しげじいの雑記帳

あんなことこんなことを、思いつくままに、、、、

KAROSHI

2017-06-17 | 仕事雑記

 「karoshi」私は国家的恥辱単語だと思っている。オックスフォード英語辞書にも乗っているそうだ、世界中の辞書にも載っているという。http://karoshi.jp/index.htmlにアクセスしてみた。今日は「過労死110番・全国一斉相談日だとある。

 政府は声高らかに一億総活躍社会の実現のため、「働き方改革担当大臣」を置き、「働き方改革実現会議」を設置している。なんども言うがスローガンの多いこの内閣の行動の一つ。なぜ設置しなければならないのか、こんな会議が無い国が普通の国なのに。

 時間外勤務なんてあるのが当たり前とばかり、政府は時間外勤務時間を何時間までならいいと言う。働く人にとっての改革の目標は時間外勤務「ゼロ」でなければならない。常識を超えた労働時間と労働環境から「うつ」になり長引けば「悲しい結果」に至る悲劇は今も無くならない。

 私の友人Iさんの息子さんもその一人だった、その悲しみに奥様が数年後に無くなった。その後しばらくして彼に会った、重い口を開いて息子さんの事を話してくれた思い出すと涙が止まらない。そのIさんも3年前に一人お嬢さんを残して旅立った。電通の女性社員の過労死は社会に大きな衝撃を与えた。多いときは月130時間の残業を強いられたという。

 まだまだ仕事によっては長時間労働を強いられている、これからもう起こらないという保証はない、起こるだろうがこんな悲しい数字はこれ以上増えて欲しくない。

 これがGDP世界第3位の国「にっぽん」だと威張っているこの国のほんとの姿、、、

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寿限無じゅげむ | トップ | 梅雨の晴れ間 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。