永遠の誘惑と宝石の磨き方

趣味と雑談と漫画と、ときどき仕事(…してるのか?)のブログ

電子書籍(キンドルの本)の買い方と読み方

2016-11-15 | 電子書籍(キンドル版)のご案内
前原滋子の電子書籍(キンドル本)を読んでみたいけど、
買い方や読み方がイマイチよくわからない…という方のために。
 


とりあえずタブレットやスマホは持っていないから
パソコンで読みたいという方用です。


  (スマホやタブレットで読む場合のアプリの紹介は ↓記事の最後のほうにあります)



※まずはアマゾンのアカウントを作成します



ここをクリック


   名前、Eメールアドレス、パスワードなどを入力します

    いままでアマゾンで買い物をしたことがある方は同じアカウントです


※“Kindle for pc”をダウンロードする


緑色の“無料ダウンロード 安全なダウンロードというボタンです。
ほかのボタン(青色の無料ダウンロードを開始)とかのは押さないでください。





※下の画像をクリックする(笑)





注:こちらは日本国内に住んでらっしゃる方用です。
  外国にお住みの方はそれぞれの国のキンドルからお願いします。



※購入ボタンを押す。配信先を“Kindle for PC”に



いきなりは不安な方は“無料サンプルを送信”ボタンで確かめてね。

   






という流れですが、




※支払い方法はクレジットカードは使いたくないという方は



※『Amazonギフト券』を購入します


(コンビニなどで売ってます。 ¥1,000 ¥2,000 ……いろいろあります)
ギフトカードに番号が記載されてますからそれを入力すれば使えます。




※ダウンロードした“Kindle for pc”を開きます。


ああ、でも古いパソコンの方はムリかも…
とりあえずダウンロードして確かめてね。




本棚のなかに購入した本があります。
本の表紙をダブルクリックすると本が開き読書ができます。



 画面の左上のほうにいろいろなボタンがあります
 拡大したり、本のようなアイコンを押すと見開きで読んだり
 1ページずつ読んだりができます。

 紙の本は通常ページを見開きで読んでいきますが、
 電子書籍の場合は1ページごとに画面に表示して読むのがおすすめです。
 そのほうが集中して読めます。
老眼の人はさらにそれを拡大してください。笑。

 
 ページめくりはマウスのスクロールホイールやキーボードの←→で。





※キンドルの本はスマホやタブレットを購入した場合
 そちらでも読むことができます。。
(自宅ではタブレットで読んで、出先ではスマホとか。
  読んでた本の続きをそのままパソコンでとか)

 タブレットは、キンドル以外の他のものでも読めます。




え~~~と、とりあえずこんな感じでしょうか。

やっぱりよくわからないよという方、なんでも聞いてね。



タブレットやスマホをお持ちの方で、アプリどうするの?
よくわかんない…って方も遠慮なくどうぞ。





※キンドルの電子書籍リーダー(タブレット)を持っていなくても
 キンドルの本は
他のスマホやipadなどのタブレットでも読むことができます。
 もちろんパソコンでも
 




iPhoneやipadの場合は → アップストア(App Store)で

それ以外のスマホ(Android携帯)やネクサスなどの(タブレット)は → グーグルプレイ・ストア(Google play Store)で




「kindle」
と検索して
    「kindle」  アプリをインストールすれば読めます。(要:アマゾンのアカウント登録 ↑上述参考)


ジャンル:
ウェブログ
コメント (31)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 購入したキンドル本のアップ... | トップ | 永遠の誘惑⑦【改訂版&フルカ... »

31 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (サラ)
2016-06-10 14:05:17
初めてコメントさせていただきます。ずっとアメリカで暮らしているのですが、先生の【ビバ!恋愛天国】等初期の作品から楽しませて頂いておりました。自分が経験できなかった日本の大学生の雰囲気なども先生の作品を通して感じることができ、今でも先生の作品を読み返すその時間はとても贅沢な時間です。今回、新作がキンドルで発売されることを楽しみにしていたのですが、残念ながら、下記のようなメッセージが出てしまい、購入できない状態です。

