しげじいの雑記帳

あんなことこんなことを、思いつくままに、、、、

あれこれ

2017-05-16 | 日常雑記

・ あたりの景色が初夏の柔らかいみどりに変わって吹く五月の風は優しい、『自然の中に住めば自ずから詩が湧いてくる』と鎌倉に住んでいた川端さんは言っている。作家の眼で見る自然と私の見る自然は変わらない。

 だが膨大な数の「ことば」の引き出しを持つ作家と、貧しい数の「ことば」の引き出しを使いまわすことしかできない老人はおなじ自然を見ても詩は浮かんでこない。もっともっと「ことば」が欲しいから手当たり次第に本を読み他人の話を聞きたい。

 しかしながら体力特に視力の衰えがそれを許さない、老いは確実に視力の低下としてあらわれてくる。それはそれで甘んじて受け入れなければならない。若いころは一時間もに時間も本を読み続けたがもう無理休み休みだから時間が掛かる。それでもまだ読めるのは幸せだと感謝しなければならない。

・ 毎年春と秋二回の視野検査を兼ねた奈良・京都への旅もこの身体だ、もう無理しないと決めた。長年お世話になった大阪の高田クリニックへは事情を説明し、心からの感謝の手紙を出した。これからは車で5分もかからない近くの総合病院にと思って紹介状をお願いした。

・ 「初夏の候」となっても相変わらず「変なお天気」が続く。急激な気温の上昇と下降は老いの身には辛い。朝晩は真冬なら汗ばむほどの気温だろうがまだまだ肌寒い、このところ薄いものを着たり脱いたりが続いている。

・ 何もかもオリンピックだ。「共謀罪」もオリンピックの「テロ対策」だという。憲法の一部改正もオリンピックまでというあの人。こんどは「たばこを吸える場所」でオリンピックを持ち出す、たばこを吸うこととオリンピックと関係するのか、票と献金に関係するからだろうとおもうが、オリンピックが泣いている。

 今日は25度になるという、夏だ!、「涼風の 曲がりくねって 来たりけり ・一茶」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本2冊 | トップ | 一般人 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。