実践四柱推命≪詩子の推命日記≫

四柱推命に関する考察およびフリートーク

本日命(己土日干丑月土用生まれ)

2018年01月17日 20時39分56秒 | 命理
★命理
 こんばんは!!本日は丑月土用入り日です。とはいえ水強に変わりはありません。季節は春めいているとも感じられるのは今日の暖かさのせいか・・・確かに・・・冬枯れした庭の木立に注がれる太陽の日差しは確実に春のそれに近づいています。「寒中の暖」と言ったものを感じられる一日でした。
 季節が進む中で人の一年も年々速さを増すのか・・・・ふとつぶやく夫の言葉にしんみりと共感してしまいました。時間はゆっくりと流れてほしいものですが・・・
 14日の日曜日は今年最初の大阪講座日でおでかけしていました。G理論本番となった感があります。深淵に迫りつつある内容ですので皆さまもそろそろ感動もあるのではないかと想像しています。私などは何度聞いても新しい発見があるものです。講座後も和気あいあいとティータイムという流れになっていました。先に帰られた方には申し訳なかったかと・・・これも講座の楽しみではないかと思っていますので!!

さて、 本日は己酉日!
丁酉
癸丑(土)
己酉
甲戌  

 日干己土は丑月土用の生まれです。丑月土用は寒冷で卑湿の地です。水強で土は不旺の季節です。日干己土は己干用印(きかんよういん)と言われますように丙火との相性は最喜ですから丑月の調候とも重なって丙火の印を最喜神としますが命中になく湿の極みで生気に欠けるものです。扶抑は・・日干は戌中戊や丑中己土に根があるかと見えますが微根となります。丑はもともと微根ですが、戌中戊は天干の甲木に疏土されています。この時期、木勢は強いので癸水の慈木はなくても甲単独でも強いと看ます。日干は酉金に洩らし癸水に流通する食傷生財の形もありますが一方で時干の甲正官の攻勢に逢います。
よって日干弱
用神:とれず
喜神:火土
忌神:金水木
閑神:なし
調候:丙なし
となります。
本日は八字の簡単な解命のみでした。



★白いモワモワで新春用に一着は縫ったのですが生地が残っていました。グレーの暖かそうな生地と合わせて2着めを!!
こちらの方が使いやすいかも・・・!!


★米沢ニットを使ってコーディガンを制作。裏も付けたのでコートでもいけそうです。ポッケもつけました。
サイドを割って中に入っているのでちょっとみえませんね(笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日命(甲日干丑月水旺生まれ)

2018年01月13日 20時25分08秒 | 命理
こんばんは~!!
毎年、年明けには金毘羅宮に初詣しますがいつもかなり遅いです。というのもあの石段で人の群れが詰まるのが嫌いなのです。危ないですし・・・今年は雨の中、わざと行く!!と夫が言うので傘をさして石段を上がりました。悪くはないなと思いました。人もまばらで・・・


★旭社 いつもここで休憩します。本宮まであと少しなのですが・・・汗だくになります。


★金毘羅さん本宮 ここまでがたぶん785段。奥社まではまだ600段以上あるのでここでおしまい!!
 人はまばらなので写メを撮ってもらいました。

★命理
 本日は乙巳ですが乙日の解命はどこかで書いたような記憶もあるのです。で、昨日の甲辰で看てみましょう。
丁酉
癸丑(水)
甲辰
甲戌
 とします。
甲日干は丑月水旺の生まれです。甲日干は辰中乙木に微根があり時干の甲も幇となります。丑月の木勢は強く相令から相令以上となるでしょう!!丑月の木は凍土凍木で寒冷の極みですので丙火調候は必須です。月干支の癸丑は天地に透る癸水で旺令ですが寒冷ですので慈木するにはやや滞りがちですが本日命では浮木とまではならないでしょう!!始終は年支の酉を源頭に金水木と流通し、2甲木は丙火に繋がらず惜しくも日時支の辰戌の戊土へは剋の意が発生します。戌中辛金はさらに弱く剋木はなく無力な官殺です。日干甲木が任じるのは辰戌の土財のみで食傷生財の形を求めるのが最喜となり丙火の通関と調候を第一に欲します。日干強弱は強の部類です。
格は印授格
用神はとれず 
喜神は火土
忌神は水木
閑神は金
調候は丙  と取ります。

 以前に他流を学んでいたころにはありえない解命となるでしょうか!!土性支の旺衰から丑月は水旺も土用も土勢は弱いのです。土多に見えて土多に非ずです。さらに木勢の強さを感じ取って頂きたいと思います。
 木日干で丑月の水旺生まれも土用生まれも命理を学んで来られると迷路に入ってしまい理論に翻弄されてきたことと想像します。是非とも本理論で学んで頂くとより正確な事象に近づけるかと思います。




★お歳暮もののロースハムの塊が安くなっていたので買ってハムカツに!!これ、好きです(笑)!!
 他、カボチャの煮物 スルメイカの煮つけ 大根の生酢でした。他、粕汁を!!寒い外から帰ってくるので・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベル猫さん頑張るか!!

