは、
自宅に余ってたやつ使ってるので、
かなり古い。

しかし、本当に
こんなに初歩的な原因か?
なんて思いもしたが、
考えてみたら確かにありえると思い、
早速ドライブをエラーチェック/修復。

そして・・・・結果は。

おおっ!

今までの3倍速で転送。
まるでシャア専用。


HDDのメンテナンスって
近年の大容量化に伴い、
やたらと時間がかかるから、
ほとんどしてなかったんだけれども、
偶にしてあげないとダメですね・・・・。

PCの不具合って
原因が中々つかめず
トライ&エラーの繰り返しな事が多いですが、
あっさりと原因がつかめて良かったです。

良い機会なので、
自宅のPCもメンテナンスしとこう。
しかし10TBが気が滅入るな・・・。orz


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

胸が痛い Part.3

2016年03月15日 | 雑談(日記的なもの)

悪いことして胸が痛いとか、
愛だの恋だのリア充的に胸が痛いとか、

そういう事じゃなくって、
リアルに胸が痛い Part.3


またしても肋骨をやらかす・・・。(´Д`;)
これで3度目。

去年、

そして一昨年。


いかんせん、
毎回この時期ってのが気になって
病院で相談したら、
咳払いによる疲労骨折の
可能性が高いんじゃないかと。

私が喫煙のせいで
慢性的に咳をしてて、
それで通院してるのも
話した上での話し。

結局、断定できるものは
何もないんだけれども、
空気も乾燥してるし、
あまり良い季節じゃないですよとのこと。


そしてまた、ロキソニン万歳!

これでしばらく、
ハードな運動できなくなりました。
先月は仕事でジムに行く時間が作れず、
今月は怪我でジムに行けず・・・

2カ月分のジム代で
4~5回飲みに行けるなぁ。

中々、胸だけじゃなくって、
財布にも痛いぜ・・・。orz


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ploom TECHを買った Part.3

2016年03月12日 | 雑談(日記的なもの)

最後です。
今回は使ってみて感じたこと。

先ずは原理。

加熱した空気で水やグリセリンを気化させ、
フィルターを通すことで成分のみを抽出。


(※クリックで拡大)

図は自分で描きましたが、
どうやら熱源の位置が
この場所じゃないっぽいので、
恐らくこれは間違ってます。(´Д`;)

しかし原理としては
特に間違ってるわけじゃ
ないと思われるので、
修正せずにそのままいきます。


加熱式といっても、
直接タバコの葉を加熱するわけではなく、
媒体に水やらグリセリンやらを使う。

結論を言えば、
紙巻タバコの代用にするのは
正直難しいという感想。

やはり満足感がない。

どちらかというと
フィリップモリスのiQOSの方が
タバコらしく吸えます。
iQOSは吸い口がタバコそのものですし、
直接タバコの葉を加熱するので、
味もタバコのそれにより近い。

でも、これにはこれの
メリットがあります。

例えばチェーンスモークしたくなる時。

・作業中にデスクの前で
・自宅で映画&ビール&スナックのお供に
・喫煙できる場所での会議中

などなど。

こういう時って、
無駄に本数を消費するけれど、
案外ヤニ臭い御香にしか
なってない事もしばしば。
正直勿体無い・・・。

そんなときこそ!
ploom TECH!


吸いたい時に吸いたい分だけ。

ploom TECHなら、
放置してても燃え尽きる事はない。
そして1カプセルで
タバコ約4本分という長持ちさ。

なのでここは
本物の紙巻タバコだろうが、
ライバル商品だろうが適わない、
ploom TECHのメリットかなと。

また、電源のON/OFFも必要なく、
常に待機状態なので、
時間がなくて1パフだけ吸いたいってときも、
無駄に途中で鎮火する必要がないのが、
非常に財布に優しい仕様。

逆に仕事中の5分休憩など、
時間に区切りが欲しい時は
紙巻タバコやiQOSの方が
メリットは多い。

そこを踏まえて、
使い分ける形での導入なら、
これは正直買いだと思いました。
めちゃくちゃ便利です。



タバコをこれに置き換えるつもりなら、
多分長続きしませんし、
無駄に出費するだけになるので、
あまりお勧めはしません。

むしろ置き換えれるなら
禁煙できそうな気がします。

あと使用方法なんですが、
吸った感じが軽すぎるという方は
タバコのように口に溜めて吸い込むよりも、
直接肺まで吸った方が良いです。
若干、満足感が上がります。


そんな感じで、
結構気に入って使ってるんですが、
問題はJTって売れなかったら
直ぐに販売停止するので、
何時までサポートを続けてくれるのかが正直不安。(´Д`;)

今まで、気に入ってたのに
数ヶ月で打ち切られた銘柄がいくつあったことか・・・。


以上、ploom TECHのレビューでした。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ploom TECHを買った Part.2

