色彩塾

暮らしを楽しむためのカラーコーディネートのポイント。ブログ公開カラー講座!

『医療×カラー』の分野へ

2017-10-18 14:24:10 | 色彩塾
色彩塾です。

久しぶりのブログ。いつもサクッと
Facebookでアップするだけの時間と気持ちしかなくて、ブログまで辿り着けなかったのですが、今日は、少し真面目なお話。
長文です…



先週の日曜日に、日本抗加齢美容医療学会
で『これからの美容医療に必要なカラー …… 日本人の肌色分析とカラーの効果』という、テーマで登壇させて頂きました。
【前夜祭の様子は、長くなるので次回に】

ご縁は、私が以前書いた書籍 「使える色彩の教科書」 を会頭である皮膚科医の、野本真由美先生
に読んで頂いたこと。書店に大量に並ぶカラーの専門書から選んで下さったことが、先ず何より嬉しかった。

感想も含めて、5月にメールを頂いたことから始まりました。

野本先生は、漢方を美容医療に投入された第一人者。新潟で開業される傍ら、今春からは、銀座にも医院を開業され、毎週東京に診察にいらっしゃるという、パワフルな女性です。「オバジクリニック東京」は、アジアで初めてのオバジメソッドを使って治療する医院。
西洋医学と東洋医学をミックスさせた治療法でたくさんの書籍や講演をなさっている素晴らしい方でした。

カラーと医療を組み合わせて、もっと現場に活かしたいとのご依頼から、この度スタッフを引き連れてブースまで出させて頂きました。












皮膚科医のお仕事は、トラブルのある肌を綺麗に治療すること。

その後のメイクカラーの提案までは基本、医療機関の仕事ではなかったと思います。

しかし、綺麗になった肌に、似合わないファンデーション又、カラーコスメを塗ったらどうなるでしょうか。

減法混色により、肌はグレーに変色。

メイクをすることで、マイナス効果になってしまうのです。

日本人は、黄色人種。
基本的に黄みがかったオレンジ肌をしているはずなのですが、実はヘモグロビンとカロチンと毛細血管、メラニンの色素の混色なので、色素の偏りでオレンジの肌色は様々なオレンジに変化します。

そんな細やかな日本人の肌色を、黄色=オークルファンデーションとまとめることができません。

一見、黄色に見えても、実は深いところで赤みをたっぷり持っている肌であったり、ホルモンのバランスで黄色く見えてるだけの場合もある。

この度の講演は、日本にこだわるというテーマから、日本人の肌にこだわり、パーソナルカラーと明度の話をしっかり医療従事者の方々にお伝えしてきました。

これからの美容医療に必要だと思われる色の世界。
たくさんのご縁を頂きました。
少しずつご提案していきたいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

color+shape®︎ 東京4期 卒業

2017-10-18 14:22:44 | 色彩塾


昨日は、カラーシェイプ養成講座 東京4期の最後のクラスでした。

3年の学びを終えた、みんなの顔は清々しい。

朝から絵の具と筆記試験でグダグダの中、
採点後にディプロマを渡しました。

8人それぞれに3年間のドラマがあって、
思いが込み上げて、泣きそうに。いや、泣いた。

1人1人メッセージを語ると笑いと涙のオンパレード(笑)

1年目→訳もわからず一生懸命で前のめり。
2年目→宿題に追われる。家庭と仕事のやりくりに苦戦しながらも色の楽しさを覚える。
3年目→ようやく、私の言う言葉が理解出来て、腑に落ちる。周りからも評価され自信を持って色を楽しむ。そして、調子に乗る(笑)

