”朝吼夕嘆・晴走雨読”

「美ら島沖縄大使」「WeeklyBook&Reviews」「マラソン挑戦」

「沖縄の離島45」~島のめぐみの食べ歩き~

2010年05月30日 | 「Weekly 読書感想」
沖縄の離島45 島のめぐみの食べある記 (ORANGE PAGE BOOKS)
伊藤 麻由子
オレンジページ

このアイテムの詳細を見る

 
 沖縄県内有人45諸島を全てを訪ねた人は少ないと思うけど、その島々の特産料理を味わい、且つその島々の料理人と語らい、自ら撮影したその写真を全ページに満載、記述したのは恐らく本書が初めてではないか。
 この作業は恐らく県外、稀人(招人)の好奇心だからこそ出来る作業。県内に住む人はとてもこのような気力と好奇心は湧かないのでは?
 旧知の著者から贈られた私も正直、本書をパラパラ捲り、所々目を通すものの読み通すエネルギーはない。これは20代の頃からニューギニア、ケニア、パラオと世界の孤島をカメラ片手に回り続け、沖縄県内諸島廻りとそのルポ記述を地元トップ企業の沖縄電力に提案した企画力と行動力持ち主の著者ならではの作品。
 麻由子節とも言える独特の語りと文調!実は著者の伊藤さんとは10年以上前に東京で紹介された知友、沖縄病昂じて、遂に沖縄移住、島ンチュ・パートナーを見付け永住のパターンのお一人!沖縄料理を味わうだけでなく、県内に移住、料理を自ら習い、主婦、子育てしつつ、最近は放送作家としてテレビドキュメンタリー番組にも登場する八面六臂の行動力にはホトホト感嘆!
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仲本潤英「沖縄新老人の会長... | トップ | 現代版「越境する沖縄女性」 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
感謝♪ (伊藤麻由子)
2010-05-30 23:10:57
「沖縄の離島45 島のめぐみの
食べある記」をご紹介いただき
ありがとうございます!
4歳になる娘にまた、新しい引き出しを
もらい、独自の食育を絡めての子供の
のためのキャラ弁(ご存知ですか?)の先生も
やらせていただくことになりました。
齢に負けている暇はない(笑)。
楽しんで頑張ります!
島めぐり (松元)
2010-05-31 05:51:03
戸井昌造画伯(作家の戸井十月氏の父上)は、随分と沖縄の島を巡って『沖縄絵本』という作品に残されていますよ。

生前、懇意にさせていただきましたが、いつも懐かしそうに『安里やユンタ』を口ずさんでおられました。
いつも貴重な情報ありがとうございます。 (沖縄県の平良です。)
2010-05-31 09:57:24
さて、今回紹介された伊藤さんは、自分も一緒に仕事したことがあり、改めて沖縄は狭いなーと感じました。ぜひ、本を購入して読んでみたいと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
離島を旅することが好き (くろねこまい仔)
おいしい食べ物があれば、サイコー!