理屈っぽい人の話。

時事に関してのコメント他。

放っておけないコメント。ついでに、あしなが関連を読むときは日付をよく確認してください。

2017年06月20日 11時55分19秒 | あしなが(賛否両論を自分で調べて下さい)
追記:これは個人の意見を書いたものです。立場によって物の見方は変わりますので、あしながについて考えるときはご自身で調べたうえでご自身で判断してください。



あしなが関連の記事を初めに書いたのはいつだったでしょうね。
そうとう昔だったと思います。
ネットで困るところは、何年も前に書いたことに対して突然、昨日のことのようなコメントが来ることですね。いきなり言われても当時とは状況も変わっているだろうし、書いた本人だって詳細まで覚えてませんからね。
なので、日付をよく確認してください。
日付を見て、だいぶ昔だと思ったら、「当時はそうだったんだろうけど、今はどうなのかな?」と思うようにして、コメントは控えてください。


あと、コメントは承認制にしていますが、宣伝とか記事の内容に無関係なもの以外は基本承認しています。ただ、最近は毎回返事するのが疲れるので、すべてのコメントに対して返事はしていません。
そういう日付無視コメントが突出しているのがあしなが関連ですが、放っておけない内容だったので、やりとりを改めて公開します。
なんとなく、以前もらったコメントと書き方や内容が似ていたので、奨学生ではないんじゃないかという疑いが強いのですが、「とりあえず」奨学生と仮定して返事をしました。
社会状況が変わり、離婚率も貧富の差も大きくなってきた現在で、社会上の不平不満のすべてを遺児に結びつけるのはおかしいのではないかと強く感じました。時代が変われば考え方も物の見方も変わる。それに対応しないで時代遅れになりそうなことを訴え続けることに何の価値があるのでしょうか。変わらないことに価値があるものもありますが、人が集まって構成し、社会に深く関わろうとしている団体である以上、常に自身を変革していくことは必要だと思います。
ぶっ飛んだことばかりやっているトランプの発言の中で、笑ったと同時にすごいなと思った言葉があるので、それを紹介しましょう。
議会での討論で、過去にした発言との矛盾を突かれたときのトランプの回答…
「私は常に進化している」
発展しているかな?まあ、変革系の言葉ですね。
これは面白いし、前向きだし、言い返しようがないし…最強の切り返しですね。

では、放っておけないコメントです。
放っておけない気持ちにさせられたのですが、トランプの事を書いていたら、放っておいても良いかなと思い始めました。
でも、タイトルで書いたのでいちおう載せておきます。
どういう体質なのか分かりますね。この体質に怒りを感じたときのことを思い出しました。
ただ、そんな気持ちも進化させた方が良いなとたった今思いました。
やっぱりアメリカの大統領になるくらいだから、どこか突出してるんだろうね。この前向きさは見習いたい。



Unknown (Unknown)
2017-06-18 19:26:50
2017/6/18
あしなが育英会のおかげで私は夢をかなえられます。私はつどいに行ってよかったです。心塾にもいくつもりです。周りがなんと言おうと遺児や育英会の問題です。そんなに目障りなら関わらなければいいのです。あなたに遺児の未来を潰す資格はありますか?育英会の印象を落としてなにになりますか?人が不幸にしかなりませんよね。無駄なことして楽しいんですか。私たちの未来を、人の努力を邪魔しないでください。

親がいない私たちをあしなが育英会ではないだれが夢を叶える手助けをしてくれるんでしょうか。
…あなたの言っていること、コメント正しいとも思います。ただ、傷つきました。すみませんでした。

ありがとうございます。 (筆者)
2017-06-20 11:52:32
>Unknownさん
>周りがなんと言おうと遺児や育英会の問題です。そんなに目障りなら関わらなければいいのです。

それなら、そもそも他者に対して募金など求めなければ良かったのではないですか?
あなたは、あしながが多くの人々に善意を求めた結果、得た資金をもとにして活動しているという最も大切なことを忘れています。慈善事業だからといって理念ばかりが先行してお金の問題を棚上げにするのは一番やってはいけないことです。そういう事をしていたNPOに関わったことがあるので断言できます。
慈善事業だからこそ、その事業に対して募金が集まる意味を理解し、賛同者の気持ちを裏切らないようにすることが大切になってくるのではないでしょうか。

>傷つきました。

この記事は、「当時」あしながさんだった私が、公益目的で活動している団体に対する疑問を述べただけです。過去に書いた記事の内容を変える道理はありませんので、あくまで日付を確認してください。

自分の所属している団体が行っていた事実を指摘されたとき、それに対して「傷ついた」というクレームをつければ済むのでしょうか?あなたが傷ついたのは、私の記事によってではありません。過去に行ったあしながの活動内容そのものでしょう。

傷ついたというのなら、過去のあしながの行為を挽回するような活動をして、少しでも「あしながすごいね!」と思わせてください。

あなたのコメントを拝見したとき、考え方も気持ちの表現もあまりに幼すぎるように感じました。おそらく他者への配慮というものが足りていないのでしょう。
私は、あなたが奨学生だと仮定したので、返事の内容をいつも以上に丁寧に時間をかけて考えています。

もう少し、深く考えることをお勧めします。
そして、あなた自身の範囲でできることをいろいろとがんばってください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加計学園をはじめとした問題... | トップ | 加憲か改正か?憲法9条 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。