SHIKIBUさんのブログ 別館

iPhoneアプリ開発者のSHIKIBUさんが、歴史・文化・オカルトその他の雑学をいろいろ呟きます

【宇宙人大図鑑②】アメリカ人のベティ・アンドレアソンさんが遭遇した宇宙人!【第2回】

2017-07-16 01:20:53 | 宇宙人大図鑑

5919

📱iPhone用ゲームアプリ(iOS6.0以上)

(担当S)

<前回   次回>

 以前、世界各地で目撃された宇宙人をユーモラスに紹介したサイトがあったのですが、残念ながら閉鎖されてしまい現在では見る事ができません。
 仕方が無いので、そのサイトと似た様な「宇宙人大図鑑」を個人的に作ってみようと決めました。
 ちなみに事件の真偽などについては、この「宇宙人大図鑑」では特に問題にしません(※宇宙人の目撃談なんかに真偽もク●もあったもんじゃないですから…笑)。

■ベティ・アンドレアソン事件
 1967年1月25日に米マサチューセッツ州サウス・アッシュバーナムで起きたとされる宇宙人との接近遭遇事件。

これが目撃された宇宙人だ!(※米国人有志が描いたと思われるCG)
イメージ 10
📱iPhone用ゲームアプリ(iOS6.0以上)
 地球に訪れている宇宙人で最も有名だと思われる”グレイ”君が、また何かイラン事をやらかしてまいました。
 今度はアメリカの片田舎の町「サウス・アッシュバーナム」と言う場所でです。
 でも今回あらわれた”グレイ”君は一味も二味も違うんです!。なんと閉じてるドアを幽霊のようにすり抜けて民家に侵入してきたんです。
 『普通に扉を開けて入って来ればエエやん、お前ら科学力が凄いからドアに施錠してあっても鍵くらい簡単に開けられるやろ?』と思わんでもないですが、こんな事をやられてしまってはアルソックのホームセキュリティなんかも無意味ですね!(笑)。
 
 
 
これが実際の目撃者によるスケッチだ!
イメージ 11
📱iPhone用ゲームアプリ(iOS6.0以上)
 今回はハッキリ言わせてもらいます…

 この下手くそ!w

 …と(笑)。
 でもカーテンなんかは結構細かく描いてあって、作者の拘りを感じます。しかし米国人有志が描いたCGとは細かい所がかなり異なります。
 このスケッチを描いたのは目撃者であるベティ・アンドレアソン婦人と言う人なんですけど、このベティさんが描いたスケッチでは"グレイ"君は西洋貴族なんかがつけてる”タスキ”を着用している事になっていますが、有志が描いたCGではバッサリカットされています。
 妙に欧米人的なファッションセンスをしている”グレイ”君との遭遇事件であることからリアリティに欠ける為に、事件の様子をCGとして描きなおした米国人有志は、目撃者のスケッチから”タスキ”なんて言うリアリティの欠片のないものはバッサリ排除したかったのでしょうけど、この事件のリアリティが欠ける部分は何もそこだけじゃないんです。
 なんと証言そのものが極度にウソくさいと言う、身も蓋もないほどに信ぴょう性が乏しい事件なんです。
 当「宇宙人大図鑑」としては、事件の真偽については特に問題にしないつもりでいますけど、それでも「絶対にウソやろコレw」と思わず突っ込みを入れたくなるほどに証言内容が酷い!(笑)。
 事件の詳細については「ベティ・アンドレアソン事件」と言う検索ワードでググって欲しいですが、「流石にコレはないやろ…」と言いたくなる証言の数々を目の当たりにして、頭痛を覚える人がいるかもしれません(笑)。

   
  
+++++アプリの宣伝です+++++
イメージ 4
 5月1日よりAppStoreから配信となりました、カラフルなサイコロが印象的なアクションパズルゲーム「ダイスポップ」。
 ゲームのジャンル的には落ちもの系ゲーム(いわゆる、落ちげー)になります。
 指一本で遊べるとても簡単な操作性ながら、ぷよぷよの様な「連鎖反応消し」等のテクニックも使えます。
 興味のある方は下記のリンクからどうぞ。



 [gooブログ]【宇宙人大図鑑②】アメリカ人のベティ・アンドレアソンさんが遭遇した宇宙人!【第2回】
   CODE 5919
『スピリチュアル』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【フェイクか?】ネットで見... | トップ | 【謎の廃墟】関西に点在する... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。