社会不安障害:SAD、ボランティアとセカンドライフ

SADの悪化で、1年間休職し、その後会社に復帰した。病気、定年後の生活とボランティアについて気ままに掲載中

宮部みゆき『希望荘』

2016-10-12 11:16:39 | 趣味(読書)

宮部みゆき氏の最新作『希望荘』を読んだ。杉村三郎シリーズ『誰か』『名もなき毒』『ペテロの葬列』に続く、作品だ。『ペテロの葬列』を読んだ時に、今多コンツェルン会長の娘と離婚し、グループからも離れた杉村三郎はその後どうなるのだろう?探偵をやっているのだろうか?次回作を期待したい(既に発表されている?)。と感想を掲載したが、まさにその後の話であり、4つの短編の集まりだ。

 

この四つの短編集の中の『砂男』に、その後の話と探偵事務所を開くようになった経緯が書かれている。更に最後の『二重身』では、最初に借りて開いたオンボロ事務所が、東日本大震災で倒壊し、大家さんの家に間借りして、そこで大家さんの三男冬馬(自称トニー)と会うが、このトニーがまるで杉村三郎の助手みたいになっているのが、なかなか面白い。トニーは美大生のフーテンなのだが……

いづれにしても、どの短編も面白くて、さらっと読める作品だ。そしてトニーが加わった事で、更に続きに来たいできる気がする。

なお、杉村三郎シリーズのTVドラマでは、小泉 孝太郎が演じていたが、この『希望荘』の表紙イラストの杉村三郎のイメージが大変合っている気がした。服装やのほほーんして頼りなさそうなイメージが……

希望荘

書 籍:『希望荘』
著 者:宮部みゆき
発行日:2016年6月25日初刊
発行者:菅原朝也
発行所:株式会社小学館
価 格:1,750円(税別)

希望荘の帯1
希望荘の帯2
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日経ビジネスのコラム『小田... | トップ | ASUS Chromebit CS10を購入した »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL