goo

徳山湖



ゴールデンウィーク中は 混雑を嫌って大人しくしていましたが、去る10日は
所属する写真クラブの大先輩 O氏のお誘いを受けて、岐阜の
  徳山湖
               へ 先輩写友のY氏と共に 出掛けました。

前夜来の雨が 漸く上がりかけて、湖周辺は 期待通り霧が掛かっています。



徳山湖は 何度か訪れた事が有りますが、今回は
ダム湖管理用の船に乗船させて戴ける! という特別企画。

こんな機会は 滅多に有るモノではなく、喜んで参加させて戴いた次第。

3時間余も 湖の見所を周遊してくださる… という、風景屋にとって 願っても無い催しです。



時折 霧雨程度にパラつきますが カッパを着ているだけで 特段問題も無く、とても良い感じ。



周回道路上からは決して見えない光景も多く、Y氏共々 新緑の湖を堪能させて戴きました。

追記: この乗船企画は ダム湖管理部門のご厚意による 全く不定期な催しで、希望すれば乗船できる
   というモノでは無く 現地に問い合わせても 応えてくれる訳でも有りません。更に 参加させて
   戴くと、その後ある種の義務が生じます。その点を最初にキチンとお伝えしておくべきでした。
   という訳で 誰にでも(勿論小生自身も)努力すれば出来る という撮影機会では無いのです。
   羨ましがらせたとすれば ゴメンナサイ!                  (2017.5.23)



湖畔の会館で 暖かい昼食を戴いた後、更にO氏のご案内で 湖に迫る峠まで上がる事になりました。

高い所は 未だ霧が深く、絵になるシーンには 余り出会えませんでしたが
途中で見つけた残雪が面白く、皆 良い位置で 代わる代わるに撮影です。



此所の残雪で特に良かったのが 溶けて出来た雪洞、流石に5月も半ば 随分溶けていて …



いつ崩落するか知れない恐ろしさはありますが 皆 撮りたい気持ちの方が強く
何度も入っては撮影しました。

ご紹介 ご案内下さったO氏、誠に有り難うございました! この場を借りて 心より感謝申し上げます。

撮影一口メモ
写真1~6共、船上はエンジンの振動や船の揺れで三脚が殆ど役に立たず 手持ち撮影となる。
   時折パラつく小雨も加わって 中判フィルムカメラが主機材のY氏には厳しい撮影条件となった。
   それにしても新緑の何と表情豊かな事か。千差万別の彩りの緑を堪能した。
写真2~4・6共、船はカメラマンの希望を熟知していて 然るべきポイントでは停止してくれ、撮り易かった。
写真7・8共、久しぶりに魚眼レンズの出番となった。


写真1
 絞り優先AE f16(1/100sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=80mm ISO=1600
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=ディテール優先 AF 5DMk4
写真2
 f11(1/80sec) 焦点距離=310mm 80D
写真3
 f11(1/80sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=210mm 80D

写真4
 f11(1/50sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=450mm 80D

写真5
 f11(1/200sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=190mm 80D
写真6
 f11(1/160sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=80mm

写真7
 f22(1/13sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=14mm
写真8
 (1/25sec) 露出補正=-13/6EV 焦点距離=15mm ISO=6400 MF
写真9
 f22(1/15sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=16mm ISO=3200      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 春の信州行 ... 新潟行 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
・このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。