goo

雪景色 (その3)



何かと忙しい仕事ばかりで そこに自身の撮影行を 無理矢理押し込むと、寝る時間を削っても
ブログアップの時間までは なかなか捻り出せず、これはやっとこさの 今月2回目のアップです。



先週の13~18日に 信州を訪れていた際の記録です。

13日は移動だけ、1・2枚目は14日に 長野市の聖山高原を訪れた時のモノです。
平日だったせいか カメラマンは皆無で、何処でも好きな所に車を停めて 幾らでも撮影できました。



これからは15日、早朝は松本周辺でモタモタした後 …



最近お気に入りの 茅野市横谷峡へ移動して …



誰も訪れない 小さな滝の廻りで 冬の情景を拾い歩きます。



小さな流れの傍なので 雪が降らない日でも 霧氷が成長して …



面白い形を 創り出す様です。



これは 氷の上に 霜花が咲いたのですね。



ツルンツルンと もわもわと… 水の形の多様さは 本当に驚くばかりです。



16日は 松本ご在住のカメラマン M氏にガイド戴いて、厳しい真冬の上高地へ入る
という計画だったのですが、前夜の天気予報で 「南風が入って春の暖かさに… 」
などと言うモノですから 我が儘を言って キャンセルさせて戴きました。
M氏 Kさん 本当にゴメンナサイ!!

今回の信州行の目玉になるべきポイントを 自分で駄目にしてしまったので、何とも実に残念です。

止む無く一人で 菅平高原へ向かいました。
林の中のアチコチで
  溶けた雪が
                  舞い落ちて来ます。



10時頃の浅間山周辺は もうポカポカ陽気でした。 2月半ばなのになぁ… 。



18日は所用で 早朝から金沢へ移動しないといけないので、信州での撮影は この17日が最後。
先日のローカルニュースで見た 長野市の七二会(なにあい)地区へ 行ってみました。

初めて訪れる場所で 日の出前の情景を 暗い内から場所決めするのは 結構難しい仕事で、
地図と実際の地形から 大体この辺りで良い朝の情景を狙えるのではないか
… と見当をつけて
三脚を立てて待ち構えます。

まあ概ね当たりかな?

撮影一口メモ
写真全て、有名な観光スポットで無くても その日の気象条件によって 何かしら良い情景に出会える
   という事がある。そういう小さな出会いを 丹念に拾って行ければ良いと思う。

   今日は大変悲しい知らせを受けた。久しぶりのブログアップでもして 彼の人の記憶に繋げたく、
   本当はそんな気分ではないのだが 無理矢理時間を割いてこんな作業をしている。


写真1
 絞り優先AE f11(1/3200sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=210mm ISO=400
 画質=RAW WB=4800K ピクチャースタイル=ディテール重視 AF 80D
写真2
 f8(1/1600sec) 焦点距離=930mm ISO=800 WB=太陽光
写真3
 f8(1/1250sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=140mm ISO=1600 WB=太陽光
写真4
 (1/400sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=170mm ISO=800 WB=太陽光
写真5
 (1/320sec) 露出補正=0EV 焦点距離=530mm ISO=800 WB=太陽光
写真6
 (1/500sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=250mm WB=太陽光 5DMk4
写真7
 f16(1/400sec) 露出補正=0EV 焦点距離=250mm ISO=200 WB=5000K
写真8
 (1/125sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=440mm ISO=200 WB=5000K
写真9
 (1/640sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=160mm ISO=200 WB=5000K 5DMk4
写真10
 (1/1000sec) 焦点距離=70mm ISO=800 WB=太陽光 5DMk4
写真11
 (1/400sec) 露出補正=0EV 焦点距離=1120mm WB=太陽光
写真12
 f16(1/80sec) 露出補正=-2EV 焦点距離=25mm ISO=200 WB=太陽光 5DMk4 三脚使用      他は同じ

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )

雪景色(その2)



忙しくしている内に 随分遅くなってしまいましたが、去る1月21日は未明から
雪晴れの 兵庫県北部へ出掛けてみました。

最初 京都府との県境を越えた直ぐの 福知山市の貯水ダム湖へ向かったのですが、何と工事中!
で水が抜かれていて 工事車両が点在、おまけに 思いの外雪も少なくて 全く絵になりません。

