しげじいの雑記帳

あんなことこんなことを、思いつくままに、、、、

寒暖

2017-02-09 | 日常雑記

 

 今朝起きたら少し雪の混じったような小雨、気温は-1度で今日の最高気温は4℃の予報テレビでは箱根の雪景色。真冬に逆戻りというかこれが普通なんだろう、過去1月より2月のほうが雪が降る日が多かった。今日ももしかして雪になるかもしれない、それにしても寒くって外へ出る気になれない、無理することもないのでいつもの病院へ電話して今日の定期健診を一週間延長をお願いした。

 昨日は気温10度だったが春らしく強くなった陽の光に誘われて散歩。途中で休んだベンチの前の大きな欅の肌をなんとなく眺めていたら、剥げ落ちた樹皮跡の模様が面白いので思わず持っていたカメラで撮った一枚がこの画像。模様や映像を視て何を感じるかでそのひとの心理を分析をする「ロールシャッハ・テスト」。やったことはないがそんなことを思いながら剥げた跡の「かたち」になにかを見つけてひとりで納得して楽しんだ。

 「高村 薫・土の記」新潮社刊・上下を読んた。初めから終わりまでなにか次に起こりそうな思いでいつか引き込まれて、自分の農村で過ごした子供の頃遊んだ田畑の四季の景色と香りを思い出しながら読み続けたけれど、最後まで淡々とした一人の老いた妻を亡くした男の生活を書き綴っている小説だった。ほんとは途中でやめようかと思ったがなんとなく惹かれるものが言葉の中にあって、とくに老いた「にんげん」の心理描写は自分と重ねて納得できて、ついに終わりまで読んでしまった、というより読まされた。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 変化 | トップ | 独りごと »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。