そんな、苦しい楽しい時を経て、ようやく卒業。プロとして、恥ずかしくないようにファッションだけでなく、様々な色の知識と理念を伝えてきました。



色の世界は全て繋がっていて、大きな枠組みの中の1つがファッションカラー。

そこだけ知っていてもカラーコンサルティングはできない。

色の本質的な理論、デザインの知識、歴史、マーケティング…

そんな深い学び以前に、自分が色を自在に楽しむ暮らしをしていないと人にコンサルなんて出来るはずがない。
少しずつだけど、色んな色の世界を見てもらった。

このクラスは、パーソナルカラーコンサルティングの養成講座であるけれど、3年かけて、これらの色の知識を学んでいるコーディネーターたちです。

これから卒業後は、それぞれの道でカラーコンサルティングの仕事をしていきます。

まだまだ足りない知識は山盛りあるのですが、これはアウトプットしながら気付いていくタイミングで、また学び直せば良いと思っています。

私は、1年に8人しか育成しない、このカラーシェイプクラスをとても大切にしていて、何とかこのメンバーが、深く長く仕事が続けていけるように、かなりスパルタで手厚く指導してきました。

色彩塾は、体育会系の部活なので、みなさん元気で明るい人が多い。いじられると喜びます(笑)
ダメ出ししても、めげずに付いてきます。
いつもクラスは、笑いが絶えません。

そんな日常のクラスで、私は、皆さんからたくさんの元気をもらいます。

指導しながらも教えてもらう事もたくさんあります。



スタッフの植草とも、いつもそんな話をしています。植草は、人気者です(笑)

そして、昨日は最後の最後に、皆さんからのサプライズ!

事務所に合うイメージのお花とスタッフ4人の名前入りクッキーが!

可愛い… 可愛すぎる…

食べれない… (笑)

ホントに感謝しかありませんでした。

ありがとう…😊

積もる話は、いつもの「浮かれ」で。
場所を移動して、またまた盛り上がる。





ここでも叱咤激励。
最後はいつもの駅前で記念撮影。



これからの皆の活躍が楽しみでなりません!
来月からは。東京5期、大阪2期の養成が始まります。またまた、1年間。
3年目を迎えるメンバーが集まりました。

さてさて、どんな1年になるかな。
私も頑張らねば!











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『グレーの極意』

2017-05-27 12:16:51 | 色彩塾



わかりやすそうで、わかりづらい…
深くて難しい色の世界。

誰にでもわからなくていい…

わかんないだろう、そんな簡単なもんじゃない…

わかりたい人に、わかってもらえればいい…

でも、わかってほしい…

なぜなら、心が豊かになるから…

生き方が少しだけ変わって、幸せに思えるから…

そんな心のせめぎ合い。何年も戦ってきた。

スタイルブックを作ってから、少し楽になった。

誰にでもわかってほしい、わかるように伝えたいと心から願うようになった…

仲間も増えた…

歳を重ねて、まーるくなった…


『color+shape®︎ style book』 グレーについて、たっぷり書いてます。

明日発売

お申し込みはこちら ★





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年 配色クラス 募集についてのあれこれ

2017-02-19 18:07:09 | 色彩塾
明日の正午〜 5月スタートの通塾クラス。火曜日と日曜日の2クラスの募集が始まります。

通信配色クラスは、1月、2月で東京と大阪の授業は終了。

広島は3月末にスクーリングスタートです。
【まだ残席ありますので、中国地方、四国、九州、関西方面の方もぜひお申し込み下さいませ】


大阪スクーリングの写真です。色んな職業の方がいらっしゃいます。



配色理論に基づいた課題…


ファッション画も理論で。


インテリアも理論で。

あれやこれや課題がたくさん…

丁寧に「いろはのい」から指導していきますので、1年経つと知らない間に感覚が身に付いてく。

ほんの入口に立った感じでしょうか?

