大志を持って前へ

「本物であること、本流を歩むこと、本筋を貫くこと」を胸に前へ前へ生きていこうと思います by吉田義人

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

医龍

2007-12-18 23:28:16 | Weblog
 明後日、いよいよ最終話である。医龍 Team Medical Dragon2シリーズ、昨年の医龍は途中から見始めたが今回は最初のスペシャルから隈なく見た。
 このドラマに嵌った大きな要因は主役の朝田龍太郎をはじめとする登場人物各々の名台詞の数々だ。
 あきらめないこと
 医者としての本質を貫く事
 前向きに闘うこと等々
 また、チームというものがどうあるべきかも問いただしている。
 このドラマを見てなかったら、瑞穂ラグビー場に行かなかったかもしれない。12月第一週の日曜日、早稲田に大差で敗れた。大学選手権優勝はかなり難しい、でも明治の選手の中に一人でも諦めてない選手がいるなら、その選手を見ようと思った。
 実際、そう感じさせる選手はいた、今までは闘志露にすることが少なかったのに、先日は闘志露わにプレイ。次の花園での試合、彼を中心に生観戦する予定だ。
コメント (20)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

明治大学対大東文化大

2007-12-17 23:26:20 | ラグビー
 完勝。ピンチらしいピンチはゼロであった。
 瑞穂ラグビー場 43-0 もっと得点が獲れたように思う。噛み合う相手だったし、フォワード戦はあらゆる面で優位、特にラインアウトは秀逸の出来だった。
 それでも課題を、モールの威力をされに上げる事とシャローに出れだしたバックスラインのディフェンスの精度をさらに上げる事。スタンドオフ田村のパスワークとゲームメイク、やや持ち過ぎ、すれ違いざまにパスを放ろうとする局面を多々見かけたが、スタンドオフはラストパッサーではない、ゲームメーカーという意識がないと現状の甘いパスワークではインターセプトの餌食になる。時にハイパントで両センターを走らせたり、対角への深いキックで忠実なディフェンスの出来る松本を走らせる戦法がほしい。
 昨日のMVPはフランカーの山本、トンガ出身のセンターを止めたカバーディフェンスはお見事だったし、スピードを見せ付けてトライを奪ったプレイは私の待ち望んだもの、大学選手権、フォワードから離れたところで彼がトライをするようであれば期待が持てる。
 次は京都産業大戦、フォワード戦が鍵となるがスクラム戦は組み方の相性で互角が圧倒のどちらか、圧倒できれば問題ないが圧倒できなければ優位と予想できるモールにシフトすべき、それだけにモールの威力は上げなければならない。バックスも明治の方が良さそう、大東戦で粋の良い走りで力強さも見せ付けた濱口を活かす戦法も面白そうな気がする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それでも

2007-12-09 23:26:16 | ラグビー
“前へ”に拘るべき。前に出るフォワード、前に行かすハーフバックス、前に出るバックス。早明戦での大敗に屈しないでほしい。
 スクラムを押す、ナンバーエイトの豪快なサイドアタックは明治ラグビーの象徴的なプレイ。これが見られないのなら明治ラグビーを見る気はない。ハーフ団はキックを織り交ぜてフォワード、バックスを前へ行かし、バックスはタテ突進は勿論、相手のライン攻撃にはとにかくシャローに出て前で止めるディフェンスと、味方のキックには俊敏な追いかけと強烈タックルで前で止めるディフェンスが強い時代の明治は出来ていた。
 早明戦、スクラムは押せなかった。ナンバーエイト宇佐美の獅子奮迅の突進はあっても次が続かない、二次でフランカー山本のスピードを活かす突破を期待したがそんな光景無かった。ハーフ団の戦略的キックも・・戦略的キックは早稲田のスタンドオフ山中に散々やられていた気がする。シャローディフェンスは・・、これ決めなきゃ早稲田に勝つ事は無理なはずなのに。
 とにかく前へ、グランドに居る15人全員がアタックそしてディフェンスで前へを体現するラグビーを大学選手権で見せてほしい。

