SHIKIBUさんのブログ 別館

iPhoneアプリ開発者のSHIKIBUさんが、歴史・文化・オカルトその他の雑学をいろいろ呟きます

【お笑い軍事②】日本兵A『あの船「おいらん」みたいやでw』日本兵B『ホンマや「おいらん」やww』【第三図南丸】

2017-07-16 01:20:41 | 歴史

0110

📱iPhone用ゲームアプリ(iOS6.0以上)

(担当S)

前回『【お笑い軍事①】ドナルド・キーン「日本語で…」米軍将校「Σ(゚Д゚)ファッ!!(※パニック発生中)」【キスカ島作戦】』の記事はコチラから  

 戦争の話題なので本当は”お笑い”と言う単語をつけるのは慎むべきなのでしょうが、第二次大戦中に活躍した第三図南丸と言う輸送船が笑ってしまう程の強運の持ち主だったので、今回はこのタイトルで紹介する事にします。
 

1)お、おいらん船?
イメージ 10
📱iPhone用ゲームアプリ(iOS6.0以上)
 今回紹介する第三図南丸と言う輸送船には「おいらん船」と言うニックネームがついていたのですけど、このニックネームを聞いて上の画像の様な奴が大量に乗っていた船だと思われた方がいるかもしれませんが…

 もちろん違います!(キッパリ)

 第三図南丸にはいわゆる「普通の人」しか乗っていませんでした(当然ですが…)。
 しかし何故、こんなニックネームが付いたかと言うと、通常では考えられない程の強運に第三図南丸が恵まれていたからです。
 
 
 
2)第三図南丸はこんな船!
イメージ 11
📱iPhone用ゲームアプリ(iOS6.0以上)
 詳しい事については某百科事典に譲るとして(※本記事を全て読んでから某百科事典を見る事を推奨)、第三図南丸は戦前に作られた総トン数19,209トンを誇る巨大な船で、戦争が起こる前は捕鯨船として活躍していました。
 しかしアメリカとの戦争が起こる直前に、輸送船が不足している事に気がついた海軍によって徴用され、以後は南方方面へ石油や物資を輸送する任務につきます。
 

 
3)絶体絶命!米潜水艦「ティノサ」の魚雷攻撃を受ける!!
イメージ 12
📱iPhone用ゲームアプリ(iOS6.0以上)
 輸送船として海軍に徴用された第三図南丸は、アメリカの潜水艦がウヨウヨしている南方の海域に何度も赴く事になるのですが、ついに命運が尽きる時がきます(アレ?強運の船って話は何処に…)。
 昭和18年(1943年)7月24日、輸送任務中に米潜水艦「ティノサ(※姿形については上の画像を参照)」に発見され合計15本の魚雷攻撃を受けてしまいます。
 12本の魚雷が第三図南丸に命中し、もはやこれまで…と思われました。
 しかし当時のアメリカ軍の魚雷は性能が非常に悪く、命中した12本の魚雷の内なんと10本が不発!
 2本は辛うじて爆発したものの、スクリューに被害を与えただけで第三図南丸を撃沈させるには至りませんでした(こんだけ魚雷が当たってるのに沈められないなんて、米軍の潜水艦の艦長は地団駄踏んで悔しがったでしょうね!w)。
 当時の第三図南丸の船員の証言によると「船体に魚雷がぶつかるゴツンゴツンと言う音が鳴り響いて生きた心地がしませんでしたが、幸い命中した魚雷は殆ど爆発しませんでした」との事です。
 撃沈は免れたもののスクリューをやられてしまった為に自力航行ができなくなったので、やむえず海軍の船にトラック島まで引っ張ってもらったのですが、トラック島に到着した第三図南丸の哀れな姿を見て日本の兵士たちは…

 声を上げて笑いましたw

 どうしてかと言うと、不発だった魚雷が何本も第三図南丸の船体に突き刺さっており、その姿があまりにも滑稽だったからです。
 ある兵士たちは、そんな第三図南丸の姿を見て…

>日本兵A『なぁなぁ、あの船をみてみぃ』
>日本兵B『なんや、この忙しい時に!』
>日本兵A『あの船「おいらん」みたいやでw』
>日本兵B『ホンマや「おいらん」やww』

 …と言う会話をしたかどうかは定かではありませんが、魚雷が何本も突き刺さった姿があたかもかんざしを挿した「おいらん」のようだったので、以後この第三図南丸は「おいらん船」と言うニックネームで呼ばれる事になります。
 4ヶ月後の昭和18年(1943年)11月にスクリューの修理を終え輸送任務に復帰しますが、昭和19年(1944年)2月17日のトラック島空爆で不運にも爆弾が当たってしまい、強運を誇った流石の第三図南丸も遂に沈没の憂き目に遭ってしまいます。
 ダメージはそれほど深刻ではなかったようなのですが、敗色が濃厚になりつつあった当時の日本軍には沖から引き上げて修理するだけの余裕がなく、第三図南丸はそのままトラック島沖に放置されてしまいます。
 

 
4)戦後にまさかの大復活を遂げる!
イメージ 13
📱iPhone用ゲームアプリ(iOS6.0以上)
 画質が悪くて申し訳ないのですが、トラック島沖で沈没したはずの第三図南丸はどうした訳か上のカラー画像の様に、終戦後に大復活を遂げます。
 第三図南丸は爆撃を受けて沈没したものの、それほど深刻なダメージを被っていた訳ではなかったので、昭和26年(1951年)に日本水産(現:ニッスイ)の意向により引き上げ作業が行われ、修理が施され後、同年10月17日に捕鯨船として現役復帰を果たします。
 第三図南丸には姉貴分になる図南丸と第二図南丸がいたのですが、両船とも戦没していたので現役復帰した第三図南丸は名前から"第三"が外されて、単なる図南丸として余生を送る事になります。
 「もはや戦後ではない」と言われていた時代の最後に当たる昭和46年(1971年)に、第三図南丸改め図南丸は退役して天寿を全うしますが、同じ時期に戦役に就いた殆どの輸送船が戦没をしている事を考えると、戦後の長きに渡って活躍した第三図南丸(※後に図南丸と改称)は非常に幸運に恵まれた船だったと言えるでしょう。
 
 
 
   
+++++アプリの宣伝です+++++
イメージ 4
 5月1日よりAppStoreから配信となりました、カラフルなサイコロが印象的なアクションパズルゲーム「ダイスポップ」。
 ゲームのジャンル的には落ちもの系ゲーム(いわゆる、落ちげー)になります。
 指一本で遊べるとても簡単な操作性ながら、ぷよぷよの様な「連鎖反応消し」等のテクニックも使えます。
 興味のある方は下記のリンクからどうぞ。



 [gooブログ] 【お笑い軍事②】日本兵A『あの船「おいらん」みたいやでw』日本兵B『ホンマや「おいらん」やww』【第三図南丸】
   CODE 0110
『オセアニア』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ゲテモノ】納豆や梅干しだけで... | トップ | 【嫌煙】『「タバコは人権侵... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。