2018年01月10日 20時28分39秒 | フリートーク

※我が家のベル猫さん、少し体調を崩して痩せています。水木の五行が弱く、腎機能が衰えているのですが、木の部位は無事で肝胆に異常はありません。眼力もありますが・・・心配しています。

★フリートーク
本日は申し訳ないのですが、冗談半分、話半分以下にお読みいただけると有難い内容となります。実は我が家の長老猫のベル猫さんが体調を崩しています。昨年から気にはなっていたのですが・・・・老猫特有の症状として痩せてくる、水をよく飲む、吐く、食欲が失せる等の問題を抱えておりました。だいたい老化すると猫の場合、腎臓は必ず悪くなってくるのだそうです。
 原因は腎臓、あるいは甲状腺亢進症などがあるのです。血液検査は定期的にしているのですが、今回はわずかに腎機能が血液検査で引っかかってきました。やはり・・・腎か!!とタメ息がでますが、以前から腎疾患防止のための防止策はとってはいました。それでも嗜好性の高いフードが好きですので腎臓用のフードはプイっと横を向くのです。
 本日も獣医さんの所へ行ってきました。点滴をするほど悪くはないぞ!!というのですが「注射」はお願いしました(笑)。ベル猫さん、かなりご機嫌は悪くなりましたし、今も文句たらたらと「なあ~~ん!!」とぼやいています。
 どれ、ベル猫さんの八字をもう一度掘り起こしてみようと思います。
確か、4人兄弟姉妹の一匹で巳の刻に1っ匹、午刻に3匹生まれたはずなのです。皇室の愛子さまともお誕生日が近かったんですね!!余談です。
 辛巳
 己亥
 甲午
 己巳 あるいは庚午
おそらく性情から看て、我が家のベル猫さんは庚午だろうと思います。
 辛巳
 己亥
 甲午
 庚午

甲日干は亥月水旺の生まれです。亥の生木に頼るのみですが丙火の調候はありますが、調候大過気味で洩身大過の忌です。寅卯の根がなく残念ながら身弱の八字です。メスですけど、大人しいとは決して言えない八字ですね・・・・
幼いころから気性は激しく、短気でシャ~~っ!と怒っていましたし、束縛を酷く嫌う傾向でした。私のべたべた、ハグハグは大嫌いになり、飼い主である私をみると2メートルくらいは離れて走って通ります。このオバはんに捕まってはたまらん!!というのでしょう。2午の多動児気味な行動力は半端じゃなかったです。でも人間だったら浪費クセなのに財に汚いタイプかもしれません。猫で良かったと思います。猫に小判、豚に真珠ってところですね。
さてメスなので順行運ですからおそらく人間なら水旺運から木旺運に入って、火旺運、さては今は金旺運か・・・これじゃダメだろうなと推します。でも長寿でした・・・いえ、長寿です(現在進行中ですから)。
それでも獣医さんい言わせると「この猫ちゃんはワクチンのときくらいしかお目にかかりませんでしたね!!」と健康長寿の太鼓判のような感想ですのでしし丸君のことを思えば、幸せな猫生(人生)を送ってきたものだと思います。
今後、どれだけ寿命があるかわかりませんが、できるだけの治療は惜しまずにしてあげたいと思います。そんな傍らで娘たちは「お母さん、治療もいいけど、好きなもん食べさせてやるのがええのと違う?腎臓ケアのフードはまずいやろ!!」というご意見です。確かにマズそうでフードと睨めっこしています。
今後が思いやられる我が家ですが、猫に限らず、私も今年は嫌な戊戌年が構えています。生徒さんと万年暦を開くたびに「次のH30年の戌年は開きたくないねえ~~!」とぼやいています。夏場が思いやられます。戊午月に己未月が構えているのですから静観してやり過ごす以外にないでしょうか!!
本日は大変、お目汚しの内容でしたがご容赦頂きたいと思います。申し訳ありません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日命(戊日干丑月水旺生まれ)

2018年01月06日 20時18分16秒 | 命理

★喫茶みどりやで夫とお茶。アラーキーの写真展を観に猪熊美術館に行った帰りに一服。可愛いマカロンをお茶請けに頂戴しました。

★命理
こんばんは!!
やっと丑月水旺に入りましたね。本日は戊戌です。

丁酉
癸丑(水)
戊戌
壬戌

 戊日干は丑月水旺の生まれとなります。丑はほぼ水。厳寒の候は一にも二にも丙火と言われています。本日命、地支は2戌あって一見強くみえるものですね。丑月も土用になると土はますます弱化します。水旺であっても大した強い土とは言えません。この時期は質的に最も強いのは水。次いで木。金土火と下がって行き、グンと落ちています。ですから前回のような乙日干の水旺月であっても見かけほど木の質は弱くはないものだという認識を早く持つべきでしょう。冬の水は旺水でも凍っているから流通しない、だから甲乙は浮きもせず畏れることもないなどという妄論をきいたことがあります。そんな発想ではなくてこの時期になると木は相令以上の強さを持つからなのです。ただ浮木という判定を免れないのは水旺月の木は寒暖燥湿を問われるせいなのです。特に乙木は湿を嫌うという干の特性を無視しての解命はありえないのです。
 話がソレていましたが・・・戊にしても陽干の強さはありますが、2戌あっても見かけほどの強さはないということです。八字を解命してみましょう。
日干戊は丑月水旺の生まれも2戌に通根して団結の強さはあります。丑はほぼ水とみて、丑中己土から年支の酉金、さらに癸丑に巡る食傷生財のながれがあります。また2戌中辛金には日干戊から洩身して時干の壬水と月干の癸水の財へとこちらも食傷生財します。どちらも天干は土剋水の形で戊は旺令の壬癸水に対抗しますので減力します。年干の丁火は調候ともならず作用はほぼなく寒冷の八字は生気なく流通はあっても乏しいものです。
日干は不強不弱の範疇。それもやや弱めというところです。水財の方が強いので日干強とは取れないという判断です。
用神:やむなく戌中戊
喜神:火土
忌神:金水木
閑神:なし
調候:丙なし
と取ります。

時干支次第でガラッと変わることもあります。丙火が入るとか戊がさらに透るとかしますと変わります。
①           ②
丁酉         丁酉
癸丑(水)      癸丑(水)
戊戌         戊戌
丙辰         戊午
などとなりますと日時干支が火土で調候もあります。①は丙辰時干支。これも日干は強まりますがさらに②のほうが日干は強いでしょう!!!
と土の数値は本日命も①②も変わらないのですが配合の違いで強さは違ってくるというものです。





★奈良の柿須賀を年末に頂戴し、大事にお正月に頂きました。今日は生徒さんと一緒に!!上品なお菓子です!!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日命(乙日干子月水旺生まれ)

2018年01月03日 21時00分12秒 | 命理
★命理

初春のお慶びを申し上げます🎵
 
 今年の元旦は快晴で空気がキリッと澄んでいました。私自身はというとあまりパッとはしていないのですが・・・(苦笑)。とりあえず年末やお正月の行事はすべて終わりましたので気分は楽になりました。今日は75番札所善通寺本山に初詣し、初護摩の火が上がっているのも見えました。良いものです♪

 さて本日は乙未日です。まだ壬子月ですね~!!
丁酉
壬子
乙未
丙戌  としましょう。

 乙日干は子月水旺で相令の生まれです。乙木に寅卯の根はなく印の水の慈木に頼るのみです。ご存じのように乙と壬は相性の悪い干どうしです。乙木には癸水の慈木が良いのですがそうも行かない八字です。子月は寒冷で凍木の象ですから一にも二にも丙火の照暖を欲します。幸いにも時干に丙火があるのですが、位置が時干ですから八字全体には及ばず暖水の慈木培木とはなりません。乙と丙の良好な関係により反生の効を頼みとすることになります。地支は年支の酉金から生水してさらに壬子水が強まり未中丁火を滅火し湿土化した未と戌土に丙火は晦火晦光です。戌中辛金もあります運歳で透干しない限りは問題視はせずにおきたいかと思います。土財に関しては日干は地支に任じる責は大きく、旺水を制することもできず作用としては喜はありません。始終は年始から金水木火土と流通はしますが乙木に寅卯の根がないのが惜しく浮木となるのが最大の病です。
喜忌をとりますと・・
格:偏印格 (子月も癸分野)
日干弱
用神:やむなく丙
喜神:木
忌神:土金
閑神:水火
調候:丙

 本日は順行運での大運を計ってみましょう
第一運:癸丑 忌 水多で八字内では丙火は壬水と直接は作用しませんが大運では癸水にあたって丙困。

第二運:甲寅 喜 日干は根の運で本命にとっては喜神運。旺水を納めます。丙火が弱いの火がさらに欲しい運となります。陽干ですので土財も制されますのでこれ以上の水木は忌となります。注意は要りますかね。

第三運:乙卯 喜 前運同様もこちらのほうが穏やかに食傷生財となり財を剋することはないでしょう。流通という観点からはこちらのほうが穏やかです。

第四運:丙辰 木旺 喜 さらなる丙火で木旺なら良い流れが期待できます。
土用 平運~やや忌 2丙で洩身の忌と財に任じきれません。大運の丙火は壬水と剋戦して弱化は洩身は抑えられるのですが喜忌はあります。

第五運:丁巳 やや忌 洩身の忌となりそうなところを月干支の壬子と水火剋戦します。喜忌ありますので流年の精査必須となります。火土金水いずれも喜はなく乙木の根が欲しいのみです。

第六運:戊午 やや忌 戊は旺水の病薬も乙日干は戊の財には任じられないので乙木に根がないかぎり扶抑からは喜は期待できません。また午は調候も地支は子午冲剋して水火剋戦しますので事象に留意必須。

こうやってみますと喜の寅卯年が人生の初期に来ますので自営独立を望もうとする八字ですが人生中盤への配慮が必須となる運気です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加