しげじいの雑記帳

あんなことこんなことを、思いつくままに、、、、

昨日の続きのような

2017-03-21 | 戯言あれこれ

 昨日の続きのような話になる。

 このところ話題になっている大阪某学院への国有地大安売り。幼稚園の教育内容、そして私人あべ奥様のおカネ、役人の忖度は?などのあれこれ。日本にいるとストレスが溜まって持病に悪いから海外かゴルフへ行くとかの噂。あのひとは五十数回目の海外の旅に出てしまったがマスコミは相変わらず騒がしい。

 優秀なお役人さまほど決してボロを出さない、意思決定をしない、責任を取らされるようなことをしない、これが優れた官僚でこれは世界中同じだ。それはそれとして、まぁ首相もお元気になってくだされば良いこと、野党の攻撃力も弱いから先行きどうなるか分からないが関心を持って見ている。

 その幼稚園も大阪にあるんだから、なにも「教育勅語・ごかじょうのごせいもん」でなくて大阪町人の義理人情、兄弟友達への愛、涙ぐましい親孝行の姿や夫婦恋人へ愛情の姿あふれるお話しが多い「浄瑠璃・文楽」、これを解説付きで子供たちに鑑賞させたほうがこんなに世間様から非難されことはなかったのだろうに。

 世界に誇る大阪の日本伝統芸能の「浄瑠璃・文楽」です。日本橋にあるその「国立文楽劇場」へも行ったが、その劇場の集客力が少ないからという理由で、補助金を減らすと言った元市長のハシモトさん、あの人大阪人ではないか、その後あの補助金はどうなったんだろかと気になっているのだが。閑話休題・元へ戻る、、

 いまでも覚えているが「爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦󠄁相和シ朋友相信シ」だけをいいたて、そのあとの「常ニ國憲ヲ重ジ 國法ニ遵ヒ 一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ 以テ天壌無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ」、を報道も言わないないからなぜ反対するかが分からない人も居る。

 理事長さんもイナダさんもその他の何とか会議の人らも都合のいい「前半部分の徳目」だけを利用しているのはいけない、後半も言わなければいけない。 そんなわけで「教育勅語」より「浄瑠璃・文楽」をというのだがどうだろうか。無理か?

 ・証人喚問・ ウソを言うと閻魔様に舌を抜かれるぞ!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 暖かかった春の夜 | トップ | すご~い! »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。