いしころとまとの花野果村(はなやかむら)

野菜ソムリエアワード全国大会金賞受賞料理教室『花野果村キッチンガーデン』主宰 野菜ソムリエ石館志保子のベジフルこぼれ話

2016年12月31日の朝

2016-12-31 06:24:59 | Weblog

2016年12月31日の朝を迎えております。

朝5時に目覚めて遠い空を眺めると、

雲間に浮かぶ星が、一つ二つと優しい光を放っているのが見えます。

ふ~まだ夜空なんだ。。。

お星だってまだお空にいるし、太陽さんだってまだまだ起きそうもないから

まだ布団の中でぬくぬくしようよ。という誘惑の声も聞こえるのですが

時間がもったいない、さ~起きて、さっさと今年の仕事納めをしなくちゃ、

という別の声も聞こえてきて

しばし心の葛藤を経て、今パソコンに向かっております。

 

さあ、今年の1年を振り返って、、、と書こうと思ったら

1年って、長いようでたったの365日しかないんですよね。

今年は少し頑張って366日←閏年だったから。。。 

「喉元過ぎれば熱さを忘れるを忘れる」という言葉があるけど

最近は過去の事をすぐに忘れてしまう。

改めて、366日前からのことを一つ一つ振り返ってみると

この人生けして単調ではなく、

意外といろいろなことがあったことが改めて思い出されます。

そうそう、、

思えばあの時、、、

みやぎ野菜ソムリエの会副会長を辞めるのだって、、

いろいろと心の葛藤があったけど

あの時に会長が言ってくれた一言

「ぜひ、みやぎ野菜ソムリエの会の顧問として、後方援護してくれ」と。。。

その一言で、私の道が新たに開けたし、、、

ガーデニングの恩師鎌田秀夫先生からお声がけいただき、

根白石地域の活性化に向けてのお手伝いも地道ながら始まっている。

料理教室「花野果村キッチンガーデン」も順調に進んでいて

料理教室に集まる人たちがそれは積極的な人ばかりで

彼女たちが自主的に忘年会や、新年会を幹事さんを引き受けてくれて

納涼会、忘年会、新年会が毎年の恒例行事となりつつある。

花野果村味噌づくりの会もすっかり自主運営だよね~

そうそう、今年の一番大きなイベントは

なんといっても、もの草たろうさんとのコラボ写真展!!

これが一番の大きなイベントだったかなあ~

もの草たろうさんだってね、、、

38年前の大学時代の友人。。。

“まさか~60近くに二人で写真展を開くことになるとは・・・”

22歳だった私には到底考えられない未来があの時から開けていたんだよね!

自分の道を牛歩ながらも確実に前に進んできて

いろいろとあったけど

今年一年で得られた大きな利益は

『人と人との大切な絆

自分の為だけでなく、

家族の為

友達の為

地域の為に動いてくれる素晴らしい友人たちが

一番の利益。

私にはお金に変えられない

こんな素晴らしい利益を生み出せる道があるのだから

自分の2つの足跡から始まったこの道に

仲間たちの足跡が残っていくように

未来に向かって進んでいこう。


今年一年ありがとうございました。

 

謝・謝 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一足先にメリークリスマス! | トップ | 2017   迎春 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
来年もよろしく (もの草たろう)
2016-12-31 11:53:15
花野果村のみなさま
そして、いしころとまと様

今年は大変お世話になりました。
仙台のビールは格別でした。
できうるならば
来年も呑みたいものです

どうぞみなさま良いお年を
謝謝( v^-゜)♪ (サト)
2016-12-31 12:46:08
今年も大活躍の花野果村でしたね♪
小さな足跡にでもなれるよう、私なりに追いかけまぁす。
人生の素晴らしき先輩に、謝謝!
良いお年を~
もの草たろう様 (いしころとまと)
2016-12-31 15:20:05
もの草たろう様

今年は二人にとって記念すべき年となりましたね。

改めて
コングラジュレーション

さけはうまいし姉ちゃんはきれいな
仙台にまたこさい!
待ってるよ




サトさん (いしころとまと)
2016-12-31 15:21:38
サトさんには来年
大きな足跡を付けてもらいたいと思ってますよ

人生の素晴らしき後輩に
乾杯~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。