理屈っぽい人の話。

時事に関してのコメント他。

あしながは国内の子ども達への支援に徹しなよ。

2017年04月21日 12時14分35秒 | あしなが(この記事に注目する人が多いので
yahoo!ニュースから
「あしなが募金、ピンチ 5年で全国4割減、人手不足響く(茨城新聞クロスアイ)」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000005-ibaraki-l08


かつて筆者もあしなが募金の使途について、疑問を呈した。
書いてから数年たってから、突然注目されるようになり、現在でもかなりの人があしなが関連の記事を読みに来ているようだ。

いくつか記事を載せたが、その中にこんなニュアンスの事を書いた。
「多くの人たちは自分の寄付金が、そのまま子ども達の奨学金として使われることを望んでおり、アフリカに支援したりハコモノを作ることを望んでいないだろう」

これについては、コメントの中に「根拠がない」という批判があった。
おおよそ間違ったことは言っていないと思っていたが、大規模な統計をとったわけではないので、実際に多くの人たちはどんなことを感じているのかは少々気になっていた。なので、このニュースのコメント欄を読んでみた。

やっぱりアフリカ支援について賛意を示しているコメントはごくわずかだね。

批判をした人からすれば、ヤフコメの意見を根拠にするなと言われそうだが、700件を超えるコメントのほとんどが奨学金以外の使途に批判的だったのだから、統計の数字的にはそこそこ満たしているんじゃないかと思う。なにせマスコミのアンケート結果だって多くてせいぜい2000人程度なんだから(ひどいときは20人くらいのときもあるし)。年齢層等には偏りがあるだろうけど。

どちらにしても、やはりそれなりの母集団の中の大多数が子どもへの寄付以外の使途に批判的だということが分かった。

こういう意見も参考にして、あしながは寄付者の資金を純粋に子ども達への支援に生かして欲しい。

寄付する人の多くは、見知らぬ国の見知らぬ人にお金を渡すつもりではないし、ハコモノを作って欲しいわけではない。
単純に自分のお金が子ども達の教育資金の一部になって、立派な大人になって欲しいと願っているだけなのだ。

あしながは海外への拡大方針を真剣に考え直した方が良い。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本第一党 | トップ |   

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
誰が、何が第一優先か (元大奨生)
2017-04-21 19:26:55
生活に余裕がない奨学生たちに海外支援の資金稼ぎさせてるようなものですよね。

人様からの善意で学校行ってる立場でお金集めて他者への慈善活動、こういうのを人のふんどしで相撲をとるって言うんだと思いますが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。