やむなく 篠山(ささやま)市街へ戻ってきて これは 篠山川に架かる橋からの光景です。



欄干には ご当地名物の
  イノシシが
                 雪を被って佇んでいました。



8時半過ぎ 学生や勤めに向かう方でしょう、雪道を難儀そうに 進んで行かれました。



畑も木々も 雪化粧。



誰も居ない 篠山城跡の木々も 雪化粧でした。



市外の山中にある 鍔市ダム湖、細雪が 静かに舞い降りて来ました。



帰路 三田市へ抜ける道の途中、茶畑が モコモコに雪をまとっていました。



道の 直ぐ脇で流れ落ちている
 尼ン滝、雪は未だ未だ少ない様でした。



続いて24日も 北部は雪明けの様でしたが、昼から所用があって 遠方へは行けないため
京都府亀岡市辺りまで 取り敢えず出掛けてみました。

貯水池が3つ 並んでいるのですが、その内の下池には 毎年蓮の茎?が沢山並びます。
いつもの幾何学模様が 雪を乗せて、一寸違った景色になっていました。



帰る時間を気にしながら もう少しだけ進んで 南丹市の廻り田池へ。

本ブログの 記念すべき第1枚目も 此所での撮影でしたが、この日は水・雪共 量が少なくて
余り絵にはなりませんでした。



最後に 薄く結氷し 雪を乗せた池面を撮って、昼前に帰宅しました。

撮影一口メモ
写真2・3・5~8共、昨年9月に発売されたC社のフルサイズ一眼レフカメラ「5DMk4」が、年を越して漸く
   初値から18%程値下がりしたので 意を決して購入、この日が撮り初めだった。
   新機能が色々着いて 失敗がより少なく、また色んなシーンでより撮り易くなった と言える。
写真11、入れ替わりで 長らく愛用し約7万枚撮影した5DMk3の これが最後の1枚となった。
   30日に大阪の中古カメラ買取り店で売却し、上記新機種購入費用の一部と消えた。
   従って今後は超広角~中望遠は5DMk4、望遠~超望遠はAPS-Cカメラの80D という分担になる。

写真1
 絞り優先AE f11(1/1600sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=160mm ISO=200
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 f5.6(1/800sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=50mm 5DMk4
写真3
 f5.6(1/1000sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=120mm 5DMk4
写真4
 (1/500sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=200mm ISO=400
写真5
 f5.6(1/1000
sec) 露出補正=0EV 焦点距離=60mm 5DMk4
写真6
 (1/100sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=50mm ISO=400 5DMk4
写真7
 (1/800sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=180mm ISO=400 5DMk4
写真8
 f16(1/40sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=30mm MF 5DMk4
写真9
 (1/125sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=600mm ISO=800
写真10
 (1/160sec) 露出補正=-1/3EV ISO=800
写真11
 (1/500sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=320mm ISO=800      他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

雪景色



先輩写友のK氏から 「このところの冷え込みで 一面雪景色になっている… 」と お声掛けを戴き、
去る16日 未明から 神戸の裏山 六甲山へ上がりました。

月明かりで雪景色を撮れたら良いが… と、未だ暗い内に 山頂直下の駐車場へ入ったのですが
雪雲が掛かっていた上に 風があって枝が揺れるので 写真は撮れず、結局 明るくなるまで車中待機。

その内に K氏ご夫妻も来られたので、3人で山頂へ向かい 撮影開始です。



雪雲が厚い様で 7時を過ぎても 辺りは寒々とした情景です。



冷え込みで 霧氷が着いているのですが、生憎 その上から雪を被っているので …



木々や草たちに 繊細さは無く、少しボテッとした感じの 雪景色でした。



何の木か判りかねますが 小さな赤い実が一杯なっていて、横には霧氷が着き 上には雪も乗せて
真冬らしい情景を 見せてくれていました。



昨18日には、これもK氏が教えてくださった 兵庫県神崎郡の 氷瀑へ出掛けました。

自然に親しむための郡の施設 グリーンエコー笠形に車を停め、入山届を提出して 歩き始め
誰一人居ない雪の路を アイゼンを着けて 登ること約一時間 …



ようやく
  扁妙(へんみょう)の滝
                       に到着です。




冷え込んでからの 日が浅いせいで 結氷は未だ半分弱程度、これから もっと見事に成長する事でしょう。



滝は西向きのため 10時になっても日陰で、氷柱が青白く 怪しく光っていました。

撮影一口メモ
写真1、K氏の車が隣に停まったのだが暗くてお顔が判らず 薄明るくなってからご挨拶、失礼しました!
   正面のケルンは山頂の碑。
写真5、雪景色に赤い色は貴重で アクセントにもなるので有り難い。
写真6、初めて訪れる所へ雪道を一人で入って行くのは かなり心細いモノ
。岩場や狭い木橋も雪を被っており
   鉄梯子はアイゼンでは歩き辛いので、つい用心深くなり 歩みも遅くなってしまう。
   滝に到着し撮影している内にポツリポツリと人がやって来て一安心、ようやく落ち着いて撮影に集中できた。

写真1
 絞り優先AE f8(1/500sec) 露出補正=+2/3EV 焦点距離=25mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 (1/200sec) 露出補正=0EV 焦点距離=50mm
写真3
 (1/400sec) 露出補正=+1/2EV 焦点距離=50mm
写真4
 f11(1/125sec) 焦点距離=30mm
写真5
 f11(1/125sec) 露出補正=0EV 焦点距離=110mm
写真6
 露出補正=+1/3EV 焦点距離=30mm
写真7
 f11(1/60sec) 露出補正=+1EV ISO=1600
写真8
 f11(1/320sec) 露出補正=+1/2EV 焦点距離=160mm ISO=1600 80D
写真9
 f11(1/200sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=320mm 80D        他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

写真展



今日は 小雪が舞う真冬の寒さの中、大阪市天王寺区にある市立美術館へ 写真展を観に出かけました。
日本写真作家協会(JPA)の会員展と 同協会が主催する公募展の、最終日だったのです。



受付でパンフレットを戴き 広い会場に入ると、会員の200余点と 公募分の入賞・入選作品約250点の
計450余点が並ぶ とても大規模な写真展です。



小生のは 公募展最下位の「入選」枠で引っかかっただけですが
上位入賞の40余点は 流石にそれぞれ力のある作品で、
大変失礼な言い方ですが 会員展の作品よりも 平均的には相当レベルが高い と感じました。

