SHIKIBUさんのブログ 別館

iPhoneアプリ開発者のSHIKIBUさんが、歴史・文化・オカルトその他の雑学をいろいろ呟きます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【科学】『もうすぐ「1kg」が変わりそう』の何故?

2017-07-16 01:20:26 | 気になるニュースに二言三言

4343

📱iPhone用ゲームアプリ(iOS6.0以上)

(担当S)
 

 最近「1kgの定義が変わるかもしれない!」って言うショッキングなニュースが報道されましたが、殆どの人は何の事やら意味が分からないと思います。
 ぶっちゃけて言うと「1kgの定義」が変わっても、私たちの生活には何の影響もありません(笑)。
 体重50kgの人が30kgになってしまようような劇的な変化はないので、ダイエットをしている人でそんな事を密かに期待していた人には残念ですが、そう言う事は起こりません。
 そもそも「1kgの定義」が決められたのは18世紀末の1795年。この時の定義は「1リットルの水の重さを1kgとする」というものでした。
 しかし、その後の科学の進歩によって、同じ1リットルの水でも温度によって重くなったり軽くなったりする事が判ったので、新たにプラチナの塊に10%のイリジウムと言う希少金属を混ぜ込んだ「国際キログラム原器」と言うものを作って、1889年にこの「国際キログラム原器」の重さを1kgと定義しなおしました。
 科学に疎い人にとっては正に「なんのこっちゃの世界」ですが、先述した「1リットルの水の重さ」とこの「国際キログラム原器」の重さは殆ど同一です。ただし精度に関して「国際キログラム原器」の方が遥かに上ですが。
 「国際キログラム原器」は、その後100年以上ものあいだ「1kgの定義」の基準となるモノサシとして使われてきましたが、この「国際キログラム原器」は表面にホコリになどが吸着する事によって毎年1マイクログラムづつのペースで重くなってしまう事が知られています。
 1マイクログラムと言うのも科学に疎い人には全く理解できない単位でしょうが、噛み砕いて言うと1円玉を均等に1000個の破片に分解して、その破片の一つを更に均等に1000個の破片に分解したら、その分解された破片の一つの重さは丁度1マイクログラムになります(※判り易いとは言えない表現でスンマセン m(_ _)m )。
 この1マイクログラムの重さと言うのは有って無い様な重さなのですが、最先端の工学や物理学、あるいは製薬などの分野では、この程度の重さの差も無視できない場合があるので、来年(2018年)から新しい「1kgの基準」が採用される事となりました。
 現在もっとも最有力視されているのは、電磁気力を応用して間接的に「1kgの基準」を定義する手法ですが、一般の人には難解すぎる話なので、新しい定義の詳細については割愛させて頂きます。
 一つだけ大きな声で言えるのは、「1kgの基準」の定義が変わっても、私たちの生活には何の影響もないと言う事です。 
 
  
 
+++++アプリの宣伝です+++++
イメージ 4
 5月1日よりAppStoreから配信となりました、カラフルなサイコロが印象的なアクションパズルゲーム「ダイスポップ」。
 ゲームのジャンル的には落ちもの系ゲーム(いわゆる、落ちげー)になります。
 指一本で遊べるとても簡単な操作性ながら、ぷよぷよの様な「連鎖反応消し」等のテクニックも使えます。
 興味のある方は下記のリンクからどうぞ。



 [gooブログ] 【科学】『もうすぐ「1kg」が変わりそう』の何故?
   CODE 4343
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【キツネ】ロシアの研究で生... | トップ | 中世に世界2位の高さを誇って... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

気になるニュースに二言三言」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。