飴チョコひとつぶ

ちょこちょこっと書いていきます。

読書がマジでよかった

2017年01月04日 19時19分38秒 | 書物の類聚

 この冬休みは講習の担当がなかったので、年内に雑事をこなし、お正月はしっかり休めました。読書もたくさんしました。

だから「休んだな」って実感があるので、次、やらなくちゃって思えます。

12月、成績処理が終わってからは「文系学部廃止の衝撃」「LIFE SHIFT」「女のいない男たち」「走ル」「何者」「東大理系教授が考える道徳のメカニズム」「学問」「BORN TO RUN」うん。これだけ読めました。

どれが一番面白かったって、「LIFE SHIFT」「BORN TO RUN」あれ、どちらも翻訳物だ。どちらも先を見ているんですよね。不透明だ、不確実だといって考えることをあきらめていない。

「RUN」の方を読むと、もう走らない人のほうが異常だとも思えるけど、さにあらず、なんで走らない人もいるのかってことを説明してくれている。

人がもともと備わっていた力「どこまでも走る力」と、人になることで備わった「合理的に考える力」どちらも鍛えたいと思う。プリミティブな部分と、先進的な部分。これをつなぐのが「想像力」。今までそういうところに「想像力」って使っている文章は見たことがない気がします。

体と頭を鍛えます。そして心を育てます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年はもっと走りたい | トップ | つん読1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む