挑戦する立場と 安住してしまいがちな立場の違い、とでも言うべきでしょうか。

自分自身の力不足と、現状にぬくぬくと居心地良くしていては進歩が無い という事を
改めて強く感じた写真展でした。

撮影一口メモ
写真1、美術館は耐震補強工事中、右奥はあべのハルカス。

写真1・4共通
 スマートフォンでの撮影のためデータ不詳
写真2・3共通
 スキャナー取り込み

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1月の信州行 (その2)



翌12日は 北八ヶ岳の 八千穂高原へ上がりました。 小雪が舞っています。



吹きさらしの高台には 立派な風紋が出来ていました。



駒出池まで 歩いて降りてみると、途中 動物たちの足跡がアチコチ
に… 。
これまで暖かかったからでしょう 池は殆ど凍っておらず、余り絵になりませんでした。



八千穂高原を後にして 茅野市の横谷峡へ向かいます。

直線距離は10kmも無いのですが 途中の麦草峠が 降雪による恒例の冬期通行止めの為に
北の佐久市を廻るか 南の清里を廻るしか無く、どちらにしても 地道を80余km延々と走る事になります。

途中のスズラン峠付近に 美しい唐松林が有り、雲間から差す薄日で 明暗の模様が流れて行きました。



午後からは曇ってしまう予報でしたが 何とか日差しが有る内に到着、滝の
  飛沫氷が
                  宝石の様に輝きます。



枯れ草に着いた氷は 上に成長しています。



どうしてこんな形に成長するのか 訳が判りませんが、自然が造り上げた 素晴らしい宝飾品です。



滝の流れを 高速シャッターで撮ると、実は こんなに泡だらけだったとは… 。



光の屈折の具合でしょう アチコチで虹色の輝きが煌めき、実に見事です。

最終日の今日は 雪が酷くなる前の未明2時半に宿を出て、朝飯前! に自宅に無事帰着しました。
今回の撮影行は 5日間でしたが、内2日間は移動のみ 撮影した3日間も殆どが曇りで雪も少なく
何とも絵になり難くて、総撮影枚数は1000枚程でした。

撮影一口メモ
写真1、雪を写し止めるために MFで数m先の空中にピントを合わせてバックを少しボカした。
写真5・8共、高速シャッターで見えて来る世界は想像
を越えている。
写真7・9共、複雑な形の氷で反射・屈折した光が これまた思いがけない彩りを見せてくれる。


写真1
 絞り優先AE f11(1/320sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=130mm ISO=800
 画質=RAW WB=4800K ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 f16(1/640sec) 露出補正=+2/3EV 焦点距離=30mm WB=4500K ISO=400
写真3
 (1/1250sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=30mm ISO=400
写真4
 f8(1/640sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=190mm WB=4500K 80D
写真5
 f8(1/2000sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=400mm 4500K 80D
写真6
 f8(1/400sec) 露出補正=0EV 焦点距離=410mm ISO=200 WB=4500K 80D
写真7
 f8(1/800sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=690mm ISO=200 80D
写真8
 (1/1600sec) 露出補正=0EV 焦点距離=230mm WB=4500K 80D
写真9
 f8(1/1000sec) 露出補正=0EV 焦点距離=580mm ISO=200 WB=4500K 80D     他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

1月の信州行 (その1)



このところ 秋から春まで 毎月信州へ撮影に来る様になり、ただ今 今年最初の信州行の真最中。
ノートパソコンで絵柄を調整してのアップなので 色味などの細かい部分が 少し変かも知れませんが
その辺は悪しからず… 。

今回は前後に所用があって 9~13日の4泊5日と 少し短めで、しかも初日は移動だけ。
特に アレを撮ろう という狙いも無く、ウロウロしながら 絵になりそうな被写体を探す 気まま旅です。

10日は 今回の日程の中で一番天気が安定している日 との予報で、北部へ向かいました。
冬場は 大町市以北は 曇りや雪の日が多く、陽射しは貴重なのです。

先ず 仁科3湖の中綱湖付近で、一寸面白い樹氷を見つけて 道端で1枚。



中綱湖脇の水路、少し青空も映って 良い感じです。 



小さな池の表面、雪が乗った氷紋が 面白い… 。



中綱湖畔、殆どモノトーンの世界ですが 風が無く 映り込みが綺麗です。



白馬村神城地区から見た 近くの 里山 とでも言うべき裏山、雲間から 光が差し込みました。



此処は姫川源流の近くですが 水田も広がっています。
1月も半ば近いというのに 切り株が見える程に雪が少なく、余り 冬の白馬らしくありません。



今日11日は 南の方ほど好天 との天気予報で、霧ヶ峰へ上がりました。

良い加減に雲が有り 赤く焼けるのを期待しましたが、この東側にも雲が有って その影になっていたらしく
正面の雲は 赤くならないまま 明るくなってしまいました。



雲に赤味が残っている内に 走り廻って 絵になりそうなモノを探します。



ひとしきり撮った後 白樺湖方面へ降り、蓼科山の北麓 蓼科牧場へやって来ました。
雪の反射も有って 目が痛くなる程の眩しさです。



柵の中は遮る物がないので 一寸した風でも小さな地吹雪が起き、ミニ風紋も出来ていました。



もう一度白樺湖へ戻り 姫木平へ。

姫木湖の周囲は 別荘地になっていて、其処で過ごして居られるご夫婦でしょう 愛犬達の
  朝のお散歩
                   です。 10余cmの雪の中を 嬉しそうに飛び跳ねて居ました。

