色彩塾

暮らしを楽しむためのカラーコーディネートのポイント。ブログ公開カラー講座!

カラーシェイプブディック明日オープン

2016-06-16 22:07:21 | 色々
カラーシェイプブディック。大阪に続き、東京は、明日からスタートです。



先程、搬入が終わりました。

色々なコーディネートが楽しめるアイテムが揃って、賑やかなディスプレイになりました。


2日間で60名のお客様からご予約を頂いております。

お客様に、担当コーディネーターが付き、カラーシェイプシステムを使って、トータルで配色計画をしていきます。

トップス&ボトム.バックやサンダルに、小物を合わせる。

最後に…アクセで仕上げ(笑)

好きと似合うが違う事も。
そんな時は、好きを似合わせていく提案をします。

又、似合うだけでまとめると何故か垢抜けない印象になります。

時代は、ミックス。

どのタイプも分量を考えて混ぜていく。

似合わない色を敢えて足す。

この混ぜ方のさじ加減が、カラーシェイプコーディネーターの腕の見せ所となるわけです。

実は、色彩学がベースになっています。






明日は、雨も止むみたいで本当によかった。

皆様の笑顔が何よりの励みになります。

カラーコンサルブディックのスタートです!















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

掲載のご案内

2016-06-10 12:41:17 | 色々
色彩塾です。

6月6日発売の『週刊現代』に色の特集記事が掲載されております。

8ページにわたる内容は、色の効果。

ビジネスの世界だけでなく、暮らしの中にある、色のお話をさせていただきました。

取材依頼があった時、『週刊現代⁈』


まさか……


袋とじだったら…


(笑) ないない。あるわけない。


正直、病院の待合室でしか読んだことのない雑誌だったので、ターゲットもあまりわからず、よくよく、担当のライターさんに聞くとビジネスマン40代~引退された70代までの男性ターゲット。

確かに…

旬なビジネス、経済の話から、ちょっと恥ずかしい写真(笑)まで、幅広く書いてるもんだなと。

私は、色の特集記事での依頼で、とてもわかりやすく書いて下さっておりますので、
よかったら立ち読みでもなさってくださいませ。


袋とじではないので…

ご期待に添えず、申し訳ございません(笑)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スタイルブックへの想い…

2016-06-01 11:23:11 | 色彩塾
長文です…


夏の終わりから準備を始めて、半年。
ようやく 2016年 5月27日 、皆様にお披露目することができました。

「color+shape style book 2016 Spring&Summer」 

 


私たちの想いが詰まった1冊です。


この本は、色彩塾の新しい試みで、きっかけは授業中でした。

「最近、読みたい本がないよね~」クラスで盛り上がった時の話。 

今まで、いくつかの雑誌やムック本に携わり、昨年はカラービジネスの本を著者として出版。

それぞれに依頼のテーマは様々。これまで20年間やってきた色の世界を表現してきました。

毎回、編集チームにも恵まれ、関わった仕事は、仕上がりも素晴らしい本でしたが、
テーマを絞った本になります。クライアントがいる場合、コンセプトが明確にあるからです。

その頂いたお題で構築し、記事を書き、スタイリングをし、(それが仕事)
ですから、自由に作りこんだり、書き上げることは出来ません。


いつか、衣食住すべてのカテゴリーを1冊にまとめた、学びのある、好きなテイストのスタイル本が
作れたらと考えていました。

生徒さんからも懇願されて、調子に乗って…(直ぐにその気になる)


世の中にないのならば、色彩塾が自らクライアントになって作るしかない!(面白いことへの執着は半端ない)


「先生、予算は?」


「あ、ないけど…(笑) 何とかなる」というか、「何とかする!」 (後先考えずに、見切発車)


「編集スタッフ誰かやってくれないかなー」と授業中、ぐるりと歩いて探してみると…


あっ!見つけた…(笑)  いい~いい~。いるじゃない(笑)

とても優秀なメンバーです。

     

■某大手出版社の女性誌で、20年ライターをやっていた生徒。

■現役デザイナーで、入稿用のデーターをイラレで制作できる生徒。

■スタッフ植草は、コピーが書ける。言葉の紡ぎ方がとてもステキ。



あとは、写真撮影かと考えていたら…

いたいた(笑)
  
■写真好きで、自らアート本を作ってる元スタッフ。構図のセンスとバランスはとてもステキ。

■あ、わたしも…  

全員、絵の具の混色からスタートし、色彩塾のカリキュラムを終了した生徒です。

素晴らしいメンバーが揃って、夏から企画会議が始まりました。

コンセプトを決めるのに時間がかかりました。何でも出来ると絞り込めないものです。

コーディネートの準備から、撮影、色彩理論への落とし込み。デザイン、コピー、営業まで。

すべて、自社で自由に出来るわけです。


時間はかかりましたが、ようやく衣食住のライフスタイルと配色の学びもある、とてもシンプルな1冊に仕上がりました。

何度も何度もやり直し、加え、そぎ落とし、長い長い時間をかけて作った本です。

色の再現には妥協できないので、印刷もFMスクリーニングという、細かいドットの印刷技法(なかなか都内にない)で、
4色印刷。オンデマンドではありません。










川崎の高津区にある日本プロセス株式会社のカラーマイスター流石氏に依頼。

最終の色校は、工場まで行き、現場の方と 


  そろそろ、ご予約頂いた方はお手元に届いている頃かなと。
                     
学びの延長線上にあるこのスタイルブックは、アートの香りのする1冊に仕上がっていると思います。



今回の第一弾は、かなりイメージに寄った内容で、「読者に想像してもらいたい」というコンセプト。

初回は、皆様にそれぞれの想いで読んで頂きたいと、言葉もかなり、そぎ落としています。

毎回隠れカラーとして、ベーシックカラーについて語っています。

今回は、「ベージュ」。ベージュはこうやって作られる。


次回は、カーキ色がコンセプト。【予定】  配色の組み立ても秋冬は多くなりそうです。

第二弾は、人にフォーカスしたものやもっと色彩の学びを深めるそして、遊びがあるといった内容となって
おりますので、秋冬号も楽しみにしていてください。


ご希望の方は、色彩塾のHPの注文フォームから  ★

こちらから、お申込み下さいませ。


  A5版 56ページ(color)¥1,500(税別)  <郵送の場合は1冊180円の送料がかかります>

「color+shape® style book」 創刊
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『赤を食べる』

2016-05-17 09:04:07 | 色々

色カフェの予約を開始しました。


今回のテーマは『赤』

赤の食材や、赤を活かしたカラーコーディネートの器たち。

食事に合わせた配色は、『中差色相配色』に仕上げました。

オリエンタルな和と洋のコラボで、スタイリッシュに。

前回は、土もの陶器だったので、今回は、染付の有田や白磁の磁器と漆を組み立てました。



7月3日(日)・4日 (月)

1回目 AM10時半~12時半
2回目 PM1時~3時

5000円(税別)

定員 各回10名


お申し込みは、こちら ★


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

若者を育成する目的

2016-05-09 09:14:43 | 色々
まだまだ寒い2月に、色彩塾のカラーコーディネーターたちを引き連れて、講演依頼のあった会場に向かった。


理系女子学生団体リケチェン"> 理系女子学生団体リケチェン</f">理系女子学生団体リケチェン




先日の打ち上げの時に、東京理科大三年の代表であった海東さんに色と科学の可能性を聞いてみた。

こんなに若いのに、しっかりした意見を大人の私に丁寧に話してくれた。

色の世界は、深くて楽しい。

業界問わず、とても大事なツール。

若い子達に囲まれて、色の重要性を話し、新しい分野に活かしてもらいたいと叱咤激励した。

20年後に、自分の研究に色を使って日本を変えて欲しい。

豊かな色彩環境を作り出してほしい。


今後は、20代限定。
これから就職活動を迎える学生や今から
力を付けたい若者たちのクラスを作るコトを約束して帰ってきた。




可愛くて賢い。理系女子の女の子たちのエネルギーと可能性を感じた瞬間でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加