華道家 余田紫甫(志穂) 

いけばな嵯峨御流・華道家 余田紫甫の海辺の街での楽しいくらしと花を愛する日々

10月 専修会 生花 葉蘭

2016年10月19日 | Flower

生花 三才格 (七枚活け)

いへばなは葉蘭で始まり葉蘭で終わると言われます。
生花の花形を理解するには適切な花材です。
簡潔な美しさを表します。その中に『出生』『法格』『礼儀』が守られています。
いけ方変化は無限に広がり

また葉蘭は古くから庭に植えられ、料理を包んだり仕切ったり食卓にも上り、日常に有用されてきました。

葉の中肋(ちゅうろく)で左右の幅で陰陽に分け葉先を溜め表情を付けます。



秋の参考花











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いけばな教室 9月 瓶花 ... | トップ | 11月 専修会 景色いけ ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。