2016年03月10日 | 雑談(日記的なもの)

前記事からの続きです。
(前の記事はコチラ)

今回はploom TECHの
中身と使い方の話。


スターターキットの内容は
これで全部。

なので忘れずに、
タバコカプセルも一緒に買わないと
使えません。


そしてタバコカプセルの中身。
一緒にカートリッジも入ってます。

カートリッジ部分には
グリセリンやら水やらで出来た
リキッドが入ってるようです。
変な添加物は、
公表されてるものを
信じる限りでは特になし。

タバコの葉を詰替えて
使わせないようにする為か、
カートリッジの単品販売はありません。(´Д`;)


スターターキットに入ってる充電器。

なんか、USBメモリのようだ。
充電口にキャップがないのがちと不安。


充電中はこんな感じ。
なんかタバコの充電を
PCに繋いでするのって
慣れないので気持ち悪い。


コンセントから電源をとる
USBアダプターも付属してるので、
PCから充電する必要はなし。
特にPCで設定したり
するわけでもないので。

とりあえず、PCからの充電の場合、
満充電まで1時間~1時間半ぐらいでした。
これで250回吸えるそうで、
ちょうど1箱(カプセル5個)分。

この250回ってのが、
紙巻タバコ約20本分という計算らしい。

充電終わったら、
パーツを合体させて吸うだけ。



次回の最終回は、
使用レポです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ploom TECHを買った Part.1

2016年03月09日 | 雑談(日記的なもの)

先ずはploom TECHって何かというと
JTが発売してる「気化式タバコ」です。



気化式タバコというと
ちょっと前にフィリップモリスの
iQOSが話題になってましたが、
基本的にはploomも
同じようなものです。

タバコの葉を加熱して
成分だけを気化させます。

iQOSはちと値段があれなので、
導入しようとは思わなかったのですが、
ploom TECHはその半額。

しかもキャンペーン期間中は
更に半額の2,000円。

iQOSもキャンペーンありましたけど、
それでも5,000円弱でしたので、
失敗したらって考えたら、
中々手が伸びない。

けど、ploomなら、
1回の飲み代より安い。
失敗してもあまり痛くない。


こういったものは、
消耗品ビジネスに近いと思うので、
本体価格は赤字覚悟でやった方が良いと思ったり。

本体さえ出回ってしまえば、
しっかり赤字の回収はできるかと。


一度に記事にすると長くなるので、
次回は使い方、
そして最後に使用レポと
3回に分けてレビューします。

というわけで続く。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

加湿器のある職場

2016年01月21日 | 雑談(日記的なもの)

職場用に発注してた加湿器が届いた。

職場用とはいったものの、
経費ではなく自腹で買ったので
安いやつを。

自宅で使ってる加湿器を
もっと良いやつに買い換えて、
お古を会社に持ってくるという手もあったが、
そこはポイントも溜まってたので。


アイリスオーヤマの
SHM-250Uにしました。

あくまでも自分が知ってる中ではですが、
現状、3,000円前後で買えるスチーム式なら
恐らくこれがベスト。

タンク容量1.5Lで加湿量が250mL/h。

この価格帯で比較したら
中の上ぐらいのスペックといったところ。

同価格帯でこれよりも
加湿量やタンク容量の大きいやつもあるが、
実際のところはどうかは解らないが
いかんせんマイナスな評判が多いのと、
見た目がまるでクールじゃない。


加湿器設置前の事務所の湿度。
ついに20%をきりました。(´Д`;)

正直、鼻の中カピカピで、
鼻呼吸するのが辛いです。

そしていざ設置。

さて、頑張って働け!
俺の加湿器!

小宇宙を燃やせ!
セブンセンシズに目覚めろ!

いけ!加湿の向こう側へ!


頑張ってます。
めっちゃ頑張ってます。
コポコポいってます。

結果。


30%!(´Д`;)

一日稼動させましたがこんなもんです。
まぁ、流石にこのクラスの加湿器で、
事務所内全体ってのは難しいらしい。

やっぱカタログどおり、
鉄筋で7畳前後が限界か。

とりあえず、呼吸するたびに
鼻が痛い状態からは脱出しました。


明日からも頑張ってもらいます。


(※写真は同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

俺、温湿度計を買う

2016年01月20日 | 雑談(日記的なもの)