こういうシーンでは やはり大型犬でないと 絵になりませんね。

撮影一口メモ
写真1、電線とガードレールの隙間からで かなり窮屈な構図。
写真7、零下11度の中で小一時間 普通の軽登山靴で撮っていたら足指がかじかんでしまった。
   「零下20度まで問題なし」というスノーブーツも持っているのだから 横着せずに履き替えれば良かった。
写真11、歩き回って喉が渇いたのか 時々雪を食べていた。

写真1
 絞り優先AE f11(1/320sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=160mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 80D
写真2
 (1/640sec) 焦点距離=130mm
写真3
 (1/800sec) 露出補正=--2/3EV 焦点距離=300mm
写真4
 f8(1/160sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=110mm
写真5
 (1/800sec) 焦点距離=200mm ISO=400
写真6
 f16(1/400sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=25mm 5DMk3
写真7
 f11(1/2sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=70mm ISO=200 5DMk3 三脚使用
写真8
 (1/500sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=120mm ISO=400 5DMk3
写真9
 f16(1/320sec) 露出補正=+1/2EV 焦点距離=25mm 5DMk3
写真10
 f16(1/640sec) 露出補正=+2/3EV 焦点距離=110mm 5DMk3
写真11
 (1/250sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=90mm 5DMk3    他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明けまして おめでとうございます



皆様 明けまして おめでとうございます。
本年も 本ブログと 風景写真サイト「四季逍遊」ともども、どうぞよろしくお願いいたします。



今朝は 初詣と 初日の出を拝むのを兼ねて、6時に 近くにある甲山(かぶとやま)の中腹にある
神呪寺(かんのうじ)へ 車で出かけました。

ところが 近くの駐車場は既に満杯で、空き待ちの車が行列しています。 皆さん 早いですね!
やむなく 山を少し降りた所にある住宅地の隙間から
  初日の出
                 を拝みました。 初詣は後廻しです。 



ところで 昨年末の28日、訳あって 自宅のパソコン(PC)を 急遽更新しました。
トラブルがらみだったので、何かのご参考になるかも… と思い、
新年早々 少し長くなりますが 状況をご報告します。

デスクトップPCは 今まで2代にわたり 車で10余分の所にある PC専門店で組んで貰っていました。
当方の使い方を説明して 必要十分な機能に 部品を組み合わせて作って貰うお店です。

現行PCは2012年11月に購入し 今まで4年間 至って順調・快適に動いていたのですが、
1ヶ月ほど前から急に グラフィック・アクセラレータ(画面表示を高速に行うための電子回路)が
動作異常を起こして、PCが突然ダウン・再起動される現象(ストップコード:nvlddmkm.sys)
が起き始めました。

何かの作業中でも 突然お構いなしにダウンするので、特に 運悪くバックアップやデータの保存中などだと
データが壊れてしまうため 危なっかしくて仕方ありません。

日に数度も起きる事もあったので困り果て そのPC専門店で相談したところ…
 ・4年が経過して 劣化等で動作が不安定になっている可能性がある。動作テストをしないと原因・対策不明。
 ・故障箇所が判明し対策しても 他の部分も 近い内に不安定になってくる可能性も否定できない。
 ・現行PCの性能自体も 今の水準から見れば少し低くなっている。
と判り、急遽更新する事にした次第です。

以前と同様 こちらの希望を伝えて 部品選択・見積りをして貰ったのですが、
それよりも少し安くて 性能がもっと高い完成品が有る との説明を受けました。
その店が扱っている 非PCメーカー系の完成品デスクトップPCなのですが、
キチンとした会社の製品なので、それに決めました。

現行PCに組み込んでいた内蔵HDDを自分で外し 買ってきたそのPCに自分で組み込んで、無事起動。
今まで使っていた無線LANの速度が遅いので 最新規格の高速親/子機も 近所の家電量販店で
ついでに買ってきて、これも無事接続完了。

PCの速度は実感としてほぼ2倍、無線の転送速度は 数値上は約6倍 と、今まで以上にサクサク動き
なかなか快適です。
年末に突然 計約¥15万の出費は予定外でしたが、毎日数時間も使う 小生の必需品なので
いわば小生の必要経費! と割り切りました。

小 風景写真サイト「四季逍遊」を、昨年末28日に更新しました。宜しかったら覗いてみてください。

       http://www.geocities.jp/shikishoyu/
右欄外 「ブックマーク」の「  四季逍遊  」でも リンクしています。

撮影一口メモ
写真1・2共、天気予報によれば晴れの所が多い様だが、当地も穏やかで暖かい元旦。
写真3、新品の既製品PCを分解して重要パーツを自分で組み込むのは
 少々ドキドキもの。

写真1
 絞り優先AE f8(1/1000sec) 露出補正=0EV 焦点距離=140mm ISO=400
 画質=RAW WB=オート ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 (1/250sec) 露出補正=-1/6EV 焦点距離=70mm
写真3
 f5/6(1/25sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=40mm WB=オート ISO=3200     他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12月の信州行 (その7)



翌18日は 全県終日快晴! という単純明快な天気予報。

今回の撮影行の最後となる明19日は 仕事の都合で 未明に出発し昼までに帰宅しなければならず
この日が最終撮影日となる事も有って、良いシーンに出会おうと 未明から気合いが入ります。