色彩塾は、2年〜3年の時間をかけて育成していきますので、直ぐ仕事にしたい方には向いてないと思っています。

大きな枠組みの中で、様々な色の世界を1つずつ検証しながら力を付けていきますので、時間がかかります。

そして、楽しくて苦しい…(笑)

とよく言われます。

時間をかけた分だけ、確実に定着します。
その自分で磨いたセンスは、元に戻ることはありません。

志望動機を色々聞きますが、

「今、やってる仕事に活かしたい」

「自分の力で楽しい配色を組み立てるようになりたい」

「カラーシェイプを更に落とし込みたい」

「インテリアに活かしたい」

「カラーの仕事をしているが自信がない」

「理論を一から絵の具で学びたい」

「入れなさそうなホームページの雰囲気がマニアックで、逆に入りたい(笑)」

「先生がキレイ!」 →すみません。嘘です」

「先生が面白い」 これは、よく言われます。

他にも実は色々ありまして…

「やってる皆さんがとても楽しそう」

「素敵だなと思う方のブログを辿っていくと皆さん色彩塾に通ってる」

「急に友達がキレイになった」

「カラーシェイプブティックに行きたい(笑)」→これは、どうよ?

初めまして…
で、お会いした生徒さんが、数ヶ月、一年、二年、三年…経つと、別人のように垢抜けた印象になっています。

私たちは、何もそんな垢抜け方は、教えません(笑)
背中を押す役目ではありますが、皆さんが勝手に美しく変化していくだけなのです。

つまり、毎日の日常生活の中で、色を意識して暮らしているということ。

ここが一番のツボであり、センスを磨くポイントなのです。

そこには配色の理論が必要で、色彩塾は、理論と感覚を養うクラスということになります。

試験対策講座でもなく、センスアップ講座でもない。

ひたすら色の紐を解き、分析して色の世界を皆で検証しながら、分量のバランスをとっていく課題。ファッション、メイク、インテリア、歴史、マーケティング、イメージ、食…まぁ、色々です。

すると…

検定受けても合格。センスも勝手に磨かれるという結果に。

♬ 何ということでしょう〜 ♪ (どこかで聞いた事あるフレーズだな)

見学に来た方は、お分かりかと。

そんな、長期戦の色彩塾ですが、よかったら入塾して下さい。

知らない間に力が付いていた…

というカリキュラムとなっております。

楽しいイベントも多いので、ぜひ。

但し、楽しいだけではなくて、苦しいキーワードをお忘れなく(笑)

やる気のある方の募集となります。

あと、少ない人数しか募集をしません。
ご縁あって一緒に数年お付き合いをしますので、素直で誠実な方が希望。
忙しくても言い訳をしない人。適当に宿題を仕上げない人。(バレます)
一生懸命で前のめりな方は、大歓迎です。


条件の多い募集ですが、スタッフ一同お待ちしております。

では。明日。


株式会社色彩塾 代表 勝馬ちなつ






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

25年ぶりの再会

2017-02-12 17:42:20 | 色彩塾

長文です…



昨日は、色彩塾生10名で、国立近代美術館に行ってきました。

「山田正亮展」

アートカラーを紐解く1日に。

中で所々に彼のメッセージが書いてある。

『変化は急いではいけない。そのことの期待に終わるからだ』

『完成させないことだ。というより完成は過程なのだ』


…… 納得。

私がいつも何となく感じてる事と同じ気がして、一瞬ドキっとした。

1940年代から描かれた5000点近くの作品は、感覚の世界ではなく、56冊の制作ノートを
見ただけでも、かなり理論で構成されているものだと予測できる。

ストライプの色構成。油の垂れ具合までも計算されていると書いてあった。

皆で歩きながら、色の理論を説明する。

同化と対比の違い、配色、なぜ、ここにこんな色が塗られてるんだろう…など、
分析すると2時間はあっという間。

色のシャワーを浴びた後は、お腹が空いて二階の ミクニ でランチ。

ここもまさにアートの世界。





その後、

所蔵作品を見て…




そこから、私と企画してくれた生徒と2人で汐留にあるパークホテル東京に移動。

アートフェアー開催中でホテルの部屋を解放したアートイベントに参加。





このシャガール風のお部屋に入った時に、
何かを感じて、作家さんとお話をした。安元亮祐さん。

耳の聞こえない方だったので、筆談。

…もしや、25年前に、上野の不忍画廊と広島の画廊で個展やった方じゃないか⁉️

すぐに紙にその旨を書いて伝えたら、安元さんも思い出してくれて、繋がった…


ビックリし過ぎて、思わず携帯を落としてしまった(笑)

