SHIKIBUさんのブログ 別館

iPhoneアプリ開発者のSHIKIBUさんが、歴史・文化・オカルトその他の雑学をいろいろ呟きます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【1月1日は】かつて暦(こよみ)は神聖なものだった?暦(こよみ)に関する意外な雑学【既に過ぎておりますが…】

2017-01-26 07:34:34 | 歴史

4658

  iPhone用ゲームアプリ(iOS6.0以上)

(担当S)

 
■「1月1日 = 1年の始めの日」に決めたのは誰?
[写真]シーザーの彫像
 西洋式のカレンダーを導入している国は1月1日を1年の始まりの日にしていますけど、よくよく考えたらこれは不思議な話です。
 もっとあったかい季節、例えば春先を1年の始まりの日に制定して1月1日にしても良かった訳ですし、欧米なんかの入学シーズンに当たる秋口を1年の始まりの日に制定しても良かった訳です。
 これを現在の真冬の最中の1月1日を新しい年のスタートとして定めたのは、かの有名なローマの英雄、ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)でした。
 当時のローマでは「ヌマ暦」と言う暦(こよみ)が使われていたのですけど、様々な諸事情により、実際の季節と暦(こよみ)の上での季節の間に、大きなズレが生じていました。
 これを何とかしようと思ったユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)は、古代エジプトの暦(こよみ)を参考にして、1年を365日、閏年は4年に1回と言う、現在の我々が知るカレンダーに近い暦(こよみ)を作りだします。
 紀元前45年に、ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)が作った暦(こよみ)がローマの新しい暦(こよみ)として正式に採用されますが、真冬の最中の寒い日を新しい年のスタートにした(※つまり1月1日の事)のは、この時でした。
 その後、1,600年以上も西洋ではこの暦(こよみ)が使われる事になりますが、ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)が作ったことから「ユリウス暦」と言う名前が付いています。
 
 
■現在のカレンダーを作りだしたのは、ローマ法皇だった?
[写真]グレゴリオ13世
 ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)が作った「ユリウス暦」は、当時としては精度の高い暦(こよみ)だったのですが、流石に1,600年近くも使うと実際の季節と、暦(こよみ)の上での季節の間に僅かなズレが生じて来ました。
 どうしてズレが生じてしまったかと言うと、「ユリウス暦」での1年の長さが365.25日だったの対して、実際の1年の長さは365.24219日だからです。
 ほんの僅かの差ですが、この僅かな差が1,600年も蓄積されると、当時のカレンダーでの春分の日が、実際の春分が起こる日よりも10日も後にズレてしまいました。
 キリスト教では春分の日を、重大な祭日である復活祭の日に定めているので、こんなにズレては一大事です。
 そこで16世紀後半にローマン・カトリックの法皇であるグレゴリオ13世が、当時の天文学者らの意見を聞き入れながら現在のカレンダーの基となる「グレゴリオ歴」を制定します。
 先に紹介した「ユリウス歴」もそうなんですが、暦(こよみ)には時の最高権力者や神職の最高位に就く者が大きく関わっています。
 
 
■東洋での暦(こよみ)と権力者の関係
[写真]水運儀象台
 これまでの話で、西洋では暦(こよみ)と権力者や宗教の間には切っても切れない関係がありましたけど、東洋ではどうだったのでしょうか?
 実は東洋でも、事情は似たようなモノでした。
 古代中国の王朝は日食などの天体現象を不吉なものと捉えていて、日食の正確な予測を行う事が重要視されていたのですが、なんとかして日食の予測を行おうと色々と試行錯誤した結果、西洋とは異なる独自の高度な暦{こよみ)の知識が蓄積されていきました。
 既に三国時代の3世紀頃には「景初暦(けいしょれき)」と言う暦(こよみ)を使って、高度な日食予報を行っていました。
 更に時代が下って11世紀になると、世界初の天文時計まで作りだして天体の動きを監視するようになります。
 10世紀から12世紀にかけて栄えた宋王朝(北宋)は、首都の開封(かいほう)の宮殿に「水運儀象台」と呼ばれる巨大な天文時計を設置し、夜な夜な天体観測を行っていました。
 天文時計である「水運儀象台」は、当時の天文学の知識では予測できなかった彗星(※当時は「妖星」と呼んでいた)の出現をいち早く知る為に、非常に有効に使われていたと言われています。
 当時の人々は、彗星の出現は何か不吉な事が起こる前兆だと信じていたので、宮殿での天体観測で発見された彗星が、政治にも悪影響を与えていると判断された場合には、元号を「改元」して厄払いをしていました(※ハレー彗星が出現した1097年に宋の王朝内で政治的混乱があった事から、その翌年に元号が 紹聖→元符 へ「改元」される)。
 ちなみに中国では、清王朝が倒れる1911年まで、暦(こよみ)には日本のような元号が使われていました。
 中国の王朝では、皇帝は天の命を受け国を治めているとされていたので、その天(と言うか神様)に最も近い皇帝だけが、「改元」などの暦(こよみ)を変える特権を持っていました。
 