出版者または権利者により地域制限が設定されている場合があるため、一部のKindle本は日本国内のお客様にのみ提供しております。この場合、日本国外のお客様はご利用頂けません。

何故かサンプルは配信されたので、その部分は読むことが出来ました。ページを開いたとたん、ボストンの景色が飛び込んできて、感動でした。と言うのもボストンは私にとって故郷で、今は離れていますが、年に一度は帰省しているからです。色々な意味で、遠い憧れのような世界と思って、拝見していた、先生の描かれる早稲田大学の世界から、多くの時間が流れ、こうしてボストンが舞台の作品に辿り着くという不思議に感謝と嬉しさでいっぱいです。と同時に、サンプルだけでなく、絶対に全編手元に置いて、何度も読みたいと思ってしまいます。先生のコメントによると、まずは電子で、今まで通りの書籍もとありましたので、その日が来ることを願って待つしかないのかと思うと本当に残念です。お忙しいとは思いますが、ブログを通して、今後の書籍化等に関しての情報お知らせいただけたら嬉しいです。よろしくお願い致します。素晴らしい作品の数々、本当にありがとうございます。
☆サラさんへ☆ (ジッコ)
2016-06-10 15:28:00
サラさん、はじめまして。
本当にうれしいお便りありがとうございます。

配信は全世界に向けての設定にしています。
ただいまキンドルのほうに問い合わせ中ですのでもう少しお待ちくださいね。

今までの作品も、日本だけでなく欧米でも売れてますので大丈夫だと思います。



私の初期作品からご存知なんですね。感動してます。ありがとうございます。
時代とともに作品のテーマも舞台も変わっていきますが、一緒についてきてくれる読者の皆さまの応援に支えられて今の私がいます。

じつは最初に白状してしまいますと、
私はボストンには行ったことがないのですよ…。すみません。取材で行くつもりが…結局行かずじまいになってしまいました…。

ボストンに関する本や写真をいっぱい読み漁り、、実際に行ったことがある知人たちに話を聞いたり写真を見せてもらったりと、、自分なりに臨場感を得たつもりですが…、現地にお住みになった方がお読みになると………ふ、不安です~~~…。笑。
現実とはちょっと違った部分があっても笑って許してくださいね。


サラさんのコメント、『はじめまして』のj方にもコピーさせていただきますね。

☆サラさんへ☆ (ジッコ)
2016-06-10 17:27:33
☆サラさんへ☆

キンドルから以下の回答をいただきました。


サラさんはたぶん私のブログにある画像をクリックされたと思います。こちらは日本に住んでいる方対象なので、アメリカに居住されてる場合は、Amazon.com のキンドルからの販売になるということだと思います。


お手数ですが、下記をお読みになって試してみてくださいね。
わからないことがあったら何でも聞いてくださいね。

Amazon.com での価格も今回の新刊は5$から3$に変更させていただきました。





Kindleダイレクト・パブリッシングにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

お客様の本『宝石の磨き方vol.1』は、出版地域に全世界を選択いただいており、米国でも販売がされておりますことを確認いたしましたので、ご安心ください。

Amazon.co.jp で販売されている多くのKindle本の販売権には、地域の制約等があるため、現在は、日本国内のお客様にのみ提供しております。居住国を日本に設定されている場合でも、お客様が日本国外にいらっしゃる場合はAmazon.co.jp よりKindle 本を購入いただけません。

読者様が、米国在住とのことですので、Amazon.com よりお客様のKindle 本をご購入いただくことができるかと存じます。以下のリンクが、お問い合わせのタイトルの、Amazon.com での販売ページとなります。こちらのページからKindle 本の購入をお試しいただくよう、お伝えいただけますでしょうか。なお、その際は、Amazon.com でのアマゾンアカウントが必要となります。

https://www.amazon.com/dp/B01GCK375Q
ありがとうございます (サラ)
2016-06-11 13:33:07
私の絶対に読みたいという我儘から、先生ご本人にこんなに丁寧に調べていただき、どこからお礼をはじめていいのかもわかりません。本当にありがとうございました。お忙しい先生を煩わせてしまいましたこと、大変恐縮しております。ネットなどによって世の中が変わったとはいえ、こうして、先生から直接すぐにお返事いただけることも夢のようです。