昔を思い出して、泣きそうになりました。

私は当時24歳。大学を卒業して色の会社に勤めながら、芸大の小町谷研究室に勉強に行ってた。
【写真は、かなりバブルの匂いが(笑)】
安元さんとは、その時期に知り合いになり、画廊でお手伝いをした時に、彼の陶芸作品を購入した。



今でも我が家にある焼き物の写真と、恥ずかしい昔の写真を探して、翌日友人に頼んで知らせてもらったら、
とても喜んでくれていたらしい。

25年ぶりの再会。

こんな偶然の再会があるものなのかと、何かしらご縁を感じて、又何かご一緒出来たらと伝えてもらいました。

アート漬けの1日。

一緒に行ったアートの企画をやってる生徒とも今後の展開で盛り上がる。

またまた面白い事が起こりそうな予感がします!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

色彩塾へのお手紙

2017-01-25 07:41:05 | 色彩塾


先ほど、大阪通信2年目のデザインクラスの課題添削をしていました。

ある方の課題です。
2年間の通信クラスを終えて卒業…

と思っていたら、3年目のカラースキームクラス【これは東京のみ】に進みたいとお手紙が入っていました。

嬉しいお知らせ。

でも、数日日程が合わないので一年を大阪のスタッフのところで勉強して来年から通いたいと。
学びをストップさせたくないと書いてありました。

何とも幸せなメッセージでした。

その彼女は、大阪の小学校教員で只今産休中。

2年前の通信スタート時は妊婦さんで確か8か月くらいだった気がします。

始まってすぐに出産。

5か月後の2回目スクーリング時は、経産婦でもあったので、産後すぐに参加でお腹はスッキリ(笑)

赤ちゃんがいるので、難しいと思っていましたが、2年間ずっと続けてくださり、
カラーシェイプブティックにも参加してくれてました。

今年の生徒さんも、同じように妊婦で参加。そして、臨月予定日にスクーリング。
さすがにそこは不参加にして、出産。
1か月後の他都市スクーリングに振り替えて来てくれました。

数年前も、途中妊娠判明。つわり→安定期で卒業。その後、無事に出産…
したにも関わらず、次の大変なクラスに【大阪カラーシェイプ養成】進むという
名古屋の生徒を思い出した(笑)

私は、『来なくていいから!』と何度も言いましたが、仲間と一緒にコーディネーターになりたいと
言って毎月受講。日帰りの時もあったような。

特に強烈に覚えてるのは、家族に大阪に来てもらって、オッパイをやってたこと。
彼女の熱量に感動しました。今では笑い話になってます。


まだまだありますが、それぞれにドラマがあります。
ここには書けない、辛い出来事があった方もいるんですよ。


そんな人がたくさんいて、ビックリしてます。

通信クラスは、年に2回、合計4日間のスクーリングでしかお会い出来ないので、2年間だと8日間しか
生徒さんとお会い出来ないのがとても残念。

なので、毎月ラブレターのようなお手紙のやりとりをするわけです。

そのお手紙の内容は、様々。

課題に苦労した事や気になる色の話、ファッションのことやインテリアのことなど、色の気づきを
お手紙に託してくれます。

私たちも丁寧に添削して、その人宛にお手紙を書きます。

文通してる親友、時には彼氏のような…(笑)

毎月、そのお手紙を読んで幸せな気持ちになります。

それと、今はフェイスブックという便利なSNSもあるため、課題も写真で送れたり、メッセージの
やりとりが簡単に出来るため、毎月会ってるかのような気持ちにもなり、部活並みに盛り上がります。

そんな色彩塾の通信クラス。

今週末から東京スタート。 →【若干名】 

2月5日、6日は大阪クラス →キャンセルが出ました【残2名】


3月25日、26日は、広島クラス →募集中

職種は様々。目的のある方でも、そうでない方でも、これからの人生を彩りあるものにしてもらうために、
熱く丁寧にお伝えしています。

やる気のある方は、ぜひ!

お申し込みはこちらです ★


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年の色彩塾スタート

2017-01-21 00:08:24 | 色彩塾
先日のカラーデザイン火曜日クラス。

2年間の授業を終え、最後はインテリアの
イメージを考えて、そこに合わせたお花のコーディネートで卒業。

長いようで、あっという間の2年間。

最後のプレゼンは、何だかとても寂しい気持ちになりました。



知識を記憶するというものではなく、色感覚を磨く色彩塾のカリキュラムは、短期間で身につくものではありません。

個人差はあれど、最低2年は何度も何度も繰り返し、理論を感覚でアウトプットできるまで訓練していきます。
ネイティヴに使いこなすためには、時間が必要というわけです。

ここで火曜日クラスは、卒業が3名。残りの方は、更に1年間、次のステップに進みます。

カラーシェイプクラス、カラースキームクラス、カラーシェイプアカデミーとそれぞれ専門コースに分かれ、
ここからカラーを仕事にし、自在に操れるようになるためのクラスです。
【カラースキームクラスは、プロ養成ではなく、自分軸で暮らしをコーディネート出来るようにするためのもの】

昔から「石の上にも三年」とよく言ったものです。何をやるにも最低3年の下積みは必要だと思っています。

そこで確認出来ることがたくさんあるからです。良くも悪くも、何かの気付きが必ずある。
そして、色彩塾は、3年やれば知らない間に感覚は驚くほど磨かれています。
知識も検定一級レベルは、身体に染み付いているためクリア出来ます。【先日も合格の報告を受けました】

最近は、直ぐに結果を出したがる人が多い気がします。学んだことを直ぐにアウトプットしてビジネスにしてしまう。
それも才能と言えばそうかもしれません。今の時代の在り方かもしれません。
しかし、きっと長続きはしない。
また、そんな人たちを簡単に数日で育成する素晴らしいビジネスモデルがあったりする。

テクニックだけ学んでも、応用は出来ない。引き出しが少ないため、だんだん飽きられる。誤魔化せなくなる。
地道に誠実に力を付けてきた人の方が、ずっとずっと生き残っていける色の世界です。

ビジネスの世界では、費用対効果と言う言葉をよく耳にします。感性で勝負するこの世界には、何となく
この言葉が当てはまらない気がしています。何となくです…

時代と逆行するアナログ色彩塾ですが、これからも少人数制は変わらず、長期戦で育成して参ります。

そして、確実に力を付けて送り出したいと思っています。

来月には5月スタートの配色クラス 募集。
今月からは、地方の方へ向けて、通信クラスのスクーリングスタート。【東京、大阪、広島】
今年も新たなる方たちとの出会い、スタッフ一同楽しみでなりません。

通塾に興味のある方は、一度見学にいらして下さっても。昨年も、今期希望の方が、既に見学に来られています。

目的がはっきりとある方は、アドバイスが出来るかと思います。そうでない方も、一から丁寧にお話させて頂きます。

お問い合わせはこちら

1日も早く、衣食住のカラースタイルが世の中に確立出来るように、企業へ向けた色彩提案と、個人へ向けては、
カラーシェイプコンサルティング。そして、何より色彩塾生を全力でバックアップしていきます。
2017年の想いを熱く語ってしまいました……      
                           おわり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

