”朝吼夕嘆・晴走雨読”

「美ら島沖縄大使」「WeeklyBook&Reviews」「マラソン挑戦」

「安らかに!大田元知事様」

2017年06月16日 | 「美ら島沖縄大使」便り

         

                (ご就任間もない知事室で!) 

 先日、大田元沖縄県知事が92歳の誕生日に逝去され、昨日15日、葬儀が行われました。
実は、大学の先輩に当たられる大田さんが、沖縄県知事に就任間もなく“英語力のあるインターネット秘書を”という要請を受け、本土出身の英語力ある女性SE社員を県庁知事室に派遣しました。当時はまだWEBがそれ程普及していない時代、彼女は米国内の沖縄関係WEB記事を検索、知事に提供しました。そうした縁もあり、太田さんが上京の折には時折銀座・新橋の沖縄居酒屋で懇親しました。
 皆さん、御存知の様に「摩文仁が丘」に敵味方問わず戦死者を慰霊する「平和の礎」を築き、“ノーベル平和賞”受賞候補にもなった大田元知事様、安らかに!
           
              (在りし日、新橋で乾杯!) 


ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 埼玉開催「日本オストミー全... | トップ | 「目白日立クラブでの余人例... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とぅとぅがなし‼️ (里村哲正)
2017-06-17 10:39:30
 鉄血勤皇隊⁉️昔、読んだのを思い出します。この間まで、テレビでコメントしましたに・・・。
涙が止まりませんでした。 (国吉多美子)
2017-06-17 10:41:04
 15日大田先生の告別式、お焼香に行ってきました。
Unknown (源河光男)
2017-06-17 10:42:58
 大田知事の対米交渉力の裏には、重田さんが派遣した女性SE社員の存在が
あったのですね!重田さんの幅広い人脈を再認識致しました。

大田も都知事こぼれ話 (斎藤陽子)
2017-06-20 00:25:16
父(翁長俊郎)が校長で戦後直ぐに開校された民政府立の「沖縄外国語学校」(この学校と文教とがのちに琉球大学となっています)に太田元知事は一期生だったとのことです。その後、大田元知事がアメリカ留学に行く船では、母(翁長君代も琉大教授の枠でミシガン大学に2年派遣されますが)と同じ船でサンフランシスコまで一緒で、しかも大学以前の留学生向けの1か月のオリエンテーション(バークレー近郊で)も一緒で、「毎夜門限を破って呑みに出る太田さんのお目付け役だった」と母が言っておりました。
Unknown (shigeta)
2017-06-20 09:54:25
 流石、陽子さんの御両親!大田さんとはそんな縁があったのですね!

コメントを投稿

「美ら島沖縄大使」便り」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。