アメリカのサイトから直接購入できるとは気が付きませんでした。早速ダウンロードし、読ませていただきました。悠々くんを抱いて凪子と並んでボストンの石畳を歩く如月の姿に嬉しくなってしまいました。3人で仲良くスワンボートに乗ったりなんて日がくるのかしらと想像してみたり、とにかく続きが楽しみです。先生のおっしゃるとおり時代と共に作品のテーマも舞台も変わり、【永遠の誘惑】では、ある意味読み返すのが切なくなってしまうほどでした。先生の新名の言葉を借りるなら「悲しい映画を見るともう一回見たくなる、今度はハッピーエンドになるんじゃないかと思って」という気持ちもありましたので、こうして続編が読めますことに感謝です。もちろん、【永遠の誘惑】のエンディングが悲しい映画のようと言うわけではありません。でも単純な少女漫画だったら、真梨絵には邪魔者に徹してもらって、凪子と睦月が結ばれてでお話が終わったのでは…と思ってしまうのです。人生はみなそれぞれ複雑とわかっていても、少女漫画にどっぷりはまっていた世代ですので、凪子には本当に幸せになってほしいです。続きを楽しみに待っていますね。感動ポイントが多すぎてまとめられないのですが、素敵な作品をありがとうございます。日本は梅雨や熱中症を心配する季節でしょうか。どうぞくれぐれもご自愛くださいませ。
Unknown (BEB)
2016-06-16 16:15:53
Amazonで買って読んで、星5つのレビューかいてきました♪後編楽しみで楽しみでウキウキワクワク((o(゜▽゜○)(○゜▽゜)o))ドキドキしてます。

雨だと、気持ちがじめじめしてしまいがちな日もありますが、ジッコ先生が後編へのプレッシャーを感じすぎないで、いや、みんなからの応援を胸に、楽しんで書けますように(^^♪
読めてよかったです。 (☆サラさんへ☆(ジッコ))
2016-06-16 18:25:40
日本だけでなくアメリカやヨーロッパの各国のアマゾンからもダウンロードされてる現状にとても不思議な気持ちです。遠い外国でどんな方が読んでくださってるんでしょうかと。
ネットを通じて世界は一つに繋がってるんだなぁと実感してます。

新名の言葉、懐かしいです。
私の作品はすべてに、それぞれ“続”が私の頭の中にはあります。テーマを変えれば同じ主人公たちでまったく違う話ができます。
『永遠の誘惑』がシリアスだった分、『宝石の磨き方』では少しコミカルに、でも女の本音はずばり、そんな作品にしたいです。
レビューありがとう! (☆BEBさんへ☆(ジッコ))
2016-06-16 18:42:27
今見たら、レビューの数増えてたー!!ありがとう!すごくうれしい!!

後編はね、もっともっと面白いよーーーー!ああ、早くみんなに読んでもらいたい。
雑誌のときのような苦しいプレッシャーは不思議なくらい何も感じてないです。
今の私に届くのはみんなからの温かい言葉だけだから、すごく楽しく描けます。
がんばれ~! (ゆりあん)
2016-06-29 21:06:09
初めまして。
auショップでタブレットの安売りを見てなんとここにたどり着きました。笑
永久の誘惑の12だけが読めないでおりましてずーっと気になってました。早速1から読みました。でも途中でキンドルが終わってて古本をわざわざ買いましたよ。
早く全部キンドルにして頂かないと待てな~い。笑
お陰様でアマゾンもキンドルも初めて使うことに。
そこからのスタートで人間、読みたい一心でやれば何でもできる。手習いじょうたいでしたけど。笑
Aiphoneでの操作では目が限界でパソコンからの操作です。笑
多分ジッコ先生とかわらない年代かと思います。笑
先生はえらい!!
宝石の磨き方 続編心待ちにしてます。ドンドン描いてね。笑
はじめまして (☆ゆりあんさん☆(ジッコ))
2016-07-14 19:42:49
過去作品の電子書籍、途中で中断状態でごめんなさい。
新作が軌道に乗ったらまたはじめますよ。今年の冬あたりから。
ゆりあんさん、私と同年代!?うれしいなぁ。そのお年で(失礼)電子書籍デビューなんてすごい!ですよ。ゆりあんさんもえらい! いくつになっても好奇心いっぱいでいろんなことして人生楽しみましょうね。
kindleで購入しました! (masako)
2016-07-16 06:56:00
前原先生のブログから、新刊のお知らせがあることに気づいて、即購入です。私はスムーズに購入できました。
如月くん、凪子さんにまた会えて、本当に嬉しいです。「永遠の誘惑」始めたちょくちょく今も見ています。主人公たちの心の揺れ、本当の愛情などが自然に描かれていて大好きな作品です。
続きも楽しみにしています。応援していますので、ご無理されず、、頑張ってください。
訂正です。 (masako)
2016-07-16 07:17:48
「永遠の誘惑」始めた→「永遠の誘惑」は、です。すみません!
ご購入ありがとうございます ( ☆masakoさん☆(ジッコ)))
2016-07-22 07:34:58
フェイスブック…、いろいろな事情から活用できないでいます。新刊の告知も迷ったんですが結局しないままになってしまいました。ブログを見に来てくれてありがとう。
『永遠の誘惑』…、セリフがあふれるようにでてきた作品です。気に入ってもらえてうれしいです。
『宝石の磨き方』も、リアル感のあるセリフ、女の本音、目指しますね。
前原滋子さんの作品が大好き。 (奈緒)
2016-09-04 23:26:04
初めまして。
先生の作品は昔から大好きで、コミックもほとんど持ってました。実家に置いていたら、弟が勝手に古本屋に出してしまいショックを受けたものです…。
ずっと手に入らなかった、「きみ色の日々」「続・きみ色の日々」を最近入手でき、あらためてときめいています\(//∇//)\
杏&影やBGMももちろん大好きですが、
私はこの幹と新名の物語も大好きです♪
もし、機会があれば、2人プラス子どものその後物語も読みたいなー、といつも思っています。
先生の作品は、女の子が、前向きでメソメソしていないところが、好きです。
これからも、応援しています。
kindleで、またたくさんの作品が読めることを期待していますー!
はじめまして。 (☆奈緒さん☆(ジッコ))
2016-09-08 22:05:12
ご愛読ありがとうございます。
きみ色の日々シリーズ、私にとってもいろいろと思い出深い作品です。
じつはこのお話もけっこう長い間続編を暖めてました。 幹と新名の子供は女の子で、その子が高校生になったとき、昔新名が買った幹の新人の頃のレコードを見つけて…、ってところから物語は始まる…。
娘と同級生の母親も幹の大ファンだったとか…。
ははは、私は、いつも一つの話が終っても、頭の中が続編でいっぱいになります。
あっ (ジッコ)
2016-09-08 22:14:41
そうそう、幹と新名の子供の名前は”流音(ルネ)”です。笑。
流音ちゃん!!?? (りお)
2016-09-15 20:24:54
先生~~~!!!

今日、先生のコメント読みました
わたくし、テンションMAXです


「きみ色の日々」にも続編あるんですか????
幹と新名にも・・・・
家で一人だったのですが、うわぁーーーー!!!って
叫んじゃいました
嬉しい~~~(←もう読めると思っている)

先生、なんとか作品にしてください
聞いてしまった以上、気になって気になって・・・
それがダメなら、登場人物たちの集合写真なんてどうですか?
先生を真ん中にして
考えただけで興奮しちゃいますね
泣くかも
あ、舵くんと芹子も入れてくださいね
あの二人も好きなんです


あ~、なんか、昔読んでた頃より、今楽しいかも・・・

先生、ありがとうございます!
やっと見つけました(泣) (杜)
2016-09-19 01:58:44
夜分に\(_ _)

ずっと消息探してました
(さがしどころが今一でした)
ご病気なのは
わかってましたが
いろいろ気になるその後の
漫画が多いのに
どうすれば?
いつ復帰?

