せんす・おぶ・わんだぁ

本とリッラクマとチョロQのブログです。

戦略・戦術でわかる 太平洋戦争

2016年11月26日 00時02分14秒 | 雑学


 戦略・戦術でわかる 太平洋戦争

(著:太平洋戦争研究会、出版社:(株)日本文芸社)

 太平洋戦争時の日本軍と米軍の戦略の違いを紹介し、いかに日本軍の戦略が・戦術が稚拙なものであったかを書いたものです。

 しかし、日本軍の大本営の将軍らの戦略・戦術が酷いものであることは良く分かったのですが、なぜ、そのような考えしかできなかったのか、その原因についてもう少し書いてほしかったです。

 太平洋戦争の失敗は、日本人の物の考え方が根本にあるように思えます。
 日本人独特の考え方、習慣が敗戦に導いたのではないかと。

 特に、失敗から何かを学ぶというのは、日本人が不得手としているところではないかと思います。
 なぜ失敗に至ったのか、という部分を検証することを疎かにしているような気がします。
 また、失敗した人に対しての態度も、日本人は攻めるだけ。
 失敗した人への寛容さがないです。

 そころらへんを、考察してもらいたかったかなぁ。

【もくじ】
 第1章 開戦への戦略
 第2章 真珠湾奇襲攻撃は誤算だった!
 第3章 勝利の陰に潜む大失敗
 第4章 補給なき最前線
 第5章 極限の戦場
 第6章 日本の勝敗を決した戦術情報
 第7章 敗走の戦場、ビルマとフィリピン
 第8章 最後の日米決戦
 第9章 終戦工作と本土防衛戦構想
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Super Seven | トップ | 悪霊にさいなまれる世界 「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑学」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。