 
■それでは、日本における暦(こよみ)の立ち位置は?
[写真]神嘗祭での今上帝
 日本の暦(こよみ)は、飛鳥時代に遣隋使・遣唐使を派遣して、古代中国の知識や文化を吸収した事から、当時の中国文化の影響を強く受けています。
 平安時代から江戸時代初期まで、823年もの長きに渡って日本で使われた暦(こよみ)である「宣明暦(せんみょうれき)」は、中国から輸入されたものでした。
 江戸時代に入ると「宣明暦(せんみょうれき)」に、実際の季節変化と比べて2日ほどのズレが生じていたので、時の徳川幕府が「天文方」と言う役所を設けて改暦を行おうとしますが、当時の日本では、暦(こよみ)の改暦は朝廷のみが許されていた神聖不可侵な分野だったので、迂闊には手が出せませんでした。
 そこで徳川幕府は、1685年に「貞享暦(じょうきょうれき)」へと改暦した際に、この神聖不可侵な分野に幕府が触れていると思われないようにアレやコレやと手を打って、朝廷に対してとても気を使ったと言う記録が残されています。
 明治の文明開化が起こるまで、暦(こよみ)については天皇陛下が持つ大権の一つとされてきました。
 元号に関しては今でも天皇陛下と宮内庁が決める特権を持っていますが、明治以前は何か良くないことが起こると度々、元号が変えられてきました。
 今とは違って元号に一世一元の制約がなかったので、例えば夜空に不吉な事の前兆とされる彗星が現れたりしたら、今上帝が在命していても厄払いの為に元号を変えたりしていました。
 989年のハレー彗星大接近の時は、"妖星"(※彗星の事)が現れたと言う理由から、元号が永延から永祚へ改められています。
 古来より日本には、天照大神や月読命(つくよみ)などの神話にもあるように太陽神信仰があったので、太陽や月などの天体の運行から割り出される暦(こよみ)について、"権利の方"は天照大神の子孫とされる皇室が、"知識の方"は朝廷の陰陽師が、それぞれ独占していました。
 権利と知識を独占したと言っても、正確な暦(こよみ)の知識は稲作などの農業に対して必要不可欠なモノだったので、知識の出し惜しみをせずに農民達をサポートしました。そのせいか、今でも皇室は稲作と深いつながりがあります。
 毎年、神嘗祭で天皇陛下が初穂を天照大神に奉納するのも、この辺りの歴史的経緯と無関係ではないでしょう。
 昔は今とは違って、下々の民はカレンダーとかを持っていませんでしたから、当然、暦(こよみ)の知識なんかも持っていませんでした。
 そこに暦(こよみ)に対する深い知識を持ち、田植えの時期を正確に把握している権力者が現れたら、まるで神様のように敬われたとしても不思議ではありません。
 戦前から戦争中にかけて天皇陛下の別称として使用され、戦争が終わってからは「軍国主義を連想させる」として忌避されるようになってしまった「現人神(あらひとがみ)」と言う言葉も、ひょっとしたら現代人が考えるほど深い意味なんかはなくて、古代の農民達が田植えの時期を教えてくれる、とても有り難い朝廷の最高権力者への感謝の気持ちから「現人神(あらひとがみ)」と呼んでいただけなのかもしれません。
 そもそも「現人神(あらひとがみ)」と言う呼称は、その昔は神霊と一体化したとされる神官などにも使われる事があり、天皇陛下だけが特別扱いされて、そう呼ばれた訳じゃないんですけどね…
 
 
 
++++アプリの宣伝です+++++
イメージ 3
 昨年11月3日よりAppStoreから配信となりましたアクションパズルゲーム「バルーン クラッシュ」です。
 ゲームのジャンル的には落ちものゲーム(いわゆる、落ちげー)になります。
 他の落ちものゲームと同様、ルールは単純ですが意外にハマります。
 興味のある方は下記のリンクからどうぞ。


 [gooブログ]【1月1日は】かつて暦(こよみ)は神聖なものだった?暦(こよみ)に関する意外な雑学【既に過ぎておりますが…】
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風船のゲームを作ったので、... | トップ | 【トホホ世界偉人列伝!】「なん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事