講座のご案内

2016-12-25 22:33:43 | 色彩塾



色彩塾の配色講座は、お忙しい方に向けての通信クラスと毎年5月開講の通塾クラスがあります。

3年前からスタートした通信クラスは、様々な地方や海外からの参加もあり、SNS・メール等で様々な情報交換をしながら
通塾と変わらないレベルで講座を行っています。

北海道から、宮城県・新潟県・長野県・静岡県・福井県…  西は関西圏の大阪・奈良県・京都・兵庫県の神戸・姫路など。
中国地方の広島・岡山・山口・島根県。 九州の福岡県… 四国地方は高知県から。
海外組は、シンガポールから3名・台湾1名…
東京でも、お仕事で毎月通えない参加者が多数。関東だと東京・千葉・埼玉・栃木・茨城県から。
いろんな所からご参加頂いています。

目的は様々で、今関わっているお仕事に活かしたい方から、自分自身のスキルアップのためという方と色々です。

色のない世界はないので、配色の力が身に付けば、どんな分野にも活かすことができます。

逆に言うと、他と差別化していくことも可能であるという事。

時間がかかるというか、時間をかけて身に付けていく事がとても大事な世界です。

知識だけでなく、感覚を身に付けるための時間です。どんな方でも必ず色を操れるようになります。

1年間のうち、最初の2日間、そして途中5か月後の2日間。計4日間のスクーリング授業に参加してもらうことが必須です。
なぜなら、そこで基本をみっちり集中的に理解してもらうためです。

このスクーリングが、実はとても楽しく盛り上がります。初めて会うはずなのに、ずっと前から一緒だったような錯覚に(笑)
それほど、濃く深い授業内容です。


通信クラスは年に2度しかお会いできない分、細やかに丁寧に…  半分直して送り返すという添削方法。

  

これは、後半戦の課題です。配色理論を落とし込んだファッション画の課題です。 

   同じデザインでも印象が変わりますね。

   一人一人添削します。

コラージュもあったり、

スクーリングでは、細かく分析したり… 


  検証したりと。


そんな、基本を学ぶ 「配色クラス」

ただいま、通信クラス募集中。大阪クラスは満席。

東京・広島クラスは、まだお席があります。

通塾クラスは、2月中旬~募集開始。

お申し込みはこちら ★


皆様にお会いできるのを楽しみにしています。


株式会社色彩塾 代表取締役 勝馬ちなつ
スタッフ一同














コメント
この記事をはてなブックマークに追加

color+shape® style book vol.2 発売

2016-12-17 00:00:47 | 色彩塾
『カーキに想いを込めて』



半年前の暑い夏から準備を始めていた「color+shape® style book」 12月20日 発売です。


前回の「ベージュ」は、イメージに寄り添ったスタイルブックでしたが、今回の「カーキ」は、ページ数を増やし
色彩テキストにもなる濃い内容となっています。

カーキの持つあいまいな色相・トーンのイメージを細やかに解説しました。

カーキ=黄色  明度・彩度による印象の違い

コーディネートの力にきっと驚かれると思います。

色の世界は、衣食住。 こちらも、1冊目と同様に、充実したものとなりました。

私からのメッセージがみなさんの暮らしを彩る1ページになれば、とても嬉しいなと。

一人でも多くの方に、知ってそうで知られていない、深い色の世界を体験して頂きたいと思っています。

スタッフ5名で作り上げた渾身の1冊です。

ご注文、お待ちしています。


12月18日(日)ホームページにて、ご注文受付開始。20日の発売日から順次発送いたします。

A5版 80ページ 本体価格1,800円(税別)

※書店での取り扱いはございません。
※発送時に振り込み先、送料等のご案内を同封いたします。(送料は冊数により異なります)
※年内発送は12月25日受付分までとなります。年明け6日より発送を再開いたします。
ご注文はこちらから → 

株式会社色彩塾 代表取締役 勝馬ちなつ
カラーシェイプ スタッフ一同
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年度 色彩塾通信配色クラス 明日 募集開始

