いしころとまとの花野果村(はなやかむら)

野菜ソムリエアワード全国大会金賞受賞料理教室『花野果村キッチンガーデン』主宰 野菜ソムリエ石館志保子のベジフルこぼれ話

涼風を呼ぶゼリー菓子

2011-06-30 21:18:13 | クッキング
毎日うだるような暑さ。 毎年のことですが、梅雨時のこのじめじめ湿気と、暑さに慣れるまでが大変。 今日も、なかなか気温の変化に体が追いつけず、 ぼ~~とした一日を過ごしてしまいました。 こう暑いと・・・さっぱりしたものが食べたくなりますよね。 ここ宮城は、ゼリーの消費が全国一番だそうです。 夏のお中元にゼリーを送る方も大変多いそう。 プルプルプルルンのゼリーを食べていると 何となく涼風が吹いてくるような。。。 そんな気がしてきます。 . . . 本文を読む
コメント (8)

植からの支援活動ー第1歩

2011-06-28 09:20:49 | 東日本大震災関係
先日のこと、花仲間のじんこちゃんから 岩沼の仮設住宅へ、ゴーヤのグリーンカーテンをつけに行くと、 コメントが入ってました。 ゴーヤの他に、 . . . 本文を読む
コメント (7)

今日のお弁当

2011-06-27 21:44:48 | 植で食が楽しくなる
今日のお弁当は豪勢なカルビとハツの焼肉弁当・・・ と言っても . . . 本文を読む
コメント (2)

我が家のグリーンカーテン

2011-06-23 11:00:57 | 花・ガーデニング
今が旬第2弾は「我が家のグリーンカーテン」について お話しをしたいと思います。 実は先日の事、某電気屋サンに行って、扇風機を2機お買い上げ。 一台2980円の、いちばん!安いのを買ってきました。 機能は・・・タイマーと首フリフリと、1.2.3のみという 至ってシンプルなやつです。 昨年までは、エアコンは殆どつけずに、 むしむしと暑い夜だけつけるようにしていたのですが、 今年は節電が . . . 本文を読む
コメント (14)

今が旬のお話しー先ずはドクダミ

2011-06-21 19:30:15 | コスメ・化粧品
           【今朝のお弁当】   御飯は・・・   梅干しと紫蘇・白ごまを炊きたて御飯に混ぜ込んだもの・・・   梅雨時は御飯の傷みが気になりますよね。   梅干しを一個ぽんと置くよりも   梅干し+紫蘇を全体に混ぜ込むことで   御飯全体に抗菌効果をのぞむことが出来るんですね。   そして、本日のおかずは・・・   「豚ヒレ肉のソティ」   「マカロニのバジルソースあ . . . 本文を読む
コメント (6)

おいでやす!!

2011-06-18 20:47:33 | 花・ガーデニング
「おいでやす!」 本日は僕たちブーフーウーが  花野果村をご案内だ ブ~ . . . 本文を読む
コメント (6)

豆・まめ・マメ!ーオナーズヒル北高森の2

2011-06-15 20:53:31 | オナーズヒル北高森
正直、栽培と食のお話しを始めると・・・ 話しが色々と飛んでいってしまいます   今回もとりとめのないお話しをしていきたいと思いますが・・・ 前回投稿の最後を・・・ 改めてみますと 「さて、どんな料理ができあがったんでしょう・・・か?」 と言うことでしたので・・・ おとうさん、おかあさん、小さなおこちゃま みんなの力が集結されてやっとできた、 マメを使ったフルコースをご紹介したいと . . . 本文を読む
コメント (12)

豆・まめ・マメ!ーオナーズヒル北高森の1

2011-06-13 21:11:50 | オナーズヒル北高森
本日はオナーズヒル北高森第6回マイスター教室のご報告です。 今回のテーマは 「豆・まめ・マメ!」 豆にも色々とあるけれど・・・ 梅雨時に最もお腹に頂きたいオマメと言うことで・・・ 「6月が旬の豆」をテーマにお話しを致しました。 「6月が旬の豆」って?     オナーズヒル北高森のプチガーデンの奥の方で 今にも破裂しそうなくらいに大きく育っている「スナップ . . . 本文を読む
コメント (2)

The Rainy Season

2011-06-10 17:35:09 | もの草たろう
【 The Rainy Season 】 . . . 本文を読む
コメント (6)

生き物がかり

2011-06-08 20:55:37 | 野菜・昆虫の童話
今日の夕飯は、「う・ど・ん」 種がこぼれて、春先にあちこちに発芽したミツパを収穫し、 ついでに雑草を抜いて庭を綺麗にして、と。 この時期ネギが堅いので、今はミツパが薬味として大活躍。 もともとは・・・ スーパーで買ってきた根ミツパの根っこを植えたもの。 種が飛んで飛んで飛んで飛んで 使い切れないほどのミツパがあっちにも、こっちにも。 普通の緑色のミツパもあるんだけど・・・  &n . . . 本文を読む
コメント (6)