アレコレ考えた結果 4時過ぎに宿を出て 初日にも訪れた菅平の峰の原高原(小ブログ21日にご報告)へ
6時前に到着、誰も居ないポイントで三脚を立て 北アルプスなどの 白銀の峰々の朝焼けを 狙います。

下界の白いのは 溜まった朝霧、街明かりは 方角から千曲市街と思われます。6時24分の撮影です。



穂高から白馬まで 本当に遮るものが何も無く
  冬の朝の絶景ポイント
                             だ と思います。6時41分です。



陽が昇り 正にモルゲンロート、6時59分です。

この頃になると 近くのスキー宿から出て来た宿泊客や、下から車で上がって来たカメラマンなどで
10人程の列が出来 …



皆で 口々に 素晴らしい光景に感動して居ました。



7時を廻ると 朝日の赤味が薄らぎ 山が白っぽくなってきたので、場所を変え
先程から気になっていた 近くの白い木を入れて 朝の雰囲気を狙って見ました。

この後 いつものコンビニ弁当の朝食を取り 冷え切った体を暖めてから、8時半頃 展望ポイントを離れ
途中 アチコチで雪景色を撮りながら、次に 志賀高原へと移動しました




10時半 志賀高原に到着、スキー場では 針葉樹の影が伸びた斜面を
クロスカントリースキーの練習をしている人達が 滑り降りてきました。



小生のお目当ては 殆ど人が入らない 長池の周辺、一人分の踏み跡を辿りながら 良い被写体を探します。



11時を過ぎた頃 暖まった雪が枝から落ちて、美しい情景を見せてくれました。

翌19日は 2時前に宿を出て 8時頃 無事帰宅、朝食後 昼までゆっくり朝寝しました。
延べ9日間の総走行距離 約2,380km、総撮影枚数 約2,510枚でした。

撮影一口メモ
写真1~4共、余りに広大な景色だと 何処を撮ろうか迷うのは事実だが、単純に広く撮っただけの絵も
   時には良いでは無いか と考える。しばしば「切り取れ」という指導を聞くが、切り取りだけよりも
   色々な絵柄が有った方が変化を楽しめると思う。


写真1
 絞り優先AE f11(4sec) 露出補正=-11/6EV 焦点距離=110mm ISO=200
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード MF 80D 三脚使用
写真2
 (1/15sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=30mm 5DMk3
写真3
 (1/60sec) 露出補正=-5/3EV 焦点距離=110mm
写真4
 (1/100sec) 露出補正-2/30EV 焦点距離=30mm 5DMk3
写真5
 (1/200sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=120mm ISO=400 AF 5DMk3 手持ち
写真6
 (1/800sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=140mm ISO=400 AF 5DMk3 手持ち
写真7
 (1/640sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=25mm ISO=400 AF 5DMk3 手持ち

写真8
 f5.6(1/1000sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=230mm ISO=400 WB=5000K AF 5DMk3 手持ち    他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12月の信州行 (その6)



翌17日は 県中~南部は晴れ との予報、意を決して未明から 岡谷市の高ボッチ山に上がりました。
零下10度の中 待つ事30分、6時51分に 諏訪湖の向こうで
  朝焼け
               の富士山が 輝きました。



つい東の方に目が行きますが 後にもご注目!



明るくなったので山を下り 茅野市へ移動して、先月見つけた 横谷渓のミニ滝
(小ブログ11月24日の11枚目でご紹介)を覗いてみます。

期待通り 氷柱は随分成長していて …



素晴らしい被写体になっていました。



ついでに 横谷峡の目玉商品?である 乙女滝へ。
12月中旬とあって 未だ完全には凍って居らず、それがかえって 迫力を増している様に思えます。

しかし いつも思うのですが、凄い乙女ですね!



光は 夕方の方が 向きが良いのですが、そう呑気な事も 言って居られません。



雲間から光が差すと 昼の時間帯でも 氷柱や飛沫が輝きます。



日が陰ると 氷の色が青味掛かって写り、氷瀑の厳しさが むしろ表現出来る気がします。



最後に 同じく横谷峡の おしどり隠しの滝を訪問、
駐車場から400m程歩くだけの価値は充分有る と小生は思います。

横谷峡は奥が深く この他にも素晴らしい滝は多いのですが、4時起きの体で余り欲張ると
気付かない内に注意力が散漫になっていて 雪道で怪我でもしかねないので、この辺で切り上げます。



凍り付いた坂道を 無事駐車場まで戻り、収穫が多かった 今日の撮影を終えました。

撮影一口メモ
写真3・4・6・8共、氷点下で舞う飛沫が草や枝で凍り 下から上にも(鍾乳洞の様に)氷柱が成長する。

写真1
 絞り優先AE f16(1/20sec) 露出補正=-5/3EV 焦点距離=130mm ISO=200
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード MF 80D 三脚氏用
写真2
 (1/100sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=90mm ISO=800 AF 5DMk3 手持ち
写真3
 f11(1/200sec) 露出補正=0EV 焦点距離=310mm ISO=800 AF 手持ち
写真4
 f11(1/50sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=270mm
写真5
 f11(1/1250sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=25mm ISO=1600 AF 5DMk3 手持ち
写真6
 f8(1/2500sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=110mm ISO=1600 AF 5DMk3 手持ち
写真7
 f11(1/2000sec) 露出補正=-4/3EV 焦点距離=40mm ISO=800 
AF 5DMk3 手持ち
写真8
 f8(1/3200sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=130mm ISO=1600 AF 5DMk3 手持ち
写真9
 f11(1/40sec) 露出補正=0EV 焦点距離=130mm ISO=400 AF 5DMk3 手持ち
写真10
 f8(1/800sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=120mm ISO=800 AF 5DMk3 手持ち     他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12月の信州行 (その5)