そしてやっと
見つけた!
ネット?
ネットしか見れませんか?(泣)
アナログ人間紙で見たい!
(スマホで探したんですがね汗)
そして
四季物語✨必ず!
またお邪魔します。
漫画書いてて下さってよかったです(泣)
\(^-^)/
うれしい (なみじゃん)
2016-09-27 18:36:43
なんか思いつきで前原滋子先生を検索したら、このブログがあり喜んで、びっくりし、泣けてきて、色んな感情がわいてきて、今までなんで気づかなかったのか…、

子供の頃から先生の作品大好きで、大好きで、四季くんが今でもあたしの一番のあこがれの人で、凪子と如月の事も気になってたし、なんかこれから全部購入して読みます。

お願いです。
四季物語書いて下さい。
これからの四季くんはみれないけど、過去の四季くんが知りたいです。
面白かったです! (はむえ)
2016-09-30 12:16:25
ジッコ先生、初めまして。
私、学生時代にジッコ先生のマンガ読んでました。きみいろシリーズも杏&影シリーズも、もちろんマリン、四季くん、永遠くんのシリーズもね。

今回、kindleの読み放題で先生の作品をみつけて、すごい懐かしくて「宝石の磨き方」を読みました。そして、そのシリーズの「永遠の誘惑」も読みました。

「永遠の誘惑」は全然知らなかったので(ごめんなさい)、すごく楽しくて、でも5巻までしか読めなかったので、がっつり全巻紙ベースで購入し、一気読みしました。すごく面白かったし、キュンキュンしました。

もち、「宝石の磨き方」もkindle版購入しましたよ。
この凪子と如月、ゆうゆうの今後も読みたいし、私はマリエより木綿子の話が読みたーい!!ごめんなさーい。どうしてもマリエが好きになれなくて・・・(><)

先生、なにとぞよろしくお願いします。
おっ! (☆りおさん☆(ジッコ))
2016-10-01 19:43:13
りおさん、幹と新名の子供の名前に食いつきましたね。笑。

私はねえ、一つの作品が終わっても続編の用意は常にあったのですよ。
だってもったいないじゃないですか。
せっかく作り出したキャラなのに一回しか使えないなんて。
でも昔はね、
作品の”続”って考え方がなかったんですよね。前後編とか三部作とか最初から決まってるのは別として。
だから私が『杏&影』とか『きみ色の日々』の続編を描くたびに、
”もういいよ”って編集さんにうんざりされたものです。
今みたいに読者とのコミュニケーションができてたらとつくづく思います
私も出会えてうれしい!(泣) (☆杜さん☆(ジッコ))
2016-10-01 19:47:01
私はいま元気いっぱいですよ。安心してくださいね。
ネットがあるので私はいまこの世界に生息していられます。
なぜ紙本ではなく電子書籍へと移行することになったのか、この辺の事情を
そろそろ皆さんにお話してもいいかなという気持ちになってます。
このブログを見つけてくれてありがとう。 (☆なみじゃんさん☆(ジッコ))
2016-10-01 19:48:44
シキくんの死は、『BGMはいらない』という作品で、シキくんはそれを演じただけで
私の中で大人になったシキくんは『四季物語』の中では健在なんですよ。
ああ!ほんとにね、”続!”あれほどやりたかったのに……。掲載雑誌は残念ながらそれを必要としてませんでした。
はじめまして (☆はむえさん☆(ジッコ))
2016-10-01 19:50:45
kindleの読み放題って、amazonプライムの月一冊無料のサービスのことですか?
あれは端末がキンドルの人だけのサービス?(すみません、あまり詳しくないので)
「永遠の誘惑」、これから30代になる人たちにもぜひ読んでほしい作品です。
木綿子、わりと人気あるんですね。作者の私としてはなかなか興味深いです。
なつかしや! (ちゃくろん)
2016-10-04 22:02:40
ジッコ先生!宝石の磨き方前後編を読んで、ここに泳ぎつきました!
懐かしや!きみいろも、杏&影ちゃんもまだうちにありますよ、当時のもの。妹が先生に夢中でした。
ルノワール〜楽しみにしています。
いらっしゃいませ! (☆ちゃくろんさん☆(ジッコ))
2016-10-05 08:40:57
ふふふ。また一人泳ぎ着きましたぜ!うれしいなあ。
これからもどうぞよろしくお願いします。
妹さんにもぜひぜひよろしく!ですよ。
ルノワール、超面白いよ!自画自賛するな?
久々に。 (ちゃくろん)
2016-10-11 10:59:09
久々に紙のほうで、BGM を読み返しました。うーむ泣けた。(もういい大人……を通り越してるのに)
ありがとう。 (☆ちゃくろんさん☆(ジッコ))
2016-10-11 15:18:14
読者の皆さんはたぶん10代で読まれていたと思いますが、
大人になってからのほうが、たぶん私の意図したものがより伝わると思います。
もう一度読み返してくれてありがとう。


