竹内しげやす 市政チャレンジ日記

新米議員から二期目を向えて市政にチャレンジする奮戦記。
一歩一歩目標に向け前進する日々の行動を日記風に。

ピンチやトラブルから逃げてはダメ。・・・・・

2017年05月18日 | ことばのちから
今日は、象印マホービン社長 市川重幸 氏の成功への名言を紹介いたします。

”ピンチやトラブルから逃げてはダメ。表面だけとりつくろっても次のトラブルを引き起こす。真正面から取り組めば必ず道は拓ける。”


 戦後の混乱期、象印マホービンむろんの前身市川兄弟商店は、物品税の脱税で国税庁から100万円の追徴金を命ぜられたことがある。むろん市川には金がない。夜逃げをすすめる声
倒産覚悟で借りまくり、期日に税務署へ届けると担当課長がこう言った。「君の誠意はわかった。支払いは分割でよいことにしよう」倒産は免れた。
 1973年、この時は電子ジャーが欠陥商品問題を起こした。市川は即刻製品の回収を命じ、内部蓄積がほとんどゼロとなったが、このピンチはエアーポット「押すだけ」のヒットでカバーできた。
 こうした体験から、この人は事故には正面から対処することを信条としている。大阪府出身、関西大学卒。タイプとしては一途である。趣味のビリーヤードも自宅に専用台を持つ懲りよう。さつきの栽培ももう生活の一部。20年来の付き合いである。
 「趣味も、これと決めたら打ち込んで長く続ける、浮気はしないほうなんです」
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 5月臨時議会 二日目 | トップ | 十王経 (8) 平等王(びょうど... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL