SHIKIBUさんのブログ 別館

iPhoneアプリ開発者のSHIKIBUさんが、歴史・文化・オカルトその他の雑学をいろいろ呟きます

愛媛の大洲城を勝手に応援するブログ!

2017-06-12 06:42:08 | 日本の文化を勝手に応援!
1633
  iPhone用ゲームアプリ(iOS6.0以上)

(担当S)
  
 私、担当Sは生まれは東京で育ちは大阪と、全く愛媛とは縁もゆかりも無い人間なのですが、2004年(平成16年)に再建された大洲城をかなり気に入っています。
 大洲城は木造復元天守閣(※三重櫓などは除く)としては全国で二番目であり、残っていた設計図などからかなり忠実に再現されたお陰で、往時の姿を現在に伝えています。
 この大洲城の最大の魅力は何と言っても、その立地!
 大阪にも「大阪城」と言うコンクリートで作られたフェイク城がありますけど、都会のど真ん中に建っている事から、往時の姿を想像するなんて事は全くできません。
 ※大阪城の名誉の為にフォローしておきますが、大阪城は復元天守の先駆け的存在(日本初)であり、再建当時(1931年)まだ珍しかった鉄骨鉄筋コンクリート構造を惜しげもなく採用し、日本の近代建築史に残るマイルストーン的存在ですが、正直いって私はあんまり好きではありません…
 しかし大洲城は周囲に邪魔なビル等が一切なく、江戸時代の佇まいが容易に想像できます。
イメージ 1
 まず一枚目の写真ですが、21世紀になって再建されたお城とは思えないほど、江戸時代の雰囲気を今に伝えています。
 この写真では見切れていますが、実は左の方にコンクリート造りの現代的なデザインの橋があって、せっかくの雰囲気をぶち壊しにしているのですが、まさか城の雰囲気にあわせて橋を架け替えろと言う訳にも訳にもいかず、大目に見るしかありません(←って、随分えらそうな言い方やな…反省!)。
 現代建築で主流の直線基調の簡素なデザインは、ル・コルビジェがその走りですけど、ハッキリ言ってあんまり好きになれないんですよねぇ…現代建築って…
 その点、この大洲城は誰もが頭の中で想像するような「日本のお城」を見事、具現化しています。
 とにかく城の周囲に邪魔な建物がないので、どの角度から見ても大洲城が一番大きく目立って見えます。
 大阪ビジネスパーク(OBP)のすぐ隣に建っている大阪城とは比較になりません(高層ビルと一緒に建つお城と言うのも、絵的にはある意味面白いと言えば面白いのですが…)。
 大洲城は花火がよく合うお城でもあります。ネットで大洲城の画像を検索しても花火と一緒に写っている写真が多いですし、当記事の見出しにも花火を背景にした大洲城の写真を使わせてもらってます。
 最後にもう一枚、花火を背景にした大洲城の写真を紹介して本記事の締めとさせて頂きます(つづく…かも?)。
イメージ 2






++++アプリの宣伝です+++++
イメージ 3
 5月1日よりAppStoreから配信となりました、カラフルなサイコロが印象的なアクションパズルゲーム「ダイスポップ」。
 ゲームのジャンル的には落ちもの系ゲーム(いわゆる、落ちげー)になります。
 指一本で遊べるとても簡単な操作性ながら、ぷよぷよの様な「連鎖反応消し」等のテクニックも使えます。
 興味のある方は下記のリンクからどうぞ。



 [gooブログ]愛媛の大洲城を勝手に応援するブログ!

 
 
『愛媛県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神戸アニメストリートは何故... | トップ | アップデート申請したiPhone... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。