実践四柱推命≪詩子の推命日記≫

四柱推命に関する考察およびフリートーク

H29年度NET講座募集のご案内

2016-10-12 20:36:02 | フリートーク

★まんのう国定公園にて 「コキアの丘」ほうき草が綺麗でした。

 ★キバナコスモスの丘です。

 ★コスモスです。ちょっと物足りなさがありました。

★フリートーク
こんばんは!!
本日は来年のNET講座募集についてご案内です。
H29年1月1日より初級講座を募集いたします。第二回めとなります。しかしながらG理論としては初めての募集ということにはなりますが・・・
 http://www14.plala.or.jp/shikonomeirigaku/
 今年4月から私の身辺がゴタゴタとしましたし、それに伴って理論でも皆様にご迷惑をおかけしてしまいました。陽理論の数値からG理論の数値への移行措置を取りました。今もまだその最中ですから皆さま、戸惑っておられると思うとただただ申し訳ない気持ちです。ですが、こちらのほうがすっきりとしておりますし、旺衰がはっきりとわかりますので詩子としましては強気です。日干強弱の間違いもないかと断言できますし、特に土性支に関しては押しも押される理論となっていると思います。
 さて、初級講座ですが、こちらはやはり初級とはいいましてもやはり十干十二支と五行については浅くても良いですから知っていてほしいですし、できたら他流で良いので四柱推命をやったことがあるほうが適していますし、良さがわかるものです。
 四柱八字が出せて、五行や十干十二支くらいはわかるとやり易いですね。全くの初めてとおっしゃるかたはどんなものでもいいですから、少し自力でやってみるとどんなものかくらいはわかると思うのです。
 現在のNET講座は中級が第5期まできました。そして第2期までの講座生が終了し、現在はG理論の補講をしております。続行中の講座は今までどおりの講座にプラス補講という形で進めています。なかなかしんどいところもありますが、「干の特性」を重視し、「よりきめ細やかな生剋制化」を学ぶには最適なものと自負しております。それこそが正しい鑑定へのつながるかと・・・
 命理は占術などではありません。純粋なる学問だと思っております。人を幸せにするためのものであることは前提ですから占術として扱うなら余計に学びに対する姿勢は真摯でなくてはならないと思っております。それこそが「畏れ」だと思うからです。人の人生を左右するかもしれない危険性と背中合わせなのですから、前向きに進みたいとは思いますが、常に慎重に慎重に対処して行きたいと思っております。
 そのためにも今、G理論をもって発信していくことが前に進む原動力ともなっています。是非、正しい理論により近づくためにも学んでほしいと願っております。詩子

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日命(癸日干戌月金旺生まれ) | トップ | アナログで・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。