実践四柱推命≪詩子の推命日記≫

四柱推命に関する考察およびフリートーク

本日命(壬日干辰月木旺生まれ)

2017年04月05日 20時45分21秒 | 命理

☆菜の花が群れ咲いてのどかな春空でした~♡


 ☆こちら桜はまだまだです。代わりにサンシュユが満開でした。春ですね~♡

☆命理
本日、壬戌日です。
丁酉
甲辰(木)
壬戌
辛亥  とします。いつものとおりに亥の刻です。

4月4日より辰月に入りましたね。一気に月干支が陽干になって卯月の陰命的な印象から甲辰という陽命的な干支に変わり、日干が壬戌となりますと全く癸卯月とは様相が変わります。どちらも木旺で壬日干でしたら傷官格ですが・・・
さて、壬日干は辰月木旺の生まれです。天干に甲の食神が透ります。卯月よりはやや木勢は衰えますが、旺令は旺令ですので壬日干は甲木のよく洩らします。辰戌冲、辰酉合をみて解冲というのも間違いではないでしょうが、要は生剋制化ですから地支蔵干の旺衰を看ながら生剋をきちんを看れば良いのです。辰中乙は酉と剋、同時に戌冲辛とも剋。どちらからも辰中乙木は剋されています。また辰中戊は天干から旺令の甲木の制を受けて破土。戌中戊も斜めですが制剋を受けます。蔵干の戊が生金はしにくいことがわかります。戌中辛金は弱化しても時干に辛金が透り生水します。年支の酉は遠隔無情で日干を生水しませんが、旺令の辰中乙木を剋します。間接的に日干の助となります。壬日干は甲木に洩身し、甲木はやや湿の気を帯びますので年干の丁火への流通はスッとは流れません。調候は不要ですが、食傷生財となるには丙火があれば順流することになります。始終は時干の辛金から壬亥水を生じ、月干支の甲辰木に流通し年干の丁火に順流して流は綺麗です。
また壬日干そこそこの強さあって決して弱とはならない日干であり、喜の甲木食傷に洩らし、古書で言う「水木清奇」の部類かと推します。水智のインテリジェンスが備わり頭脳明晰である可能性は高いでしょう。ちなみにインテリジェンスに係るIQは遺伝的要素が高いかと思いますが、学力など後天的な環境要因が高いですから本命なら遺伝要因に加え、環境要因が良ければかなりの頭脳ではないでしょうか!!
 一応、喜忌は日干不強不弱のやや弱程度と看て・・・ほんとにわずか。大運頼みです。
格:傷官格
用神:亥中壬
喜神:金水
忌神:木火
閑神:土
調候:不要
 本命で天干に甲が透らないとどうでしょうか?辰中乙木では流通は滞ります。水木清奇とはならないでしょう。干の特性からも壬に乙では相性の悪い干どうしとなります。転弱しそうでも月干に甲がスパッと透ると勢いが感じられます。性情もそうでしょう。壬戌日干に甲辰ですから2陽2陰とはいえ陽命的傾向が強く男性的干支が並びます。非常に自信に満ちた印象を受けます。水智はともかく木の優しさも備わりますし、気配り十分で好印象です。ただ甲辰干支は悪いときは繊細で神経質ですから忌運には食傷の悪いところも出るかもしれません。でも位相高ですので・・・・・
 また男命ならとても良いなと思いますが、女命となるとちょっと退きますかね。ですが、現代ですから社会に出て男性と肩を並べて生きていくには最も適した干支の並びかと思います。女性にしておくには勿体ないですね。こんな女性でしたら太刀打ちできる男性は少ないかもしれません。是非、高い教育を受けて世の中のために働いてほしい八字です。



白鳥さん、営巣していると思ったら卵を2個抱いてます。 実のところ、巣が土手際なので人間に覗かれることが多く、落ち着かないみたいです。つがいの片割れが別のところに再度、営巣していたのですが、産んでしまったみたいです。ちょっとお気の毒です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ♡保育園にも慣れました♡ | トップ | 本日命(乙日干辰月木旺生まれ) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

命理」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。