翌16日は 信州全域で曇りの予報、余り絵に成らない気象条件なので ローカルニュースで見た
  カーリング競技
                       の国際試合を観に、軽井沢へ出掛ける事にしました。

短期滞在では なかなか出来ない、余裕の日程です




カーリングという競技 女子チームの活躍以来ファンになり、好試合をTVで時々観るのですが
実際に会場で観るのは
 生まれて初めて。 受付で 観戦のマナーを教わってから 中へ入りました。

お~!やってるやってる… 。



此処 軽井沢アイスパークは 6シートを備えた 国際大会も開催出来る 本格的なカーリング施設で、
総合運動公園内に 3年前に出来たばかりの施設だそうです。
こちらが観客席で 向こうがコーチ席、右横がTV・ラジオ局やプレス用の窓になっています。 




国際試合でも活躍する あの LS北見(北海道北見市・常呂町)の …



あの選手達や …



同じく強豪 北海道銀行(札幌市)の



あの選手達が活躍するのを 直ぐ近くで見られたのは、正に感動モノでした。



昼前まで観戦した後、軽井沢から程近く 浅間山の西5km程の所にある 高峰高原へ上がりました。



予報通りの曇り空から 雪が舞い、寒々とした光景が広がっていました。



宿で夕食後 21時半頃に、月明かりで雪山を撮ろうと また出掛けたのですが
未だ雪が少ないせいか イマイチ山が白く浮き出てくれず、不発に終わりました。 あ~ぁ寝よ寝よ… 。

撮影一口メモ
写真1、所要時間を1時間半と踏んで出掛けたのだが 夜半来の降雪で高速道路上で事故が3件発生し、
  1時間程余計に掛かった。乗用車数台が路上でバラバラに散乱していた(緊急車両未到着、ドライバー達が破片を
  適当に片付けてその脇を通過)が、夜のローカルニュースによれば
人の被害は幸いにも軽傷程度で済んだらしくて
  まだ良かった。雪上を皆100km/h程で走るので、
下り坂やカーブで一旦滑り出したら ぶつかるまでもう
  止められないと思う。


写真1
 絞り優先AE f5.6(1/800sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=40mm ISO=1600
 画質=RAW WB=オート ピクチャースタイル=スタンダード AF 80D
写真2
 (1/50sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=40mm
写真3
 f8(1/250sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=25mm WB=クリックWB 5DMk3
写真4
 f8(1/50sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=330mm
写真5
 f8(1/125sec) 露出補正=0EV 焦点距離=330mm
写真6
 f8(1/200sec) 露出補正=0EV 焦点距離=430mm
写真7
 f8(1/100sec) 露出補正=0EV 焦点距離=220mm
写真8
 f16(1/500sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=150mm ISO=800 WB=4800K 5DMk3
写真9
 f11(1/400sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=50mm ISO=800 WB=太陽光 5DMk3
写真10
 バウrブ撮影 f11, 90sec 焦点距離=25mm ISO=200 MF 5DMk3 三脚氏用       他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12月の信州行 (その4)



翌15日は 中・南信方面が未明から晴れ との予報。

朝焼けを何処で狙うか 迷いに迷った揚げ句、塩尻へ向かおうと 安曇野から高速道路に乗った瞬間に気が変わり
直ぐ次の出口で降りて地道を急いで引き返し… 結局 松本市内の アルプス公園近くの高台で
日の出を迎えることに決めました。

西の方角が大きく開けた場所に三脚をセットして 何とか
  モルゲンロート
                       に ギリギリ間に合いました。



月齢は15.4 右下方向が少しだけ欠けた感じの 「ほぼほぼ」満月が、
安曇野のシンボル的な存在である 常念岳の肩に沈んで行きます。



7時過ぎ 月が沈んだ後は 諏訪湖へ向かい、西端の 天竜川の流れ出しである 釜口の水門橋を訪れました。
堰の真上から覗くと 神秘的なカーブを描いた水が 滝となって流れ落ちていました。 



9時丁度 噴水が吹き上がりました。



正に 白鳥の湖 です。



次に訪れたのは 群馬県境の北相木村にある 大禅の滝、
真冬は全面結氷する氷瀑 として知られますが この日は その片鱗だけ。

氷柱の間から 裏側を落ちる水流が見えていました。



年が明ける頃には きっと立派な氷瀑になっている事でしょう。

撮影一口メモ
写真1・2共、南へ行く程好天かと思って高速を南へ走り始めたが フト見ると西の山が意外にクッキリと見えていたので
   急遽近場で撮る事に変更した。臨機応変に対応出来るのも 何度も足を運んで土地勘が着いたお陰。
   2で満月の左の峰が 常念岳と稜線で繋がる前常念岳。
写真4・5共、此処の噴水は毎正時に15分だけ吹き上がるそうだが 好天時に近くで見たのは始めて。
   日差しを浴びて純白の美しい翼を拡げていた。


