竹内しげやす 市政チャレンジ日記

新米議員から二期目を向えて市政にチャレンジする奮戦記。
一歩一歩目標に向け前進する日々の行動を日記風に。

総務委員会

2017年06月14日 | 議会活動
平成29年6月14日(水)
昨日は(6/13)大勢の報道関係者が朝から議会事務局に詰め掛けていました。
子供の傍聴を議長判断で拒否したことによる取材です。新聞やテレビに報道され昨日は非常に慌ただしかったです。
私の携帯電話にも久しい方からご意見を頂きました(心配もしていただきました)。
私、竹内しげやすも何社かの方からインタビューを受けました。
今朝の東日新聞に掲載されていますので参考にして下さい。

 本会議開会前日の8日に開いた議会運営委員会理事会で、入場の可否を協議したが、最終的には議長の判断に委ねられた。規則でも議長の判断で入場を許可できる。議運委員長で最大会派自民の竹内滋泰幹事長(60)は「市議全20人に聴き取りして検討したい」と話した。(東日新聞より)

8日の議会運営委員会理事会の始まるほんの数分前に議長から相談を受け、急きょ議題のその他として、議長より提案していただきました。
この議会運営委員会理事会の委員には鈴木貴晶議員も委員のメンバーとして協議に加わっていました。
私はまず各会派の代表に意見を求めそして本人からの訴えを聞き、さらに全委員の意見を聞きました。
全委員一致で、会議規則通り議長の判断に委ねることとなりました。
協議の中では、「会議規則を見直すことも開かれた議会として示せるのではないか」との意見もありました。
今後、この問題は各会派は会派内で意見を取りまとめて頂き、無会派の方は聞き取りをさせて頂き、全市議20人の意見を取りまとめさせて頂きたいと思っています。

本日総務委員会での審議・・・第34号・35号議案と陳情書が2件

いずれも賛成多数で総務委員会、可決

陳情は不採択となりました。
・北朝鮮のミサイルに備えた避難訓練等の実施を求める陳情
・憲法をいかして働く者の権利を守り、住民生活の向上、平和施策の充実を求める陳情
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月定例会本会議一般質問  | トップ | 経済委員会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL