理屈っぽい人の話。

時事に関してのコメント他。

あしながは国内の子ども達への支援に徹しなよ。

2017年04月21日 12時14分35秒 | あしなが(賛否両論を自分で調べて下さい)
追記:これはあくまで個人の意見を述べているブログです。立場によって物の見方は変わりますので、あしながについて考える際は、賛否両論をご自身で調べたうえで判断してください。


yahoo!ニュースから
「あしなが募金、ピンチ 5年で全国4割減、人手不足響く(茨城新聞クロスアイ)」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000005-ibaraki-l08


かつて筆者もあしなが募金の使途について、疑問を呈した。
書いてから数年たってから、突然注目されるようになり、現在でもかなりの人があしなが関連の記事を読みに来ているようだ。

いくつか記事を載せたが、その中にこんなニュアンスの事を書いた。
「多くの人たちは自分の寄付金が、そのまま子ども達の奨学金として使われることを望んでおり、アフリカに支援したりハコモノを作ることを望んでいないだろう」

これについては、コメントの中に「根拠がない」という批判があった。
おおよそ間違ったことは言っていないと思っていたが、大規模な統計をとったわけではないので、実際に多くの人たちはどんなことを感じているのかは少々気になっていた。なので、このニュースのコメント欄を読んでみた。

やっぱりアフリカ支援について賛意を示しているコメントはごくわずかだね。

批判をした人からすれば、ヤフコメの意見を根拠にするなと言われそうだが、700件を超えるコメントのほとんどが奨学金以外の使途に批判的だったのだから、統計の数字的にはそこそこ満たしているんじゃないかと思う。なにせマスコミのアンケート結果だって多くてせいぜい2000人程度なんだから(ひどいときは20人くらいのときもあるし)。年齢層等には偏りがあるだろうけど。

どちらにしても、やはりそれなりの母集団の中の大多数が子どもへの寄付以外の使途に批判的だということが分かった。

こういう意見も参考にして、あしながは寄付者の資金を純粋に子ども達への支援に生かして欲しい。

寄付する人の多くは、見知らぬ国の見知らぬ人にお金を渡すつもりではないし、ハコモノを作って欲しいわけではない。
単純に自分のお金が子ども達の教育資金の一部になって、立派な大人になって欲しいと願っているだけなのだ。

あしながは海外への拡大方針を真剣に考え直した方が良い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本第一党 | トップ | 憲法9条改正を考えるうえで... »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
誰が、何が第一優先か (元大奨生)
2017-04-21 19:26:55
生活に余裕がない奨学生たちに海外支援の資金稼ぎさせてるようなものですよね。

人様からの善意で学校行ってる立場でお金集めて他者への慈善活動、こういうのを人のふんどしで相撲をとるって言うんだと思いますが。
子どもが高校奨学生です。 (ゆきんこ)
2017-05-12 23:04:22
子どもはあしながさんのおかげで、修学旅行の費用など不安なく高校に通わせてもらってます。

つどいやハコモノに批判的な方もおられると思いますが、それに救われている子もいます(もちろん嫌う子もいると思います)。

つどいに参加して、つらい境遇は自分だけじゃないと知り生まれ変わったように、前向きに努力をするようになりました。

自宅から通える範囲に国公立大がなく、進学は自宅外しか選択肢がない地域に住んでます。
国立大学の寮は在寮期間を2年に制限しているところが多くなってます。寮に入れても3年生からは民間アパートに移らなければなりません。
わが子はつどいであしながの心塾(寮)の存在を知り、努力次第で自宅外で大学進学できる、という励みになってます。


豪華すぎる面もあるかもしれませんが、あしながの寮は4人部屋なので、窮屈な思いをする事も多いのではないかと想像しています(交通遺児の育英会は個室のようです)。

あしながさんへのハガキも、正直本人は「めんどうだな」と思ったようですが、書き終えた時には「奨学金を全部返したら、オレがあしながさんになるんだ」と言っていました。善意に支えられているという自覚を持つためにも必要なのかなと思いました。

アフリカ支援も悪い事だとは思いませんが、その前に国内の子どもの貧困にも目を向けて欲しいなとも思います。
あしながは遺児の支援がメインですから離別が原因のひとり親家庭貧困層などは対象外です。
あしながの元職員が、それらの貧困層を支援する団体を立ち上げたそうです。
やっぱり寄付の半分をアフリカ支援に回すのは、多すぎるかもしれないです。

わが家は諸々の事情で利用出来る奨学金が、あしながしかありませんでした。つどいや心塾が子どもに希望を与えてくれました。そのような家庭があることも知って頂ければと思います。
長文、失礼いたしました。
ありがとうございます。 (筆者)
2017-05-18 17:56:18
>あしながは遺児の支援がメインですから離別が原因のひとり親家庭貧困層などは対象外です。
あしながの元職員が、それらの貧困層を支援する団体を立ち上げたそうです。

できれば、その団体名を教えて頂けるとありがたいです。
団体名 (ゆきんこ)
2017-05-22 15:01:27
こんにちは。

あすのば、という設立から2年の公益財団法人には、あしながの元職員が関わっています。

あしなが育英会は遺児がメインですが、離別が原因のひとり親家庭でも、親が障害状態であれば申請できるようになったそうです。
近年、離別家庭の母親が精神疾患から障害状態になり申請するケースが増えていると聞きました。

私は、何となくみんなが行くから、と大学進学するのは何か違うと思ってます。でも、家庭の経済状況に関係なく、本人の意欲と能力、本人の努力で道が開ける世の中になってほしいです。裕福層にない苦労があるとしても。
ありがとうございます。 (筆者)
2017-05-22 16:04:12
>ゆきんこさん
お返事ありがとうございます。

>私は、何となくみんなが行くから、と大学進学するのは何か違うと思ってます。でも、家庭の経済状況に関係なく、本人の意欲と能力、本人の努力で道が開ける世の中になってほしいです。裕福層にない苦労があるとしても。

そのとおりだと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。