外教生活 in 中国山東省濰坊-淄博-泰安

~旧タイトル:日本語教師LIFE~

メディアのある教室

2016年09月19日 | 日記

9月19日(月) 晴れ

朝随分涼しくアプリの天気予報を確認したら17度でした。
いい気温になってきました。

この気温なら大丈夫とバスを気にせずに歩きましたら汗が出てきたのが東キャンパスの
門のあたり。教室に入ってからも汗を拭うことはありませんでした。

さて、先週試してみたシャドウイング、前任者の先生が実施されていたとあって
スムーズに取り入れることができました。ただ、先学期までの彼らの教科書は
「みんなの日本語」でCDが付いており、スピードも申し分なし。
今回の音声は内容が内容だけにスピードも速い。この速さについていくのは大変です。

何かいい方法はないかと考えたところ、以前私が中国の歌を覚える時に普段使っている
動画再生ソフトの変速を使ったのを思い出しました。
GOM PLAYER というソフト、一部再生不可の格式もありますがほぼ網羅しています。
変速については標準から0.1倍単位で速さを変更できます。

0.5倍だと遅すぎで0.8倍くらいなら教科書を見ながらの同時読みが可能。
0.7倍にするとシャドウイングも大丈夫でした。

2年生の会話は暫くこのスタイルでいけそうです。

この学校は建物そのものは古いのですが、全教室にメディア設備が整っています。
もちろんほぼ後付けのものですので、その分教壇は狭くなるのですが
音声を聴かせるために毎度モバイルバッテリーとミニスピーカーを持参して
iphoneから音声を流していたことを考えるとありがたいことです。

 

『海外』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 見えない敵 | トップ | 携帯電話事情 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。