Shihoのつくりかた。

angela大好きShihoの日常日記です
(since January, 2006)

2016ツアーLove&carnival、終了!

2016-10-25 07:55:42 | angelaさんのこと
2016年のツアー、ファイナルを迎えました!(笑)
メンバーの脱退とかたくさんのことがありましたが...(MCのネタですw)

大阪&東京の2公演。
お財布的にはめちゃくちゃありがたかったけど...もう一カ所くらい行きたい(笑)
ただ、東京日曜日だったおかげで、念願の友人をangelaライヴに連れて行くことができましたーーーーーー!
楽しかったっていってもらえて嬉しかったよ♪

大阪は13年の付き合いなぢぇらっこ4人で参戦!
すごくいい時間でした(笑)

<大阪セットリスト>
Come on
jump up!
ストーリーが始まる
花のように
僕じゃない
シドニア
愛すること(アコースティック)
少年時代(カバー&アコースティック)
EIEIO
Shangri-La
KINGS
DEAD OR ALIVE
ホライズン
愛、ひと欠片
KIZUNA
是、夏祭り
二十四節気恋唄
騎士行進曲
EN.1 That's Halloween
EN.2 僕は僕であって

<東京セットリスト>
Come on
DEAD OR ALIVE
EIEIO
Shangri-La
butterfly
シドニア
愛すること(アコースティック)
時代(カバー&アコースティック)
ストーリーが始まる
jump up!
明日へのbrilliant road
ホライズン
愛、ひと欠片
KIZUNA
over the limits
是、夏祭り
二十四節気恋唄
騎士行進曲
EN.1 That's Halloween
EN.2 僕は僕であって

ちょっとセットリスト自信ないけど。
(後日追記、atsukoさんがセトリあげてくれたので、修正しました^^)


今回サポートメンバーは、いつものじんぼちゃん(ドラムス)、ボーノくん(ベース)に加えて、キーボードBeBeさん(ミュージックワンダー大サーカスでサポート)、和太鼓うさぎいぬさんが参加。
和太鼓意外だった!
うさぎいぬさんは騎士行進曲を叩いてみた動画あげてて、そこからKATSUさんが一緒に作らない?と誘ったんですよね。
二十四節気恋唄から参加してますね。
うさぎいぬさんが入ることで、KATSUさんが二十四節気のとき三線弾いてたので、なるほど!と思いましたけど。
うさぎいぬさん、艦これの提督さんだって知ってますよw

[大阪]
上記の通り、ぢぇらっこ4人の参戦でした。
私の周り10年来のお付き合いというぢぇらっこ多いですけど、わりと長めの付き合いの4人でしょうか。

Come onからスタート。
プの音、自分で歌うのかw
私たちが歌うのはあまりかっこよくない気がするw

jump up!は手拍子のあとのジャンプが入れられなくて困ったw
タイミングが難しいです。

面白かったのは「ストーリーが始まる」の前のMCであっちゃんが、「古くからの人もそんなにできないと思うよ」って言ったとき、4人の「ちょっw」っていうツッコミの手がタイミングまでバッチリ揃ったとき(笑)
「ストーリーが始まる」を私たちがどれだけ待ち焦がれていたと思ってるんですか!?w
もうバッチリ振り付けしてきてますw
おかげで振り付けの手がアーチの部分しっかり揃って綺麗でした(笑)

花のように、いつのライヴ以来!?
年数経って、この歌詞にまた救われるんだなって思いました。

カバー曲、鳥肌立ちました...あっちゃんの声は低めで深いところは、リラックスを与えてくれるので、本当に一度リラックスw
その後の盛り上がり前のひと息みたいでした。
こうやってじっくりangelaの曲を味わえるコーナー嬉しいです♪

愛、ひと欠片の前のMCでぢぇらっこへの感謝を口にして、曲に行くのずるい。
泣いちゃうじゃん...
大阪ではここで多分、atsukoさんと見つめ合う瞬間がありました...誤解じゃないといいんだけど。。。気のせいでも、そう自惚れておきますw
嬉しかったよ...
そのあとKIZUNAってすごいいい連繋ですね。
ぢぇらっこへの愛→絆を感じているよ!っていうangelaからのメッセージですね。

アンコール1曲目はThat's Halloweenだろうと思ってはいましたが。
1曲目仮装したスタッフが出て来た(゚o゚;)!
うはーーーーーーーなんじゃこりゃw
(その映像はあとでTwitterからどぞ、KATSUさん上げてます)
苦笑しつつ笑ってたけど、angelaらしいねw
いたずら感満載w
あっちゃんが○ッキーのまねしながら、ダンスのレクチャー入れて、腹筋崩壊しかけたw

僕は僕であって、初披露で、しかも南條さんいないバージョンを歌ってくれました。
この曲、リズム難しい(>_<)
発売してから練習しなきゃ。


[東京]
2曲目からDEAD OR ALIVEだったので、来たって思いました!
だって、angelaが同じセットリストで、曲順でやる訳ない!(笑)←変な信頼w
毎回angelaのライヴはなまものだと実感します。

MCではひたすらキーボードのBeBeさんが弄られていたw
首都圏に住んでて電車乗れない人って居るんですねw
大阪遠征初で、東京駅まで電車で行けなくて、1泊2日なのに東京駅まで車で行って、駐車場代18,000円かかったんだってw