会社で誰かが風邪をひくと、
ほぼ確実に社内で蔓延する。

冬場は毎年肌は乾燥するは、
喉がイガイガやわ。

うちの事務所内は、
確実に湿度は低いだろうと思ってた。

正直、私も、
免疫力バリバリな歳ではないので、
ちょっと気をつけなきゃダメだなと思い、
実際のところどれぐらいなのかと
温湿度計の購入へ。


そして到着。
会社用で買うついでに自宅用のも。

自宅用には業務用の
高精度のやつを持ってたが、
いかんせん20年前に入手したやつで、
出鱈目な検出しかしなくなっており、
年末にそれを破棄してたので買換え。

どうやら調べてみると、
湿度計は3~5年で
買い換えたほうが良いというのが、
メーカーの推奨買換えスパン。

しかし実際は
ぶっちゃけ1年も使えば、
精度が格段に下がるようです。
当然、ものにもよるんでしょうが。

そりゃ20年使えば
まともに計れなくなって当然だな・・・。


今回買ったのは
エンペックスのヤツ2種。
家庭用では精度最高峰(らしい)。

同メーカーの他機種でも
安いやつを買えば、
1,000弱ぐらいから入手可能。

100円ショップで
温湿度計が買える時代に
ある意味高い気もするが、
信頼を買うと思えば、
それぐらいは許容範囲かなと。

エンペックス社の高精度センサー
EXとスーパーEXのものを買いましたが、
2台比べてみてもあまり表示にブレはない。

カタログスペック上は
スーパーEXセンサーの方が
湿度計の精度が1%ほど高いが、
そこまでシビアに計測する必要ないので
特には気にならない。


そして職場のデスクに設置1時間後。
湿度20%ちょい。


20%ちょい・・・


うむ。


∑(´Д`|||) ハッ


毎日こんな環境に12時間以上いたら、
そら、病気にならない方が
おかしいがな・・・。(´Д`;)

実は一緒に加湿器も買ったのだが、
こちらはまだ届かず。orz

こんな数字を見ちゃったもんだから、
一刻も早く届いて欲しいのだが・・・。


(※写真は同商品を扱う楽天ショップへのリンクです。)

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

メイキング・オブ・ザ・年賀状

2016年01月13日 | 雑談(日記的なもの)

思えば今年は、
正月無視して普通に記事を書いてたので、
恒例のお節料理記事を書いてないや。(´Д`;)

他のSNSに投下してましたが、
今年はこんな感じです。



今回はお節の話じゃく、
年賀状の話なので、
お節の話はこれ以上は割愛します。



そして、ここから年賀状メイキング記事です。
今年は申年にちなんで、
西遊記の孫悟空の如意棒をモチーフに作成。


今回の年賀状材料。

まずは、如意棒製作。


竹ひごをハガキの長さに切り、
両端をヤスリがけした後、
スチロールに刺す。


それをラッカースプレーで赤に塗装。
乾いたら上下返してもう一度塗装。


次はアクリルガッシュで、
両端を筆塗り。
一度だとムラが出るので、
乾くまで待って二度塗り。

時間があれば三度塗りしたかったが、
片方塗るのに今回作った70本分で1時間半。
計算すると三度塗りなら
片側2時間以上かかる事になり、
流石にそれは無理だと判断。


これでミニチュア如意棒完成。

余談だけれども、
如意棒のイメージが、
赤になったのって、
ドラゴンボールぐらいからかなぁ。

香取慎吾の西遊記は赤でしたが、
堺正章の西遊記のときは黒。

今となっては黒だと
孫悟空が持ってれば、
如意棒として認識できるけれど、
単体では如意棒に見えない気がする。

何かをイメージとして伝えたいときは、
世論のイメージに合わせること。
これはデザインの鉄則。



次は如意棒を取り付ける台紙。
どうしても和紙が使いたかったので、
B5の和紙にプリンターで印刷して、
ハガキサイズにカット。




ITの全盛の時代に、
完全なる家内制手工業です。
出来ることなら
マニュファクチュア化したいが、
人を雇う予算なんてない。

これで素材が完成。

後は仕上げに入るのですが、
その前にハガキの宛名面を印刷し、
手書きで一言書き添える。
如意棒をハガキに取り付けちゃうと
字が書きにくいので。


ここからは仕上げの作業、

先ほどカットした台紙に
針で穴を開け糸を通す。
作った如意棒をその糸を結び台紙に固定し
宛名面を印刷したハガキに糊付け。

この作業、地味に時間かかります。
1枚5~10分ぐらい。


仕上げ終わったものを
透明封筒に入れて出来上がり。

写真で見ると殺風景な印象ですが、
現物はそうとうクールです。
今まで一番の出来。

思えば昔、
うちの父は営業マンだったので、
200枚とか年賀状を書いてたけど、
筆ペン片手に1枚2~3分で
書き上げてた気がする。

今回の私のは
総作業時間から計算すると、
1枚20分前後はかかる。

さらにデザインを考案してる時間や、
出力面のデータ作成の時間も考慮したら、
多分20分どころじゃなくって、
自分でも「何やってんの?」って思う。

PCも使って作ってるのに、
完全にアナログ時代より
効率悪くなってるとか・・・orz


とりあえず来年は
もっと生産性の高いやつを考えよう・・・。(´Д`;)


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加