SHIKIBUさんのブログ 別館

iPhoneアプリ開発者のSHIKIBUさんが、歴史・文化・オカルトその他の雑学をいろいろ呟きます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゲームアプリのレビューサイトがもうダメかもしれん、と言う話

2017-07-02 17:55:47 | IT雑記

3649

  iPhone用ゲームアプリ(iOS6.0以上)

(担当S)

  

 我がSHIKIBUオートメーションが5月からAppStore / iTunesStoreで新たに公開を始めたiPhone用ゲームアプリ5本・3種類の中で、3種類全てがこちらから願いした訳でもないのにアプリレビューサイト(アプリゲットさんとアップライブラリーさん)で取り上げられて紹介されました。
 有り難いと言えば有り難い話です。アプリレビューサイトに頭を下げてレビューを書いてもらっている人や企業が存在している中で、向こうが勝手にこちらのアプリを発見してレビューまで書いて宣伝してくれている訳ですから。
 ちなみに、なんで新たに公開したゲームアプリの内訳が5本・3種類なんて言う意味不明な内訳になっているかと言うと、内2本は同じアプリの有料版と無料版で、別の内2本は全く同じゲームシステムを採用している殆ど同一内容のアプリだからです(※全く同じゲームシステムを採用しているその2本のアプリはイモとタマゴ!!」と「ハゲにハンマー!と言うアプリなのですが、どうしてそんな事になったかについてはコチラの記事をご覧下さい)。
 さて話を本題に戻しますが、こう言うアプリレビューサイトにアプリを取り上げてもらったら、ダウンロード数が増えても良さそうな気がするのですが、どれだけダウンロード数が伸びたかと言うと実は全く何の変化もありませんでした。
 去年、ISUTAさん(※当時はtechjoと言う名前でした)に「カビ・ウィルス速報!」と言うアプリを取り上げてもらった時には、ダウンロード数が瞬間的にパンと跳ね上がったのですが、今回はアプリゲットさんとアップライブラリーさんと二つのアプリレビューサイトに取り上げてもらったのにも関わらず、ダウンロード数はほぼ横ばい状態でした(全く増えてません)。
 特に木寸田だ!」と言うアプリは、今回リリースした新規ゲームアプリの中では唯一、アプリゲットさんとアップライブラリーさんと両方のサイトで紹介されたのですが、それでもダウンロード数はさっぱり伸びませんでした。
 ここで私は断言します。昔と違ってアプリレビューサイトは、もう何の影響力も持っていないのだと。
 取り上げてもらったゲームアプリ全てが所謂「カジュアルゲーム」だったので、それが原因でダウンロード数が全く伸びなかった可能性もありますが、でもそれだとアプリレビューサイトの存在意義がありません。
 店をたたむアプリレビューサイトが最近ふえていると言う話も耳にしますが、スマホが現れたばかりの頃と違って、レビューサイトで新作アプリをチェックして自分のスマホにアプリを落としているユーザーは、今ではかなりの少数派のような気がします。
 肝心のレビュー内容についても、思わず「?」となってしまう様なレビューも散見されますしねぇ…
 自社製アプリをこう言うサイトでレビューして頂くのは有り難いことなので、あまり文句は言いたくはないんですが「ダイスポップ(※当ブログでしつこく宣伝しているアプリです)」をアプリゲットさんでレビューしてもらった時には、「ホンマにこのアプリをちゃんと使って(遊んで)からレビューを書いたんか…」と声に出して言いたくなったほど間違ったゲームの遊び方やルールが紹介されていたので、かなり焦りました。
 そんなトホホなレビュー内容でありながらアプリに対する総評が「遊び方がワンパターン」だったのは、少しムッとしましたが。
 正しいゲームの遊び方やルールを理解した上でのこの評価なら文句を言いませんが、間違ったゲームの遊び方やルールを紹介しておいてこの評価はないと思います。
 それで今回、最新作である「イモとタマゴ!!」と言うゲームアプリをまたアプリゲットさんが取り上げてくれたのですが、なんの因果かダイスポップ(※当ブログでしつこく宣伝しているアプリです)」のレビューを書いたのと同じ人物がまたレビューアーを担当してました。
 この段階で、既に何か嫌な予感がしますねぇ…
 このイモとタマゴ!!」と言うアプリは、紆余曲折があったものの今年の記録的なジャガイモ不足をヒントにして作られたゲームアプリで、多くの人が当然このジャガイモ不足の事を知っているものだと思っていました。
 ネット上でも「ジャガイモ不足でポテトチップスが生産休止」とか「ジャガイモ不足の影響でポテトチップス〇〇味の販売終了」と言うニュースが何度も繰り返し流れされているので、まさか知らない奴がいるいるわけないだろうと思っていました…アプリゲットさんのレビューを見るまでは…
イメージ 2
 これがその証拠画像なんですが、赤く丸している辺りにご注目下さい。
 「2017年の日本は記録的なジャガイモの不作に見舞われているので」と言う文章のすぐ後の、赤い丸で囲っている部分に「(実際はどうかは不明)」ってハッキリと書かれていますよね…って、オイ!(笑)。
 もちろんネタですよねコレって?
 まさか本気で知らなくて、こんな事を書いてる訳じゃないですよね?
 カルビーのポテトチップス・フレンチサラダ味なんかはジャガイモ不足の影響で販売終了に追い込まれてしまいましたし、それくらいジャガイモ不足が深刻なのに、これをネタでなく本気で書いているのなら、ちょっとヤバイと思います。
 コンビニでポテトチップスを買うときとかでも、フレンチサラダ味のような販売終了で店頭から消えてしまったポテトチップスの〇〇味は結構あるので「あれ変だな?」って気がつくと思うのですが(例えジャガイモ不足のニュースを知らなくても)、もしかしてコンビニやスーパーで全く買い物とかをしない人だったりするんでしょうか?(※「こち亀」の中川みたいな奴だったらありえます)。
 ネタだとしても、こう言う分かり辛いネタはやめておいた方がいいと思います。「ニュースとか新聞とか見てへんのとちゃうかコイツ?」と勘違いされますから。
 この人が以前書いた「ダイスポップ(※当ブログでしつこく宣伝しているアプリです)レビューが酷かったので、「え〜、またコイツ(※失礼!)かぁ…」と心配しましたが、今回のレビューは意外にマトモでした。
 しかしジャガイモの不作に対する認識については、(もしネタでなければ)ツッコミを入れざるえません。
 ちょっと話が飛びますが、世の中に幾つか存在するアプリレビューサイトには、例えばISUTAさん(※以前、「カビ・ウィルス速報!」を紹介して頂いたサイトです)のようなアプリの紹介だけに拘らず色んな話題をざっくばらんに扱っているサイトなどもありますが、殆どのアプリレビューサイトは特定分野のアプリ(例えばゲームアプリだけとか)の紹介にだけ特化しており、それ以外の情報は殆ど扱いません。
 こう言う余りにも特化しすぎたアプリレビューサイトって、昔と違って今はウケが悪いと思うんですよね。
 世の中の動きに連動した記事とかをある程度盛り込んでいかないと、今時のスマホユーザーは振り向いてくれません。
 そういう世の中の動きに連動した記事を書こうと思えば、当然世の中の動きに敏感な人材が必要とされますが、(ネタで無く本当に)今年のジャガイモ不足を知らないような人では、そう言う記事を書くのは難しいでしょう。
 スマートフォンが一部のマニアのオモチャから脱却し、ITの事なんて殆ど何も知らない大勢の普通の人が所持するようになって一般化が進んだ事から、かつてのアプリレビューにだけ特化したサイトはどんどん淘汰されていっています。
 ここで何かテコ入れをしていかないと、今後もアプリレビューサイトの淘汰は止まらないでしょう。
 
  
  
+++++アプリの宣伝です+++++
イメージ 4
 5月1日よりAppStoreから配信となりました、カラフルなサイコロが印象的なアクションパズルゲーム「ダイスポップ」。
 ゲームのジャンル的には落ちもの系ゲーム(いわゆる、落ちげー)になります。
 指一本で遊べるとても簡単な操作性ながら、ぷよぷよの様な「連鎖反応消し」等のテクニックも使えます。
 興味のある方は下記のリンクからどうぞ。



 [gooブログ] ゲームアプリのレビューサイトがもうダメかもしれん、と言う話
   CODE 3649
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« AppStoreのブースト行為(不正... | トップ | 「共謀罪」可決は数の暴力な... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

IT雑記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。