SHIKIBUさんのブログ 別館

iPhoneアプリ開発者のSHIKIBUさんが、歴史・文化・オカルトその他の雑学をいろいろ呟きます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

政治家に必要とされる資質とは何か?

2017-06-14 10:47:29 | 政治色ゼロの政治論

5934

  iPhone用ゲームアプリ(iOS6.0以上)

(担当S)

 世の中には政治に関するブログは沢山ありますけど、その殆ど全てが特定の政治家や政治団体を応援するものか、あるいは逆に特定の政治家や政治団体を批判したり攻撃したりするものばかりです。
 そう言うブログに需要があるのは否定しませんが、公共性の高そうなブログやホームページでやたら政治的な事を書いているのを見かけると、私自身はかなり引いてしまいます。
 ここで言う公共性の高そうなブログやホームページが何なのかと言うと、例えば我がSHIKIBUオートメーションは自社謹製のiPhoneアプリのサポートURLとして指定しているブログがありますが、そう言うサポートや相談窓口を目的としたブログあるいはホームページの事を指しています。
 もちろん個人の日記として書いている様なブログでは、何を書くのもそのブログ管理者の自由ですが、iPhoneアプリのサポートURLと指定しているブログとかホームページで、政治的な事を書くのは私個人の意見としてはやめておいた方がいいと思います。
 そう言うサポート目的のブログやホームページは、例え個人が管理しているブログやホームページであってもユーザーにとっては唯一のネット上のお客様相談窓口である場合が多く、そう言うブログやホームページで「●●党の■■はケシカラン!」とやってしまうのは、相談目的で訪れたユーザーがビックリしてしまいますし迷惑な事でもあります。
 昔から「営業マンがやってはいけない三つのタブー」と言うものがありますが、そのタブーの一つに「政治の話題」と言うのがあって、だいたい政治の話題に触れるとロクな事はありません。
 例えば●●党と言う政党を熱烈に支持しているお客さんに対して、その事実を知らずに世間話のつもりで「テレビでもやってますが、●●党の■■って人はホント、ロクデモナイ人間ですね」なんて事をうっかり言ってしまうと、契約を切られたり次から商品を買ってくれなくなったりする恐れがあります。
 当ブログでも再三「このブログは政治色ゼロがモットーですよ」と言い続けているのは、ブログを書いてる目的の一つがSHIKIBUオートメーション謹製のiPhoneアプリの宣伝だったりするからです。
 しかしこっちが幾ら政治色ゼロを目指していても、妙に政治色を漂わせたコメントをしてくる人がたまにいます。
 最近も【オスプレイ先生が】旅客機なのに危険すぎ!!シャレにならない欠陥機5選【顔面蒼白】」と言う記事に対して「オスプレイは軍用機でよく落ちるから一番怖い!」と巷に流布している「オスプレイ危険論」を根拠に、やたらと感情的なコメントを投稿してきた人がいましたが、こう言うのが一番困るんです。
 控えめに言っても政治的中立を守ろうと言う姿勢が全く見えないテレビ局が流している、一種のデマゴーグを真に受けてこう言う事をコメントされると、当ブログの政治色ゼロ・政治的に中立と言うモットーが壊されかねません。
 ※放送法でテレビ局は政治的に中立である事が求められていますが、日本のテレビに限っては殆ど守られていないと言っていいと思います。
 そこで私、担当Sが政治についてどう言う考えを持っているのかを、ハッキリ表明する場を設けた方がいいのではないかと思いました。
 もちろん政治色ゼロと言うモットーは守りながら。
 余談が長くなりすぎたので早速本題に入りますが、私、担当Sが考える「政治家に必要とされる資質」は何なのかと言うと、ズバリ自分を支援してくれた団体や自治体に対して利益をもたらす事です。
 例えば奈良県の地方議員の方が大阪府の利益の為に政治活動をする事は考えられませんが、それは当たり前の話で、奈良県の地方議員の方は奈良県の利益の為に、大阪府の地方議員の方は大阪府の利益の為に政治活動を行うのが普通です。
 政治家が、自分を支援してくれた団体や自治体に対して利益をもたらすような政治活動を行うのは当然の事ですし、それが出来て初めてその政治家は政治家の資質があると言えると私自身は見做します。
 こう言う問いの答えに「汚職をしない」とか「女性スキャンダルがない」とかって答える人が沢山いると思いますけど、汚職をせず女性スキャンダルがなくても、自分を支援してくれた団体や自治体に対して何の利益をもたらす事ができなければ、その政治家は政治家としての存在意義が全くありません(すくなくとも私自身はそう考えます)。
 そもそも政治の世界ってそんなにキレイなものではありません。汚職や女性スキャンダルを決して良しとはしませんが、政治家なら袖の下をもらったり妾の一人や二人いるのはある意味当然だと思っています。
 汚職や女性スキャンダルばかりで、自分を支援してくれた団体や自治体に対して何の利益ももたらさない政治家はサイテーですが、多少汚職や女性スキャンダルが目立っても、自分に票を入れてくれた選挙民の為に必死に奔走して結果も出している政治家なら、そんなに目くじらを立てずに認めてやってもいいじゃないかと私は思います。
 もちろん汚職や女性スキャンダルがなく、しかも結果も出せる政治家と言うのが一番の理想ですが、政界と言うダーティーな世界でそんな理想的な政治家ばっかりを追い求めていたら、政治家をやれる人なんて一人もいなくなってしまいます。
 私にとっては芸能人のスキャンダルも政治家のスキャンダルも、そのスキャンダルとしての質に大した差はないと思っていますが、どうした訳か「政治家は清廉潔白でなければいけない」と言う考え方があまりに強すぎて、政治家のスキャンダルは過剰に叩かれる傾向にあります。
 現在、もっともマスコミなどに叩かれている政治家はアメリカのトランプ大統領だと思いますが、トランプ氏が唱える「アメリカン・ファースト(アメリカの国益が最優先)」は、政治家ならある意味、当然のモノの考え方です。
 「トランプはアメリカの利益しか考えていない!」と憤慨している人が結構いますが、アメリカ国民から選出されてアメリカ人の税金から大統領報酬が支払われているアメリカ大統領が(※ただしトランプ氏は大統領報酬を貰う事を拒否していますが)、アメリカの利益の為に外交や政治を行うのは当たり前以前の話であって、憤慨する様な話ではないと思います。
 まぁ、トランプ氏は何かと失言の多い人ですから、個人的にトランプ氏が嫌いだと言う人は結構いるでしょうし、生理的に受け付けないと言う人もいると思います。そういう個人の好き嫌いに関しては、私はとやかく言うつもりはありません。
 しかしアメリカの利益ばかりを考えてるからトランプ氏はケシカランと言うのは、少し違うと思います。
 政治家なら自分を支援してくれた団体、自分に票を入れてくれた選挙区や選挙民、そして自分を選んでくれた国民の為に政治活動を行うのが、政治家にとって何よりも重要な資質であると私自身が考えているからです。


  
+++++アプリの宣伝です+++++
イメージ 4
 5月1日よりAppStoreから配信となりました、カラフルなサイコロが印象的なアクションパズルゲーム「ダイスポップ」。
 ゲームのジャンル的には落ちもの系ゲーム(いわゆる、落ちげー)になります。
 指一本で遊べるとても簡単な操作性ながら、ぷよぷよの様な「連鎖反応消し」等のテクニックも使えます。
 興味のある方は下記のリンクからどうぞ。



 [gooブログ] 奈良の玉置神社を勝手に応援するブログ!
   CODE 5934
コメント
この記事をはてなブックマークに追加