外教生活 in 中国山東省濰坊-淄博-泰安

~旧タイトル:日本語教師LIFE~

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017年06月19日 | 日記

6月19日(月) 晴れ

さて、今週はわずか2日ですが私にとっての試験週間。
昨夜は珍しく緊張気味でした。というのが、聴解の試験は1,2組合同で行う為
大きな教室を用意していただいたのですが、中のPCや音響がどのような状態なのか
分からないのと、私が普段使っているソフトが端末によってはかなり重くなる
可能性があるので、問題なく使えるかどうかの不安。
なにせ、OSにXPを使っている端末がまだたくさんあり、7に比べると反応の遅さは
否めない所があります。

今学期から試験には必ず監督が2人以上つかなければならない、という規則ができた
そうで、新しく我々外教の担当となった3年生の担任の先生が来てくださいました。
一応カメラで録画もしましたが、さすがに50人以上の学生を一人で見るのは難しい
のでこれはありがたかったです。

教室のPCのOSは7でソフトも問題なくインストールできました。
使用する音声を順番に再生するようセットし、開始から終了までの約42分間、全く
問題ありませんでした。ただ、教室のスピーカーが左右に2台ずつあったのですが
左側のスピーカーは2台とも故障のようで、音が出ていたのは右側2台のみ。
スピーカーの真下と反対側の音量の違いはかなりのもので、真下にいる学生には
頭痛がしそうな音量に申し訳なく思いながら、その音量のまま試験を続けました。

そういえば、普段聴解で使用していた教室もスピーカーとヘッドフォンがあるのですが
ヘッドフォンが数個壊れているため、スピーカーを使っていましたが、2台あるのも
一つが音が出ないため、一つのみで使用していました。それが2教室。
一つでも使えれば修理はしない、という方針なのでしょうかね。

試験は無事終了。あとは明日の会話試験のみです。


-------------------------------------------------------
今日の気になる話題
<「公務員獣医師不足」の本質議論されず 「実情を知って」と現場からは切実な訴え>
http://www.sankei.com/politics/news/170618/plt1706180029-n1.html

2,3週間ほど前から前愛媛県知事の獣医学部誘致の経緯が紹介されていますが
大手はひょっとして紹介していないのでしょうかね?
Yahooヘッドラインでは見た覚えがないような。

昨日毎日新聞が嬉々として支持率の下落を報道していましたが、さすがというべきか。
<安倍内閣不支持が逆転した理由は「ネットで情報収集しない高齢層が新聞テレビに
騙されたから」>
http://netgeek.biz/archives/98209

60代以上の方々にネットを使え、というのは無理な話でしょうからね。
私は10年ほど前に某大手通信会社の光回線をマンションに導入する営業をして、首都圏に
お住まいの方ならご存知の外環道を千葉から埼玉そして東京西部を回っていたのですが、
中でも埼玉東部ではネットのメリットを理解してもらうのに苦労した覚えがあります。
(入居者に希望者がいることを条件に導入を検討してもらったものです)

千葉(船橋付近)と東京(現西東京市から世田谷)ではもうネットは当たり前でしたが
その埼玉県東部というのが、開発が進んで田畑をマンションやアパートにしたという
元は農家だった方々が多い地域です。
繋げていい話かどうかは分かりませんが、こちらに来てからも農村出身の学生ほど私に
歴史問題に挑んできます。反日ドラマとCCTVに洗脳されているのですね。
まぁ、私はネットを利用していても左派マインドを持っていた人間ですが(笑)

光が普及する頃までに会社員だった方ならまだしも、そうではなかった方々にネットをと
言っても、「中国に民主化を、韓国に国際ルールを」と訴えるようなものですね。

これは福岡市長の声ですが
<国家戦略特区「耳疑った民進の停止法案」 高島宗一郎・福岡市長>
http://www.sankei.com/region/news/170616/rgn1706160004-n1.html

民進党愛媛県連も誘致に動いたこの獣医学部、どうなるのでしょうか?
あくまでもメディアがテロ等準備罪可決妨害のために政治利用しているだけだと思います
ので、安保の時のように話が下火になったあと、誘致の動きが再び始まればいいのですが
民進党代表がまたネタにしようとしている気配もあり、心配ですね。

 

『海外』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大学院合格も喜び半ば | トップ | 期末試験終了 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。