外教生活 in 中国山東省濰坊-淄博-泰安

~旧タイトル:日本語教師LIFE~

連休前日

2016年10月01日 | 日記

9月30日(金) 晴れ

国慶節休み前日は4年生の授業。
先週の出席者が6名でしたので、今日は3人くらいかと予想しておりましたら
1人増えて7名でした。
連休の前日はだいたい半減するものなのですよね。
毎回私が到着するよりも早く教室にいる男子学生に「家に帰らないの?」と
尋ねると「(考研の)準備がありますから帰りません」との返事でした。
確かに考研の学生にとっては休んでいる暇はありませんね。

先週は早々と教室を後にして私の部屋に招待し色々と話を聞いたのですが
今日も「外に出ようか」と彼らの勧めるキャンパス内の公園で話を聞きました。

1年次における「転科」の制度が以前は学科内の上位1割にしか許されなかった
のが今では3割に許容されている。
その転科制度で審査対象となるのは1学期の成績だが、実際に転科できるのは
2年次から。
英語科の学生が選択できる第二外国語は日本語と仏語そしてスペイン語。
日本語科主任の卓球はかなり凄腕。

学校の案件とは関係ないのですが、泰安の3つの観光地を自由に巡ることの
できる『年間パス』というカードがあります。それを購入して泰山に5回登頂し
5回とも日の出を見ることができたという超幸運の持ち主がいました。
泰安出身の学生から以前聞いた話では「良くて3割くらいの確率」だと。

解散する際に女子学生が
「来週から実習(インターン)に参加しますので1月まで授業に出られません」
と律儀に話してくれたので「練習問題だけやっておいて」と答えました。

なにせ、N1と大学英語6級(英語科以外の学生が取得できる最高の等級)を
取得している学生が「中国語の翻訳文を見ても何を言っているかさっぱりです」
という評価なもので、期末試験の範囲は練習問題と早々と宣言しました。
実際私が文章を読んで頭に疑問符を浮かべること多数。
先学期のビジネスマナー同様日本の書籍を購入して欲しいと思わせるものです。

『海外』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まもなく番号停止 | トップ | kindleにて »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。