しげじいの雑記帳

あんなことこんなことを、思いつくままに、、、、

生きづらい

2016-10-19 | 日常雑記

過半数の国民が望んだ{我が党を支持した)、その施策だ文句をいうな。数の力これが民主主義だともいう。2千年前のローマの市民も同じ「人間」だった。お金が欲しい、パンが欲しい、円形劇場で奴隷同士を、またライオンと闘わせて殺し合いさせ、流れる血を見て楽しんだ、これを望んだのも同じ市民。

どこにでもどこの国にも同じように破壊と復興を繰り返す歴史がある。これが人間社会、過去も今もこれからも続く。「多くの民衆の求めるものを実現した」民主主義だ、そうだろうか、80過ぎの弱った頭では整理がつかない。もうどうしようもない、世の中の流れに身を任せて生きられるだけ生きるほかはない。

浅学無才の身、こういう原因だからこうなると理論づけられない。なんとなく最近この国だけでなく、世界中が落ち着きがなくなって混とんとして、不条理なことばかり起こっているような気がしてならない。

・オリンピック・パラリンピック関連、東京築地市場移転関連はもう何とかならないの、もっと大切なことがあるんじゃないの、とテレビに向かって文句をいってもまだまだ続くだろう。

・アメリカの新大統領候補の二人が「反対」しているTPP、わが選挙区の甘利氏は法律の隙間をすり抜けてご安泰でにっこり笑顔。それにしてもなんでそんなに急ぐのかなぁ!。遺伝子組み換え食品、成長ホルモンで急激に太らせ食品、食品添加物のあれこれ、怖い怖い危ない危ない、入ってきても買うつもりはない。

・高校大学を卒業して一部上場企業に就職し、ある程度の年月を経て、結婚して家庭を作って子供を得て、幸せに暮らす。そんな将来を確認できる若者が、この国にいまどれだけいるだろうか。戦中戦後苦労した老人は年金減らされそう、あれもこれも老人イジメばかり、生きる気力を失くすようなことばかり。

大企業が儲かれば「滴・しずく」が上から下に流れて、皆さん幸せになれるんですよ、と言っていた「安倍一族郎党」いつになったそうなるの?とお聞きしたい。何を目標にして生きていけばいいのか、不安な若者の気持ちが痛いほどわかる。ポケモンGOに夢中になって気を紛らわす若者の「群れ」をみて思う。

・新潟県知事選挙でのミンシン糖、右往左往したムラタレンホウさんの決断力のなさにがっかり。 連合の意向のほうが新潟県民の意志より大切なんだという事、形勢ヨネヤマ陣営に有利と見るや、慌てて飛び出して大声をあげて応援、ぶざまな姿にアキレてしまった。7月の参院選挙、違憲状態だが選挙は成立、判決の意味がわからない、ほんとはダメだけど良いよ、駄目は駄目とはならないこの国。

・何となく「今の世に不安」を感じる、これでいいのだろうか、こんなこと可笑しいよ、と思っていることがあまりにも多すぎる、がどうしようもない、諦めの境地の老人二人の毎日の話題は尽きない。

・そうはいっても腹は減る、朝飯食った、今朝の果物は「りんご」半分、新聞2紙を読み終えた、もうすることもない、借りてきた本を読もう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 影法師 | トップ | 花粉症か? »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

日常雑記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。