写真1
 絞り優先AE f11(1/30sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=70mm ISO=200
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード MF 5DMk3 三脚氏用
写真2
 (1/640sec) 焦点距離=280mm ISO=1600 AF 80D 手持ち
写真3
 (1/320sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=110mm ISO=400 AF 手持ち
写真4
 (1/4000sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=40mm AF 手持ち
写真5
 (1/4000sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=60mm AF 手持ち
写真6
 (1/13sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=210mm 80D
写真7
 f5.6(1/25sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=150mm ISO=1600 AF 手持ち    他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12月の信州行 (その3)



翌14日は 長野市南西部 聖(ひじり)山高原に上がりました。



針葉樹が 一面真っ白、関西地方では なかなか目にすることが出来ない光景です。
こういう情景に出会えるという事が、小生が信州に通い詰める 理由の一つになっています。



人生の分かれ道? さて どちらに進むべきか… 。



印象的な絵をモノにしようと かなり長い時間 ワンポイントで狙っていたのですが、
無理な姿勢で構えて居る内に 重いカメラとレンズで 手がプルプルしてきて
結局ピンボケになってしまいました。 残念無念!



10時半近く、小さな湖に張り出した木々の 枝に着いた雪が緩んで 次々と落ちて行きます。



雲間から光が入り 一寸良い感じになりました。



全面結氷した湖面も とても良い雰囲気です。



また霧が流れてきて モノトーンの世界になりました。



11時半過ぎ、雪道を下って行く途中で 風格を感じさせる木を見つけたので 車を停めて近付いてみると
幹にしめ縄が張ってあって 案内板が傍に立っていました。

やはり この地の人々に敬愛されてきた
  長老
            の樹だったのですね。

肩書きなど聞く前から 自然と風格を漂わせて居る…、人間もこうなりたいものです。



帰り道は 姨捨の棚田へ降りて来ました。

此処にも 棚田を見下ろす高みに 老木と社があり、周囲は綺麗に手入れされています。
土地に根付いた人々の 長い営みを感じさせる情景です。

撮影一口メモ
写真4、絞りを開いて望遠で覗くと 或る一点で氷の粒が虹色に輝く時が有る。太陽の移動で刻々と場所が
  変わるので三脚で撮るのは難しく、ファインダーを覗いたまま立ち位置を1cm単位でズラして行かないと
  こういうシーンにはなかなか出会えない。腕力と根気が勝るか メゲて諦めるか… 今回は小生の負け。

写真1
 絞り優先AE f16(1/20sec) 露出補正=0EV 焦点距離=50mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 f11(1/1000sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=270mm 80D
写真3
 f11(1/320sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=25mm
写真4
 f5.6(1/2500sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=700mm ISO=400 WB=4000K MF 80D
写真5
 f11(1/320sec) 露出補正=-1/2EV ISO=400
写真6
 f11(1/800sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=200mm 80D
写真7
 f11(1/400sec) 焦点距離=100mm ISO=400 WB=4500K
写真8
 f11(1/800sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=110mm ISO=400
写真9
 f11(1/160sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=70mm
写真10
 f11(1/50sec) 露出補正=-2/3EV                              他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

12月の信州行 (その2)



翌13日は 白馬方面へ向かいました。
先ずは大町市の仁科三湖の一つ 中綱湖へ、中学生らしき姿が 駅への道を歩いて来ます。



真冬には 一面 真っ白の世界になってしまうこの辺りも、未だ雪は少なく
芦もほぼ根元まで 全体が見えていました。



農道脇の田も シャーベット状の水溜まりが 黒く見えています。



湖岸の木々が 寒々とした
  素足を湖面に
                     映していました。



続いて 白馬村へ移動、神城地区の雪原を 歩いて見ます。



昨日辺りの 朝の散歩だったでしょうか、人と犬の 少し埋もれた足跡が続く 雪道の真ん中に
枯れ草が 顔を覗かせていました。



人里の 直ぐ後ろの山まで、もう真冬が降りて来ています。

撮影一口メモ
写真5・6共、何と言うことも無い枯れた雑草が 寂しく雪原に立つ姿には、何処か凜々しいところがある。

写真1
 絞り優先AE f11(1/400sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=90mm ISO=800
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード AF 5DMk3
写真2
 (1/200sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=40mm
写真3
 f16(1/320sec) 露出補正=+1/6EV 焦点距離=50mm
写真4
 (1/160sec) 露出補正=0EV 焦点距離=110mm
写真5
 (1/1250sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=120mm
写真6
 f5.6(1/2500sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=120mm
写真7
 (1/1250sec) 露出補正=+1/3EV 焦点距離=70mm ISO=400
写真8
 (1/320sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=100mm ISO=400    他は同じ

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

12月の信州行 (その1)



去る11日から19日まで また信州へ出掛けていました。

特に アレを撮るぞ! と決めたモノが有る訳でも無く、謂わば 忙しさから逃れるのが主目的
という感じの 好い加減な撮影行。さてどんな結果になりますやら… 。

初日は 用事を済ませて お昼の出発、移動するだけで 安曇野の定宿に泊まり
翌12日は 県北東部の
  菅平(すがだいら)高原
                        へ 未明に上がりました。



