実践四柱推命≪詩子の推命日記≫

四柱推命に関する考察およびフリートーク

秋篠宮眞子様八字!!

2017-05-17 22:31:21 | 命理

☆実家にて。一面にミヤコワスレが咲いています。

☆命理
秋篠宮眞子様、結婚へ!!久しぶりに皇室の明るいニュースが聞こえてきましたね。これは書かないわけにはいかないかと思います。
 さて、眞子様の八字ですが・・・均時差、経度差を計算しますと翌日になってしまいます。
1991年10月23日午後23時41分東京です。真正生時は翌日になってしまいますので10月24日午前0時14分前後になるでしょうか!!
八字は次のようになります。
辛未     あるいは    辛未
戊戌(土)          戊戌(土)
丙寅             丁卯
庚子             庚子   

大運:05己亥 15庚子 25辛丑 35壬寅 45癸卯 55甲辰 65乙巳・・・
  
です。さて、どちらでしょうか!!生時に忠実に計ると丁卯日干ということになりますね。陽日干の丙、あるいは陰日干の丁、違いますね。
戌月土用の火勢は弱く、月支が辰とは勢いが違います。文化的興味の高い方なので丁火かと思いますので丁火で解命してみましょう。妹宮の佳子様は以下です。丙火あって華を感じますので比較しますと眞子様は丁火かと思います。
 甲戌
 丙子
 己丑
 己巳  です。母や姉妹が良い干支となっていますね。

さて、眞子さまです。
日干丁火は戌月土用の生まれとなります。24日は二十四節気の霜降にあたりますので節には数時間ありますが丙火調候は必要かとみます。戌月土用は土は旺じているわけではありませんので一見すると土多にみえますが見かけほどの土多ではありません。ただ丁火が弱いのです。丙寅でも弱いですが・・・丁火は戊戌に洩身します。戌は燥湿中間も寒土ですので丁火は洩らします。日支卯は頼りたい印の甲木も蔵しますが、時干の庚金には剋されますし、子水は卯をさらに湿木にしています。卯は生火するには湿で火源としては弱いのです。卯中の甲は八字の戊戌を疏土開墾したいところですが、地支から天干は剋せませんので戌中戊だけは弱化させるという喜はあります。やや力不足の日支です。流は時干の庚金から子水、続いて卯木から日干丁火へ。丁火は戊戌に洩らして辛と戌中辛金の財に流通します。日干丁火は財には任じられず、印の卯木に頼るのみとなります。
よって日干弱
   格は傷官格
   用神:卯中甲
   喜神:木火
   忌神:湿土金水
   閑神:燥土 ・・・燥土もほぼ忌。
   調候:丙なし
と取ります。
 八字の財、父には任じられませんが、卯の母は唯一、頼るところです。やはり父母との縁は深く大事に育てられるという形かと推します。また世の中に出たら上司に可愛がられて引立てを得て生きていき、家庭にあっては日支配偶支は喜神ですので良い伴侶となるのでしょうか?八字は身弱財多となりますが根のない丁火で地に着いた印象ではないのですが、戊戌や庚子という剛の干支も控えていますので見かけの印象とは違ってしっかり者ではないでしょうか?
 
 さて、大運は水旺運から木旺、火旺と流れます。最初の水旺運は厳しいですが・・やはり長女ということで厳しくしつけられたのかと思います。現在は、辛丑運水旺に入ったところです。忌神運です。流年は今年の丁酉年まで木火の流年が続きましたのでそれとなく話も進んできたのかなとは思います。来年は戊戌、これも厳しいです。食傷の忌神年ですので結婚していたら出産など注意したい年ですね。次は水年が続きます。ご苦労かもしれませんね。家庭人として静かに暮らされるのが良いように感じます。旦那様の八字にも寄りますが、ぜひとも木火をもって助け合えるお相手だと良いのですが・・・

 結婚するとは・・・女性にとっては決して喜神運とは限りません。現代は女性も強くなっていますから女性主導という発想もできますが、昔、私たちの時代は女性は結婚したらそれなりに苦労が始まったものです。それまでは何の苦労もなく親の庇護のもとにいたものが、他人であった夫、その親兄弟との縁をつないでいくわけですから、良い意味でも苦労の始まりであったのです。核家族であったならそれはないかもしれませんが、夫婦二人だけですから下手すると、悪いところを見たらキリがないくらい見えてくるのではないかと想像します。かなり結婚についてマイナス思考ですが、そういったことってあると思うのです。それでも私は結婚して子供を産み、母となって母性を生かし、女性として成長していくところに価値観をおいています。いつまでも独身で親の元にいて60代になっても娘っぽい・・・まあ、いいですけど。
できたら忌神運でもお相手が喜神運なら結婚したらよいと思います。相性の良い伴侶なら喜忌は逆ですから女性は忌神運に結婚するものです。
ということになるでしょうか!!
眞子さまのお相手、TVでプロフィールを言っていましたから、わかるとは思いますが、八字を弄ってさぐるのも失礼ですね。皇室の方ですから、やんわりと行きました!!



☆長女宅に咲いたそうで、出勤前にもって来てくれました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日命(庚日干巳月火旺生まれ) | トップ | 解命にも壁あり! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (プリン)
2017-05-19 09:17:29
詩子先生こんにちは。
眞子様ご婚約、おめでたいお話ですね。
自分が忌神運でも相手が喜神運、相性のよい伴侶。
大変勉強になりました。
自分の運気ばかりに気をとられていたので、
あぁダメだ、と思うことが多かったので。
相手との相性と運気に助けられますね(^-^)
プリン様へ (詩子)
2017-05-19 19:55:23
コメント有難うございます。
親子、夫婦はお互いのエネルギー、さらには大運干支の五行も助け合うことがあります。
単純ではないですね。   詩子

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。