2016-11-14 22:47:57 | 色彩塾



色彩塾です。

color+shape®ブティックも大盛況に終わり、ご予約頂いた60名の方の笑顔に出会えて
とても幸せな2日間でした。
皆様、ありがとうございました。

先ほど、みんなで、お客様に差し入れして頂いた美味しい大福と美味なマカロンで
コーヒーブレイクのあと解散。
明日は早速、通常のクラスがあるので、ブティックの打ち上げはおあずけ…

私は、一人事務所で寂しく仕事というわけです。

さてさて。

明日の午後~2017年度の通信class 募集開始です。 PM12時~

東京・大阪・広島クラス 3都市 同時募集  各15名

詳しくは  こちら  



毎年、たくさんの方にお申込み頂いております。
スクーリングでお会いできるのを楽しみにお待ちしてますね。

おまけ…
  
 ブティック当日、スタッフが撮ってくれた写真。

真面目な写真がなく、唯一まともな写真があったので1枚。
私と講師の植草です。
通信担当講師の中辻は、中で必死に働いていたので写真がありませんが、
配色クラスのメイン添削は中辻が担当します。

では、明日。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カラー シェイプコンサルについて

2016-10-27 08:41:02 | 色彩塾


今日、次男は古文の試験。
朝からお相手していました。 ♬奥山に~ 秋は悲しき~♪百人一首より


毎度、カラーシェイプコンサルの時に思ふ。(笑)
生き方なんて、そんな急に変われないし、カラーコンサルなんぞで、人生簡単に変えてはいけないと思うのだけど、
コンサル後のお客様の目は、明らかに違う。肩の力が抜けて、イキイキして帰っていく。

つまり、私たちは、お客様のやる気スイッチを入れてあげることは出来てるようです。




「初めまして…」

最初は、当然、緊張されてるご様子。

「毎日、何をされてますか?」

「どんな色がお好みですか?」

「何かお困りの事はありますか?」

他、色々な日常をお聞きします。

最後にとても大事な質問…

「これから先、どんな色やスタイルに挑戦したいですか?」

『好き』を大事にしてほしいから、得意なゾーンでなくても、必ずや似合わせる提案をしたいと思っています。

クリアかなーと思っても、お話ししながら内面が見え隠れする印象と、なりたい方向かどうかを検証して、スモーキーとお伝えすることも。

診断ではなく、コンサルティングだから。

話をしながらどんどんイメージが湧いてきます。

色彩学の勉強をして頂いて、お客様が色相、明度、彩度のどの位置に立っているのかを見ていきます。

軽くメイクを仕上げたら…


「色を重ねる」


この、色を組み立る時間から、お客様の表情に変化が生まれる。

「きれい〜!」

「この色でもいいんだ」

「こんなに沢山の色を着れるなんて…」

「イエローベースなのにブルーベースでもいいんですか⁈」

「苦手もこうしたら着れるのですね。」

「以前、どこかの診断で似合わないと言われた色が捨てられなかった理由がわかりました!」


似合う色に縛られすぎて、おしゃれを楽しめなくなった方が沢山いて、苦しくて涙を流すお客様もいます。

黄色い肌のブルーベースが多いこと多いこと…(ちゃんと理由があります)