 仕事が忙しい、来週の日曜日は瑞穂に行きたいが少々やばい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

応援旗

2007-12-03 23:13:23 | ラグビー
 キックオフ20分前くらいに購入した。前半、松本憲和のトライの時は力一杯振った。後半からは上体を支える為に杖代わりにしていた。後半の中盤あたりになった頃にはバキバキと折ってやろうかと思っていた、でも痛そうなので思い留まった。ノーサイド、唖然、呆然の結果に放心状態、スタンドを出た時には持ってなかった、どこかに置き忘れたみたいだ。

 試合は・・まだ振り返りたくない。春早明の課題を克服してきた早稲田と課題をそのまま残した明治、はたまた、直近の試合でラインディフェンスにどう見ても課題があったのに修正しきれてない点等等、こういう結果を招いた要因はたくさんある。
 明治に決定的に欠けていたものが二つあるとみている。競技場ではよく分からなかったが、一つは前半二つ目のトライを獲られる前、もう一つは後半一つ目か二つ目のトライを獲られる前に起きたプレイにあるとみている。早稲田と決定的に力の差を感じさせられるプレイ、録画しておいたビデオで検証してみたいが、大惨敗のビデオはどうも見る気になれない。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

早明戦前夜

2007-12-01 23:58:53 | ラグビー
 いよいよ明日、明治側のキーパーソンは山本紘史と茂木大輔。注目している選手はナンバーエイト宇佐美裕太。
 対抗戦のトライ王もかかる宇佐美は明治ファンの期待を背負う。明治らしいナンバーエイトで1人2人なら軽く引き摺ってゲインしていく。正直に言うと、ようやく登場してきたと言いたい。1年生の時から出場してもおかしくない突破力で現日本代表の佐々木隆道と対決してもらいたかった。4年前、明治のセレクションを見たとき圧巻の存在感と突破力だった、明日の大舞台で全国にその存在感と突破力を見せ付けてほしい。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早明戦メンバー発表

2007-11-30 23:26:43 | ラグビー
 関東大学ラグビー対抗戦 早稲田大学対明治大学 両校の出場メンバーが発表された。
 明治は副将2人と不動のスタンドオフであった井上を欠いたメンバー、一方早稲田は、怪我を押して出場する五郎丸がいるが、左プロップに瀧澤が戻ってほぼベストの布陣。
 趙の代わりに入る西原はその骨太プレイで早稲田を苦しめそうだし、スタンドオフに入るルーキー田村はサイズもあってナンバーエイト豊田のサイドアタックへのディフェンスに期待が持てる。司令塔としてキックやパス回しでフォワードを前に出す事はもちろん2線防御でも目立ってほしい、そして対面の同じくルーキー山中を圧倒してもらいたい。
 ルーキーといえばもう一人、早稲田の11番左ウイング中濱。意欲的なランとトライチャンスを自ら作れるルーキーらしからぬウイングで、早慶戦ではあの山田の対面で旗色がやや良かった・・・評をみたが、今回の対面14番松本憲和のディフェンスは甘くない。マンマークでは松本の懐の深いディフェンスで抑えこめる、もし抜かれるとしたら圧倒的に人数で上回られた場合か下を潜り抜けられた時くらいか、でもそのときは、明治のもう一人のルーキー衛藤の驚異的な戻りに期待したい。
 
 それにしても明治バックスのフロントスリーは若いメンバーとなった。でもシャローディフェンスが出来そうな面子、早稲田の攻め口を崩してリズムを乱したい。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12・2桃太郎スタジアム

2007-11-29 23:59:43 | ラグビー
 ラグビートップリーグは中盤戦へ、全勝対決の首位攻防戦 三洋電機対神戸製鋼の試合が12月2日に岡山・桃太郎スタジアムで行われる。
 二ヶ月ほど前まで早明戦を観に行くか、こちらを観に行くか迷っていた。正直なところ、応援している明治OB田中渓介の出場濃厚ならこちらを選択した可能性が高かった。今でも、三洋電機の北川智規、トニーブラウンのプレイは生で見たいし、そして何より岡山で初開催となるトップリーグの試合は観に行っておきたい思うばかりだ。
 三洋電機対神戸製鋼 かなり昔からの社会人ラグビーの黄金カード、今回、全勝で激突するのは何やら大熱戦を予感させる、観に行くチャンスのある方は是非観てほしい、日本ラグビートップのスキルと判断力を堪能できると思う。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緩急