Shangri-Laやシドニアが早かったのも驚きましたが、固定化したセットリストをangelaサイドが壊そうとしているのはよくわかる。
いつも同じところにとどまらないっていうangelaの姿勢が好きですw
前にShangri-Laがいつも最後じゃないと面白いですね、って言ったことあって。
そういう意見採り入れてくれるのも嬉しい。
振り付けレクチャーもangelaライヴ参加しにくいって言われちゃったせいだし。
本当に色んな目線で、もちろんファンの目線でも、ライヴ作ってくださるのが幸せ♪

なんと言っても、butterflyやover the limitsの2曲ですね。
butterflyの前のMCでベースやドラムがKINGSと同じだから、KINGSだって思ったけど、butterflyだってことがほのめかされて、叫んでしまった(笑)
butterflyはインディーズ時代から歌われてた歌で、路上でもやってたそうです。
その光景をプロデューサーが目撃してスカウトされたんです、って。
over the limitsはひさびさの水鉄砲の出番でした!
その昔ほっちゃんにプレゼントされたやつですね。
冷たくない、嬉しい雨でした!

jump up!では今回は一緒にジャンプできましたw
手拍子のあとでangelaのお二人が軽くジャンプするので、それにあわせて^^
練習、こっそりしてたんです(笑)
EIEIOの高速クラップが好き。
ラテン系のミュージックっぽい要素が楽しめる曲っていうのが素敵です!

大阪では歌われなかった明日へのbrilliant roadも嬉しかった!
この曲、ライヴ聞くとホントにテンションが一気に持ってかれるw
ライヴにこの曲が含まれているかどうかでテンションがあがったり下がったりしちゃうこともあるくらい。

アンコールのThat's Halloweenでは、KATSUさんのマントがふわってなった瞬間に、違う場所にいる友達を見てしまいました。
もう瀕死だったwww
終わった後、彼女は「KATSUさんのマントが…マントがすべてを持ってったんです!」しか言わない子になりましたw
私たちの腹筋も瀕死だったけどねw

「僕は僕であって」はカラオケで練習したので、ちゃんとわかっていたはずなのに、リズム取れなかったところがあって悔しい(笑)
atsukoさんの作る曲が最近本当に難しくて。
KATSUさんのアレンジはもっとですけどwww
もしかしたらfripsideさん来ないかなってちょっと期待していた「僕は僕であって」でしたけど、さすがになかったw
武道館では、個人的にはfripsideをゲストに呼ばなくていいんだけど、どこかで一緒にコラボで歌うのみたいなぁ。


KATSUさんが最後のMCで、武道館のことを語ってくれて。
武道館に挑むところまで来たって。
挑戦の「挑」っていう字は手に兆しだということで、その手はスタッフの手であり、ぢぇらっこの手なんだと。
武道館は一緒に手を取って挑む場所なんだと。

インディーズ時代にも武道館いつか行くぜって言っていたらしいのですが、インディーズ時代のangelaを追いかけていた人がどんどん減り。
デビューしてから当然ファンは増えたものの、途中でangelaの年末ライヴミュージックワンダー大サーカスが中止になったころ、タイアップもなくて、「angelaオワコンじゃない?」なんていわれたこともありましたが…。
最近ではangelaいいね、って言ってくれる人が増え。昔いた人も戻ってきたりして。
だいぶファンの人数が増えてきています。

私たちはangelaに武道館へ連れて行ってもらうけれど、angelaを追いかけることでいろんなパワーをもらってきたけど、でも同時に、angelaファンを増やしたくていろんな人を誘って、各地でいろんな人と仲良くなって一緒にライヴに参加するようになって、ファンの数をちょっとずつ増やすこともしてきたんじゃないかと思って。
おこがましいですけど、angelaと一緒に今度武道館に向かうんだと思うんです。
どんなにいろんなステージを経験しても、やはりミュージシャンにとって、そのファンにとって武道館が特別な場所であることは変わりないし。
13年と時間がかかった分(angelaさんには23年ですけど)、うれしさもひとしおです。
KATSUさんがそれを口にしてくれているのはうれしかったな!

まぁ結局は私が一番楽しむんだけどね(苦笑)
武道館は泣くだろうな、本気で。
アニサマでの発表でも泣いたので、間違いないです。

東京せっかく、日比谷の野音でatsukoさんがやりたいと熱望していた場所だったのに、武道館にすべて掻っ攫われた感がなくもないけど、本当に楽しかったです。

angelaの武道館ライヴ、思いもよらないステージになっていると思うし、期待は裏切らないと思うので、気になっている方、ぜひお越しくださいね^^
ジャンル:
ウェブログ
Comments (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カスタムダイアリースティッ... | TOP | それじゃまたね 未来のあな... »
最近の画像もっと見る

2 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ぺん)
2016-10-27 04:46:09
花のように、いいですよね~♪自分も大好きな曲です。

あ。今回もレポ楽しく拝読させていただきました。コメントをいつもせずだったので、してみました(^_^)読んでいると自分も楽しい気持ちになりました。伝わってくるものがありますね。ありがとうございました。
Unknown (Shiho)
2016-10-27 17:53:45
ぺんぺん
ありがとうー♪
私が感じたことが中心なので皆さんに共感してもらえるかは分かりませんが、少しでも臨場感を出せれば...と。

コメント嬉しいです!

post a comment

Recent Entries | angelaさんのこと