しげじいの雑記帳

あんなことこんなことを、思いつくままに、、、、

飲む・吸う

2017-06-10 | 日常雑記

 「受動喫煙」がテーマの今朝のNHKテレビを視てあれこれ思ったことだが、たばこの副流煙で吸わない人に健康被害が生ずるという、吸う人と吸わない人の討論が面白かった。私はたばこを吸わないから吸っている人の気持ちは分からないが、吸う人は「たばこ依存症」になっている人だから、そういわれても止められないのだろうと思う。

 そういえば以前はこの国のたばこやアメリカたばこのCMが放映されていたが、最近はされなくなった。健康被害と言うけれど「お酒」だって同じだろうと思う。今の私は「乾杯」でコップ一杯のビールは頂くが、アルコールは「梅酒の水割り」を時々飲むぐらい。めったに飲まない方だ。

 「たばこ依存症」より「アルコール依存症」の方がはた迷惑だとおもうというと飲む人に怒られそうだが、飲まない人から見ればそう思うことも多い。依存症に近いひととは、毎日飲む、飲みだすと止められない、飲まないと眠れない、ひとり酒、昼酒、となれば重症だ。まして飲まないで酒が切れるとイライラ、そのうえ手が震える。こうなるともう完全アルコール依存症だ。

 ところがテレビも印刷媒体でも街の中でも、アルコール飲料の広報宣伝は至る所で耳目に飛び込んでくる。同じように「依存症」が迷惑を掛けるのになぜ「たばこ」だけ目の敵にされるんだろうと思う、こんなことを言うとへんな奴だと言われそうだが、アルコールの宣伝は良いけど、たばこは駄目だというのは片手落ちではないかと思ってしまう。

 広告宣伝会社、テレビ会社のために「たばこ宣伝」をやれとけしかけているわけではありません、援護射撃をしているつもりはない、こんなことをいうのはイケませんね。まあお酒もたばこもほどほどにしておいた方が、身体のためにはよろしいと思いますが。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どうなる? | トップ | 梅雨の晴れ間 »

コメントを投稿

日常雑記」カテゴリの最新記事