色彩塾

暮らしを楽しむためのカラーコーディネートのポイント。ブログ公開カラー講座!

テーマ「大人の北欧スタイル」

2012-08-30 11:02:01 | インテリアカラー
              色彩塾 勝馬です。



今やってる現場のインテリアは、「大人の北欧スタイル」


建売ですが、自由度の高い一般住宅です。


お客様は、旦那様のイメージと奥様のイメージが違う…


旦那様は、ニューヨークスタイルのモダンなモノトーンでシャープなイメージがお好き。


奥様は、木肌も活かした温かみのあるインテリアがご希望!



ん…というわけで、スタイリッシュなイメージを残しつつ、温かみのある色と素材を選ぶ、「大人の北欧スタイル」に決定しました。


上の写真は、キッチンの面材。キッチンは、建売なので一から指定することは難しいのですが、面材はたくさんの中から選びます。


      以前やったマンションリフォームの玄関です。個性的ですが、マットな質感。紙を編みこんだ壁紙です。


こんなエンボスクロスを使うことで、立体感が出て、色に厚みが出ます。この度も、マットな風合いのクロスを選びました。

色は、高明度の緑がかったグレーを使用。テーマカラーは、 「Green」  です。


大人の北欧は、カジュアル北欧インテリアと違って、質感を大事にします。


一般的な北欧インテリアは、ニュートラルな白い空間にコントラストをつけるため、彩度の高い色をアクセントに入れていきます。
簡単に言うと、イケアなイメージ。小物でポイントつけていきますが、彩度の高さがどうしてもカジュアルに。

大人っぽさに欠けてしまう…


インテリアは、白でなきゃ!と思う方が多いけれど、白も色々で、逆にいらいらする白もあるんです。

反射率の高い色は、使い方に注意が必要。インテリアコーディネーターや設計士さんさえも、白やクリーム色の提案が多く、色にこだわりを持ち続ける専門家は正直少ない。

1つ1つにこだわりがあっても、物件全体の色彩計画は、色の本質を知らないと提案が出来ないからなのです。


その訳は、ここで説明するとブログが終わらないので、知りたい方はメールでも。



  革で巻き込んで作った1Pチェア 


  Secto Design 


   こんな北欧の照明    新作のグレーです!


     Spinning Light BH1     照明もこんなスタイルでアクセントに


                        黒のメッシュチェアなんかもありですね。 



            artek / アルテック

                        アアルトの代表作でもあるスツール


メープル色だとカジュアルになってしまいます。ここは、壁と照明に合わせてグレーを提案してみたい… (黄みがかったグレーなので調和)



さて、「大人の北欧スタイル」 どんな家に仕上がるのか楽しみです。徹底した色のこだわり。安い素材でも高級に見せることの出来る色の力。


建売住宅がどう変化するか、年明け引き渡しです。忙しくてブログのアップが出来ませんが、時間がとれたら又書きます。


どうぞ、お楽しみに…


   ■インテリアコーディネートのお問い合わせ、ご相談はこちら   ★★★





にほんブログ村 ファッションブログ コーディネートへにほんブログ村
shikisaijyukuをフォローしましょう
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 インテリアブログ インテリアコーディネートへにほんブログ村


コメント
この記事をはてなブックマークに追加