私たちのコンサルティングは、そんなお客様の呪縛から自由になってもらって、人生を彩りあるものにしてもらうためのお手伝いだと考えています。

共に考える。お仕着せではなく、お客様の好きを色彩学の力で組み立てる配色計画。これが 『カラーシェイプ color+shape®』 なのです。

お客様に一人歩きをしてもらいたいから、しっかり学びに時間をかけます。

宿題を出します。

後日、又ご報告を頂きます。

もっと知りたくなるみたいなので、たくさんの方が、色彩塾に学びに来られます。

知れば知るほど、学びの深い、寄り添ったコンサルです。

ぜひ、一度受けてみる価値ありですよ。

お近くのカラーシェイプコーディネーターもご紹介できますので、お問い合わせください http://shikisaijyuku.com

イベントお申し込みはこちら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イメージトレーニング

2016-10-15 23:42:34 | 色彩塾


色彩塾のインテリアフリークラス。

生徒さんの作品ですが、かれこれ4年やってるかな。

1級建築士さんですが、イメージを線に落とし込むお仕事です。

言葉や絵にすることは、ちょっと苦手な分野らしく、ずっと通ってくれています。

今回のテーマは、 「トーンドミナント」

色のコーディネートは全てベースはドミナントだと思っています。

色相・明度・彩度のいづれかがドミナント出来ていれば、全体の調和は取れる。

後は足し算や引き算です。

詳しくは、色彩塾で(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

建築カラーの専門家を育成

2016-10-12 20:59:59 | 色彩塾
今日は、東京カラーシェイプアカデミーの1日でした。

実践編に入り、イメージトレーニングをしていますが、今日はミックススタイル。

ナチュラル×カジュアルやモダンといった
カラースキームを絵の具で作りました。

生徒は、建築士やインテリアコーディネーターですが、知っているようで知らなかった深い色の世界にかなり苦戦しています。

アウトプットの作業はまだまだ。
先は長いです。

色彩塾は、体育会系で(笑)、指導中は「その彩度じゃないっ!」なんていうと「はいっ!先輩がんばります!」みたいな
返事が返ってきます。

私が手直して色を作ると「先輩あざーすっ」みたいな声がどこからか聞こえてくる。(笑)

苦しい部活のようですが、とても楽しいですし、相当な力が付きますよ。




来年2月にカラーシェイプアカデミーの二期生の説明会と、勉強会を行います。

また、詳しく日時が決まりましたらアップします。《東京、大阪にて》

興味のある方は、お問い合わせ下さい!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

色彩塾 通信講座

2016-10-09 16:22:06 | 色彩塾


通信講座も3年経ち、東京・大阪・広島と2年目のデザインクラスを入れると59名。

毎月の添削は結構大変です。

今もカラーデザインクラス通信の添削中。

半分直したり、バランスを見ながら手書きで1つずつ書き込んでいきます。

ラブレターのようなやりとりも、結構楽しく、ドキドキしながらお手紙を読みます。

色彩塾は、かなりアナログ。

今の時代だからこそ、丁寧に1人ずつに指導していく。

そのおかげか、脱落者殆どなし。【3年間で2人】

引き上げます(笑)

レベルはとても高く、通塾と変わらない。

もしかすると、通塾より伸び率高いかも?(笑)とさえ思う仕上がりです。







こうやって、自分でピアスを貼りつけられるようにしてくる生徒さんも(笑)

皆、それぞれ工夫して提出してくれます。

遠いところだとシンガポール。北海道、福岡まで。

ありがたいなーといつも感謝。

今年は、11月頭から募集開始します。

詳しくは、またアップします!


もう一踏ん張り。暗くなる前に、がんばろ!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

color+shape®︎ style book メイキング

2016-09-30 18:30:00 | 色彩塾


今日は、メンバー全員揃っての打ち合わせ。

stylebook秋冬の写真決め。

夏に撮影した写真のレイアウトを皆で考えてみました。



といっても、私は隣に居ただけで、
他の仕事に頭を悩ませていました。

スタッフ4人で、あれこれプランニング。

とても頼もしい限り。とても真剣でしたよ。

チラッとメイキング写真を(笑)

カメラ担当のmakiが暇さえあれば、
カシャカシャやってる…

「ヤバッ!」 「可愛い〜!」

1人でブツブツ言いながら、いつも楽しい
風景を撮影してくれます。

たくさん大変な事はあれど、プロセスを
楽しめるメンバーでホントに良かったなと心から喜べる1日となりました。

少しずつ進化しているstylebookです。

coming soon…


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加