地元TV局の情報と ローカル天気予報だけが頼りの 撮影場所決めですが、実に良い感じの朝で
撮影行の出足は 至って好調です。



菅平は 場所柄スキー場が多く、この朝も アチコチの斜面で 人工降雪機が唸りを上げていました。



なだらかな斜面に 針葉樹の影が長く伸びて、美しいパターンを作っています。



8時半を廻り 陽が高くなると、立体感が乏しくなり 絵が平面的になって来るので
なるべく奥行きを感じられる様な構図 での絵作りを心懸けます。



気温も0度近くにまで上がり、陽の当たる木々からは 時々 枝に積もった雪が落ちて来ます。



「信州の夕日100選ポイント」はこの先 という案内板が有ったので 其処まで上がって行くと、
北アルプスから 後立山連峰の峰々が 遠望できるではありませんか!
今まで全く知らなかったけれど これは良い場所を見つけました。

でも夕方は 折角の白銀の山が シルエットで黒くなってしまう訳ですから、
此処は 小生に言わせれば (少なくとも冬場は)絶対に早朝の撮影ポイントだ と思います。



前日までの疲れと 4時起きの睡眠不足から、疲れを溜めない様に 10時半には撮影を終えて
宿へ戻りました。

撮影一口メモ
写真2、山の稜線から太陽が顔を覗かせると こちらの尾根筋の針葉樹がピンク色に輝き始める。
写真3、巨大な扇風機で送り出された霧が零下の気温で凍り スキー場の斜面に降り積もって行く。
写真5・8共、冷え切っているのだが 唐松の枝の微かな茶色が 暖か味を感じさせる。
写真6、大きなサイズで見ると一粒一粒の雪がキラキラと輝いて居るのだが、このサイズでは残念ながら… 。
写真7、右は槍、中央の大キレットを挟んで南岳と穂高の峰々。高圧鉄塔が少々無念!

写真1
 絞り優先AE f11(1/13sec) 露出補正=-1/3EV 焦点距離=150mm ISO=100
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード MF 5DMk3 三脚使用
写真2
 (1/1000sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=310mm ISO=800 AF 80D 手持ち
写真3
 (1/1000sec) 露出補正=ー4/3EV 焦点距離=100mm ISO=800 AF 手持ち
写真4
 (1/1000sec) 露出補正=-2/3EV 焦点距離=180mm ISP=400 AF 80D 手持ち
写真5
 (1/1000sec) 露出補正=-1EV 焦点距離=450mm ISO=400 AF 80D 手持ち
写真6
 f5.6(1/2500sec) 露出補正=-5/3EV 焦点距離=440mm ISO=400 MF 80D 手持ち
写真7
 (1/1250sec) 焦点距離=300mm ISO=400 AF 80D 手持ち
写真8
 (1/500sec) 露出補正=0EV 焦点距離=90mm AF ISO=400 手持ち           他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

千丈寺湖の朝



撮影行や 色々な会合などで忙しく、ブログのアップもママならない状況が続いて
又しても随分古くなってしまいましたが、去る3日の朝の様子をご報告します。

風景写真の先輩写友であるK氏から 「3日朝は兵庫県内の2ヶ所の条件が良い… 」 とのご案内を戴いたのですが
生憎その日も9時から所用が有って 遠くまで出掛けられないので、2つの内の近い方 三田市にある
  千丈寺湖
                 を 早朝に訪れた次第。

小ブログ ’10年12月27日にもご紹介したポイントですが
流石 K氏お勧めの気象条件の日だけ有って、この日は 美しい姿を見せてくれました。



日の出前から撮り始めていると 上空を 冬の渡り鳥達が 通り過ぎました。



極僅かに風が有って 湖面の霧が溜まらずに 少しづつ流れて行ってしまうのが 少々残念です。



上の写真の右端部分のアップ、水没した枝が 印象的な姿で 湖面に顔を出していました。



8時近くになると 朝のオレンジ色が薄くなり 面白味が無くなって来ました。
用事で出掛けるべき時刻も迫ってくるので そろそろ引き上げます。



湖を少し離れた所の田に 朝露が ビッシリと降りていたので、時計を気にしながら
望遠レンズで 逆光に輝く水滴を狙って見ました。

良い気象条件の日をご教示くださり K氏 本当に有難うございました。

撮影一口メモ
写真2、鳥の羽音は間近で聞くと ギュッギュッギュッ… と結構大きく感じる。
写真6、時間の制約さえ無ければ
 もっとアレコレ撮って居たかったが そうも行かない。
   大きなサイズで見ると まるで小さな宝石が一面に撒き散らされた様な豪華さ。

写真1
 絞り優先AE f16(1/80sec) 露出補正=-1/2EV 焦点距離=70mm ISO=200
 画質=RAW WB=太陽光 ピクチャースタイル=スタンダード MF 5DMk3 三脚使用
写真2
 f11(1/800sec) 露出補正=-7/6EV 焦点距離=800mm AF 80D 手持ち
写真3
 (1/200sec) 焦点距離=100mm
写真4
 f11(1/1250sec) 露出補正=-4/3EV 焦点距離=640mm AF 80D 手持ち
写真5
 f11(1/3200sec) 露出補正=-5/6EV 焦点距離=870mm AF 80D 手持ち
写真6
 f8(1/640sec) 露出補正=-4/3EV 焦点距離=720mm AF 80D 手持ち 
   他は同じ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