2007-11-28 22:55:14 | ラグビー
 ラグビー早明戦、明治側のキーワードに緩急、キーパーソンに7番フランカーとして出場濃厚な山本紘史とスクラムハーフ茂木大輔を指名したい。
 フォワードのリードとパスに持ち味のある茂木はU23日本代表のスクラムハーフ、加えて彼はゆっくり攻める時と、素早く責める時の判断レベルが高い。単調にならない、明治ペースに持ち込める彼のゲームマネージメント力はもっと評価されていいと思う。それだけに明治フォワードにはより多くのボール獲得を望みたい。そして茂木選手には持ち味を発揮する事はもちろん、早稲田の8番、9番、10番への猛プレッシャーを願いたい。この3人を自由に動かさなければ勝機はある、特にハーフ団へのプレッシャーは彼の責務と思える。
 山本選手の持ち味はスピード。二年前の慶明戦、開始直後のスクラムからのサイドアタックでビッグゲインをしたのは今もなお鮮明に記憶している。あれ以後、彼のスピード豊かなビッグゲインはお目にかかれていない。昨年もそして今年も“当たり”に行く局面が多くて少々もどかしい。彼にはディフェンダーとディフェンダーの間をぶち抜けるパワーとスピードがあるのだから当たりに行くのは勿体ない。往年の天野義久の如く豪快でスピード豊かな突破を期待したい。そして彼にも突破役以外の重責が待つ、一つはフランカーとしてのサポート役、そしてもう一つ、スクラムハーフ茂木同様、早稲田の8番、9番、10番へのディフェンス&プレッシャー。ここで後手を踏むと勝利という言葉は全く見えてこない。

 他にも期待している選手はいっぱいいる。今年の明治のエース格、ナンバーエイト宇佐美の突進力は国立を沸かすに違いないし、U23日本代表ロックでもある杉本晃一は早稲田の権丈主将を接点での攻防で上回ると期待している。両センターのディフェンス力も今年の魅力。まだ先発メンバーが発表になってないが待ち遠しい限りである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2007早明ウイーク

2007-11-26 23:04:01 | ラグビー
 今年も注目、関東大学ラグビー対抗戦 早稲田大学対明治大学 今年も優勝をかけた一戦となる。
 早稲田の仕上がりが良い、矢富、曽我部、今村ら大駒バックスが抜けた穴を感じさせない得点力、フォワードも橋本の強さや有田幸平の接点での強さが目に付く、得点力があるのも今年の特徴。
 一方の明治、フォワードの仕上がりは昨年より上、ただしモールに関してだけは昨年の方が上に感じる。バックスはトライゲッターであった濱島の穴が埋め切れてない印象、スピード不足は否めないが、両センターを活かす戦法と戦略的キックで活路を見出してほしい。

 明治はスクラムを押せるか?決戦の焦点はズバリここにある。早稲田はU23に選ばれた両プロップの先発出場が濃厚で、昨年の戦いでも苦戦した。特に個人的に評価しているのが左プロップの瀧澤で低く強いスクラムは今春のNZU戦でも充分通用していた。彼等に対し明治フロントローがどう対処し、押し込むことが出来なければ勝機は低い。逆に押し込めればチャンスがある、ラインアウト、ブレイクダウンの攻防で昨年、一昨年のようにやられることは無い。それ故にスクラムでの攻防は戦局を大きく変える。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早慶戦を振り返る

2007-11-25 22:46:28 | ラグビー
 大差が付いた、慶応フォワードが踏ん張れなければこんな結果もあるかな、という感じ。それでも慶応ディフェンスは冴えなかった、積極的に体を当てるディフェンスや前に押し倒すタックルが欠如、たびたび早稲田の連続攻撃を許した。特に早稲田のキーマンである、ハーフ団とフルバック五郎丸に好球を持たしたのはではこの差は致し方ないのかもしれない。
 注目していた慶応ウイング山田はトライこそなくも見せ場のある走りをした、彼の走りを活かすためにも、回りのレベルアップが必要に感じる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加