電子書籍は紙の本とまったく同じものではなく、最終改定版になります。こちらはこちらでまた新たな感動を感じていただけると思います。
機会があったらどうぞ挑戦してみてくださいね。
見ました~(泣) (杜)
2016-10-30 19:49:09
こんばんは

ジッコ先生
コメントにお返事ありがとう
ございます。
めちゃうれしいです。

少し(だいぶ)時間かかりましたが
家のiPadにKindleインストール
してもらいました。

宝石の磨き方前編
今読みました。
(泣)(泣)(泣)
カラーの凪子に如月(泣)
もうなんて言うか
【前原滋子】(よびすて\(_ _))
また漫画が読めた
杏が合格発表で「またあった~」
あの気分です(泣)

今日は漫画が読めた喜びで一杯です。
寝るまでに何回見るかなぁ(泣)

凪子に会えた!
また前原滋子ワールドに
はまる~(泣)
(四季物語楽しみに)

長々と\(_ _)
一気に寒くなりました
暖かくお過ごしくださいね。
(*^^*)
(泣)すぎ~~~~笑。 (☆杜さん☆(ジッコ))
2016-11-02 17:01:22
おおっ!! ついに電子書籍デビューですね!おめでとうございます。そしてお買い上げありがとうございます。
これからも頑張りますからね。よろしくお願いします。
はじめまして (つわの)
2017-07-08 21:46:10
ジッコ先生!!
ああ、なんて言ったらいいんだろう。

とにかく先生の作品が大好きです。
先生はどうなさったのかな?
と今日たまたま検索したら
こちらのブログにたどり着きました。

本当に大好きな先生なので
こちらのブログを
興奮して読ませていただきました。

私の好きな作品は「ジーンズの杜から」と
「BGM」シリーズです。
過去にmixiから先生にコメントしたことあります。
あの時も先生から、足跡あっただけで
大興奮したんです。

さて電子書籍で「永遠の誘惑」の
続きが読めるんですか??
PCは、こうしてやっていますが
やはり紙をめくって読む漫画が好きです。

そして先生の作品を
妹や友人にも伝授したいので
手元に欲しいのですが・・・。

ああ、続きが読みたい!!
はじめまして (☆つわのさん☆(ジッコ))
2017-07-19 16:30:44
うれしいです! これからもどうぞよろしくお願いします。
『永遠の誘惑』の続き『宝石の磨き方』ですが、現在3話分が電子書籍で発売中です。

パソコンでもスマホでもタブレットでもその場でダウンロードして読むことができます。



今は、”本”が売れない時代で…出版業界全体が超氷河期になってしまいました…。
電子書籍でたくさん売れたものを紙の本でも出版するというシステムに変わりつつあります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL